競合分析とは?

横浜デザインビューロ
競合分析

商品やサービスには必ず競合となる企業やサービスが存在します。そして、その競合を分析することで、ライバル企業との違いや強みを明確にでき、新たなサービスや商品につながる手法が考えられます。

競合分析を行うことで市場の全体図が見えてきたり、自社商品の強みを振り返るきっかけにつなげられたりします。競合分析はマーケティング戦略をおこなう上でぜひとも力入れていきたいポイントです。

今回は、競合分析の特徴、役割、目的、メリット、実施手順などについてご紹介いたします。
競合分析を実施したいがどこから手をつけてよいかわからない、競合企業のWebページを分析しコンテンツマーケティングの参考にしたい方、競合商品に埋もずに自社商品の売り上げアップを目指している方は参考にしてみてください。

競合分析-目次

競合分析とは

競合分析の役割

競合分析の目的

競合分析でカバーすべき範囲は?

競合分析はなぜ重要?

競合分析を実施するメリットは?

競合分析を実施するデメリットは?

競合分析の実施手順ややり方は?

競合分析の注意点

競合分析のまとめ

競合分析とは

競合分析とは、自社とライバル企業を比較して立ち位置を判断するマーケティング手法です。
競合分析をおこなうことで、自社商品を展開していく上で有利になるビジネス戦略を考えられます。

競合分析をおこなうためには、一つのライバル企業のみではなく、複数の企業を対象に入れることが必須です。
どのような戦略から、消費者に商品・サービスを提供しているのかデータをもとに分析していきます。

商品の特徴、値段、魅力ポイントなどをカバーすることが多いです。
競合分析をおこなったあとで自社商品の品質向上に役立てていきます。

競合分析の役割

競合分析の役割は、自社とライバル企業を比較しながら、改善点や向上点を見出すことです。
競合他社の存在があるからこそ、自社商品の立ち位置を比較して分析できます。

顧客となりうるユーザーは必ずと行ってよいほど競合他社の製品と比較した上で購入のプロセスに至るので、マーケティング戦略をおこなう上で極めて重要な項目です。また、自社商品を埋れさせないためにも必要なステップです。

競合分析の役割を意識することで、目的も達成しやすくなります。

競合分析の目的

競合分析の目的は、自社と競合を比較し、自社の強みを発見し優位な立場において、売り上げアップや集客につなげることです。
ライバル企業と比較すると、今いる立ち位置がわかるため、差別化するための魅力要素も見出しやすいです。

同業他社が存在しない商品・コンテンツは無いに等しいため、マーケティング戦略をおこなう場合、常にライバル企業を意識する必要があります。消費者に類似品と受け取られてしまうとなかなかユーザーに愛着を抱いてもらえません。

分析を丁寧におこなうと、憶測で捉えていたデータとは異なる事実に気がつく場合もあります。

競合分析を通して、今後の商品戦略に活かせる、ビジネス手法が考えられます。

競合分析の目的

競合分析を通じて自社の強みやユーザーに強くアピールするポイントがはっきりとし、マーケティングや広告戦略に活かすことができます。

競合分析でカバーすべき範囲は?

競合分析でカバーすべき範囲は、何を戦略に活かしたいかによっても異なります。
競合他社と比べる対象はたくさんあるので、今一度分析する最大の目的を振り返ることが大切です。

例として「魅力的な自社Webサイトを制作したい」と、明確な分野があるなら、言わずもがな競合分析を通して他社の「サイト設計」や「コンテンツ内容」をカバーする必要があります。
その点「商品の価格」はカバーしなくても良い項目となるでしょう。

また、競合分析でカバーすべき範囲のよくある例については以下となります。

・ターゲットユーザー
・価格
・強みとなるポイント
・付加価値
・市場シェア率
・資金調達
・マーケティング戦略
・サイト設計
・制作コンテンツ

大きな意味で、ライバル企業と比較できる対象はすべてカバーすべき範囲とも言えるでしょう。
競合分析を通して、自社商品の売り上げアップを目指している方ほど、多くの分野をカバーすることが大切です。

競合分析はなぜ重要?

