会社ホームページが必要な理由

横浜デザインビューロ
会社ホームページが必要な理由

在では業種や組織に関わらず、多くの企業が自社のホームページを持っています。あらゆる規模の企業がホームページを持つことでオンラインでビジネスの可能性を広げられるようになりました。ホームページを持たない=大きな機会損失です。ホームページを持つことで様々な可能性を広げることができます。

多くの情報を公開できる

ホームページを通じて多くの情報をお客様に提供できます。例えば、スーパーに並んでいる食品や飲料は、パッケージやラベルに原材料の情報や栄養表示を表示していますが、表示できるスペースに制限があるのでレシピ情報や商品にまつわるストーリ、商品開発者の思いなど、パッケージのスペースだけですべてを伝えるのは限界があります。ですが、ホームページであれば表示スペースの制限がないので、商品に関するあらゆる情報を提供することができますし、どこからでも情報にアクセスできるので商品の情報を伝えられる範囲も広がります。様々な情報をホームページで公開することで、商品に関する情報をより多く伝えられますし、電話での問い合わせを減らせる効果もあります。

また、会社ブログ等では、ターゲットを絞り、印刷広告やDMよりも早く、個性的なコンテンツを届けることができます。

インターネット広告

自社のホームページを持てば、インターネット広告を出稿することができます。多くのインターネット広告が数百円程度から始められるので広告費が他の雑誌や紙面系の広告費と比較すると安くすみます。GoogleやYahooなども検索エンジンから自社ホームページにユーザーを呼び込むこともでき、この場合だと広告費はかかりません。

訪問ユーザーの分析やどんなページを見ているか、といった分析にもホームページは長けており、貴重な分析データもホームページ経由で取得できます。

社会的な信頼度がアップできる

ホームページを見るのは自社のお客様だけではありません。採用情報に興味がある学生や銀行、取引先など、自社に関わる様々なユーザーがホームページを見ます。ホームページがあることで情報を公開できるだけでなく、社会的な信頼も高めることができます。

いつでも情報にアクセス可能

ホームページには店舗のような閉店時間はありません。24時間情報を公開できますし、Eコマースサイトであれば24時間注文を受け付けられます。時間に囚われないビジネスをすることが可能になります。

顧客の範囲を広げられる

ホームページはどこからでもアクセスできるので、広範囲の顧客にアプローチできます。会社周辺の顧客だけでなく、より広範囲の顧客に情報を届けることができます。また、多言語でホームページを公開すれば、世界中の顧客にアプローチできます。

営業ツールが増える

ホームページを持つことで営業ツールが一つ増えます。ホームページは商品の情報や会社情報を公開できるだけでなく、営業ツールとしても優れています。問い合わせを増やしたり、ホームページ経由での売上を増やしたり、継続してホームページに力を入れていけば、ビジネスへの直接の成果があがってきます。ホームページを持つことで。ビジネスの成長を手助けしてくれる多くのユーザーを獲得してくれます。

ビジネスに於いてホームページがもつ役割はどんどん重要になってきています。会社情報や商品情報はもちろんですが、戦略的に営業やブランディング、マーケティングをすることも可能です。ホームページは会社の成長をサポートしてくれる会社の資産です。戦略的にホームページを運用できればビジネスの可能性を広げてくれます。

横浜デザインビューロのホームページ制作