競合分析が重要な理由は、ライバル企業を知らずして、効果的なマーケティングはできないためです。
視野を広げて、丁寧な分析をおこなうと、自社商品の強みとなる部分も見えてきます。

差別化できる点を見つけると、ターゲットユーザーの心に響くセールスポイントもわかりやすいです。

自社の立ち位置をあらためて振り返るきっかけになるので、意識のズレを正していけます。
業界のトレンドも把握できるため、人気商品を生み出すためのヒントも得られます。

中には、市場の隙間を見つけて、自社商品の強みを最大限に活かすこともできるでしょう。

競合他社の存在があってこそ、効果的なマーケティング戦略も立てやすくなります。

競合分析を実施するメリットは?

ここでは、競合分析を実施するメリットについてご紹介いたします。
自社商品の売り上げアップを目指したい方こそ、ポイントをしっかり押さえていきましょう。

自社商品の立ち位置がわかる

1つ目は、自社商品の立ち位置があらためて理解できることです。
ライバル企業の存在があってこそ、業界の中で明確なポジションがわかります。

チョコレート菓子を取り扱っている会社の場合、競合他社の製品は「甘い」印象が強いと、自社製品は「普通」もしくは「苦い」味わいが際立ちます。
競合他社に小分けできる商品が多いなら、自社商品は「一人で食べる用」とした印象が根強いかもしれません。

複数の競合他社と比べることで、消費者の目線に近い、自社商品の立ち位置がわかります。

市場の見極めに役立つ

2つ目は、業界の市場性を見極めやすくなることです。
比較することで、気づきや改善点も浮かびやすくなるので、マーケティングの勉強にもなります。

グミのお菓子を扱う会社の場合「夏場でもとけにくい商品」が意外と少ないことに気がつく場合があるでしょう。
ライバル企業と差別化するためのアプローチがおこなえます。

競合分析を丁寧におこなうと、市場の流れを読むことに成功します。

価格設定をおこないやすい

3つ目は、自社商品の価格設定がおこないやすいことです。
平均的な値段に設定したつもりでも、競合分析を通して、高いことに気がつける場合があります。

自社商品「のみ」に注目しているだけでは、わかりにくいポイントです。

ライバル企業と類似品を販売しているなら、少し価格を見直すだけで、売れ始めることがあります。
上品な印象を売りにしているなら、安易に価格は下げず、別な手立てを取る方法が思いつくかもしれません。

競合分析を通して、類似品の中で一番高い商品と一番安い商品もわかります。

自社商品の立ち位置を見定めながら、価格戦略の見極めがおこなえます。

効果的なマーケティング戦略が立てやすい

4つ目は、効果的なマーケティング戦略が立てやすいことです。
競合他社を上回る効果的なアプローチ方法を考えやすくなります。

明確なデータを元に、分析をおこなっていくので、説得力がある意思決定ができます。

競合分析を避けたマーケティング戦略は、見通しがついていないことから、ブレが生じやすいです。

効果的なマーケティング戦略をおこないたい方こそ、競合分析に力を入れていきましょう。

競合分析を実施するデメリットは?

競合分析を実施するメリットはたくさんありますが、デメリットも少なからず存在します。

ここでは、競合分析を実施するデメリットについてご紹介いたします。

手間ががかる

1つ目は、競合分析は手間がかかることです。
ライバル企業が複数あるほど、情報を集めるのにも時間がかかります。

長期的なビジネス戦略として取り組む必要があるので、力を入れた分だけ、のちに良い結果を結びやすいです。

競合分析で、明確なデータを収集するほど、時間や手間がかかりやすいことを覚えておきましょう。

正確なデータが得られない項目がある

2つ目は、独自に競合分析をおこなうため、正確なデータが得られない場合があることです。
流れから「だいたいこのくらいだろう」と、予測で穴埋めをおこなう必要があります。

公式で発表されている数字のみを取得するわけではないので、ある程度仕方がありません。

ライバル企業の市場シェア占有率は収集できても、明確なターゲット顧客まではわからない場合も多いです。

競合分析を丁寧におこなっても、必ず正確なデータで比較できるとは限りません。正確なデータを取得できない点は留意しておきましょう。

競合分析の実施手順ややり方は?

ここでは、競合分析の実施手順ややり方についてご紹介いたします。
ぜひ、競合他社のリサーチをおこないたい方は参考にしてみてください。

フレームワーク「3C分析」を意識する

まずは、競合分析をおこなう上で必須と言われている、フレームワーク「3C分析」を理解することからはじめましょう。

「3C分析」の「C」は

・Customer(市場・顧客)
・Competitor(競合)
・Company(自社)

の頭文字からきています。

「市場・顧客」と「競合」を「自社」に照らし合わせて分析することで、自社商品の魅力ポイントを見出せます。
強みがわかると、競合他社と差別化した商品を生み出しやすいです。

競合分析をおこなう中でも、スポットライトは常に自社に当てていきましょう。

競合他社をピックアップする

次に、競合他社の名前をピックアップしてください。
ライバル企業を明確にすることで、のちに分析がおこないやすくなります。

はじめのうちは、ソフトなどを使わず、紙やメモ帳などに気軽に書き込むようにしてください。
パッと頭に浮かぶ競合他社こそ、自社が強く意識している企業であることがわかります。

Googleなどの検索サイトを使用しても、競合他社がわかりやすいです。
例として、リップクリームを自社で扱っている場合「リップクリーム 会社」と検索欄に打ち込んでください。
市場でも人気が高い、企業名がズラリと表示されることでしょう。

通販サイトで任意のキーワードを検索する方法もおすすめです。
売れ筋ランキングなども知ることができるので、競合他社がわかりやすいです。

類似商品を販売している企業はもちろん、ビジネス基盤が同じ企業をピックアップするのも良いでしょう。

競合他社は10社名ほど書き出してください。

一覧を作って表にまとめる

次に、競合他社の一覧を表にまとめていきましょう。
「Excel」や「スプレッドシート」を使用するのがおすすめです。

また、競合分析に必要な比較対象も書き込んでください。

例として

・商品の特徴
・値段
・魅力ポイント
・見込み顧客を獲得するための活動
・サイト設計

などが挙げられます。

競合分析をする目的を今一度振り返った上で、必要とされる項目を追加していきましょう。

「競合」の項目ごとに区別する

次に「競合」の項目ごとに区別してください。

自社商品と近いライバル企業を分類していきます。

「第一競合」「第二競合」「第三競合」と数字で分けるとわかりやすいです。

「第一競合」は、共通するターゲットユーザーに対して類似商品を販売している企業を分類していきます。(例:セブンイレブンとファミリーマート)コンビニ同士。

「第二競合」は、異なるターゲットユーザーに対して類似商品を販売している企業を分類していきます。(例:ユニクロとバーバリー)服を販売している。

「第三競合」は、共通するターゲットユーザーに商品を販売しているものの、取り扱うジャンルが異なる企業を分類していきます。(例:ナイキとアクエリアス)スポーツ用品と飲み物。

競合の分類をおこなうと、自社商品の立ち位置がわかりやすいです。

データを収集する

競合他社をピックアップしたあとは、早速データを収集をおこないましょう。

検索サイトを活用したり、社内で取り扱うデータを参考にしたりする方法もおすすめです。

手動でおこなうと、時間や手間がかかることがあるので、ツールの導入を検討するのも良いでしょう。

ツールを使う

細かいデータ収集をおこないたい場合、専門のツールを活用していきましょう。

効率的に情報収集がおこなえるため、時間短縮にもつながります。

無料で使えるソフトも多いので、自社の目的に沿っていて、セキュリティ対策も万全であるツールを選んでいきましょう。
検索サイトで「項目の名前 データ収集 ツール」で検索しても、ぴったりなものがわかりやすいです。

中でも「SimilarWeb」は、競合他社サイトのアクセス源に関する有益な情報が収集できます。
マーケティング戦略をおこなう上でも役立つこと間違いありません。

さらに調査を重ねる

データが集まってきたら、さらに調査を重ねていきましょう。
検索サイトやツールを使った情報収集は、表面的なデータを集めているだけに過ぎない場合があります。

ライバル企業のSNSアカウントを実際にフォローしてみたり、ブログを読み込んだりする方法もおすすめです。
消費者目線に立つことで、分析の幅も広がります。

物事をさまざまな角度から見ることを意識していきましょう。
気づいたことがあれば、すぐメモに取るようにしてください。

複数人で調査することで、一人ひとり違った感想も持てます。

最終調査に時間をかけるほど、マーケティングをおこなう上で新たなアイデアも生まれやすいです。

結果を参考にする

競合分析の結果を参考にした上で、自社商品の向上を目指していきましょう。
分析するのみではなく、きちんと行動に移す必要があります。

自社の立ち位置を確認したうえで、今以上に効率的なアプローチができるか考えていきましょう。
業界トレンドを真似して、2番目の存在を目指すより、市場の隙間を見つけて自社商品の強みを活かしてください。

丁寧な分析をおこなうので、将来を見据えた、自社商品を生み出しやすくなります。

競合分析の注意点

ここでは、競合分析の注意点についてご紹介いたします。
マーケティング戦略を成功させたい方ほど、しっかりポイントを押さえていきましょう。

目的がないと作業の終わりが見えない

競合分析をする目的がないと、作業の終わりが見えないことです。
データを集めるだけなら無限におこなえてしまうため、しっかり考えましょう。

「自社商品の売り上げアップ」「見やすいサイト構築」を目標にすることもあるでしょう。
必要なデータわかりやすくなるので作業の効率も良くなります。

競合分析をおこなう目的を設定した上で、実施手順に取り掛かってください。

競合分析は何度もおこなう必要がある

競合分析は一度しただけで終わりというものではありません。
データや情報は定期的に更新されるため、こまめに見返す必要があります。

場合によっては1日でデータに変化が出ることもあるでしょう。
古い内容のものは、市場調査では不利となります。

作成した表はコピーして、データに変化があるなら書き換えていきましょう。
場合によっては、追加する項目も出てくるかもしれません。

マーケティング戦略に力を入れたい方ほど、競合分析は定期的におこなってください。

競合分析の注意点

競合分析をやるだけで自社商品の売上げアップや認知度アップにつながることはありません。目的意識とその範囲をしっかりと事前に決定し、必要に応じて分析することで自社のマーケティング戦略立案に役立てることができます。

競合分析のまとめ

競合分析は、自社商品の売り上げアップを目指すために必要なビジネス戦略です。
ライバル企業と自社を比べて、違いや強みを見出すことで、さらに魅力ある商品を顧客に提供していけます。

「市場・顧客」「競合」「自社」のフレームワーク「3C分析」を基本としながら、しっかり分析をおこなっていきましょう。

競合分析は一度のみではなく、定期的におこなうとも大切です。
情報は見直しながら、常にアップデートしてください。

今回は、競合分析の特徴、役割、目的、メリット、実施手順などについてご紹介いたしました。

本サイトでは、Webマーケティングに関するHow toやコンテンツマーケティング、コンテンツSEOに関するお役立ち情報も発信しています。業界向けのBtoBコンテンツから消費者向けのBtoCコンテンツまで、コンテンツマーケティングの設計から分析、継続的なコンテンツの制作まで一括して行って得られた知識と幅広い業界のコンテンツ制作実績をもとに有益な情報を発信しています。

Webマーケティングを始めたいが何から手をつけたら良いかわからない、予算感やどのくらいの手間がかかるかわからない、どんなコンテンツを作ったらわからない、競合チェックのやり方がわからない、やコンテンツの改善を考えているがどこを改善したら良いかわからない、キーワードチェックのやり方がわからない、など、マーケティングに関するお悩みをお持ちの場合は是非チェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめです

コンテンツマーケティングとは

コンテンツSEOとは

キーワードリサーチとは

SEOとは

ウェブマーケティングとは

ターゲットユーザーとは

良いホームページとは

オウンドメディアマーケティングとは

SNSマーケティングとは

ブランドとは

キーワードで探す

コンテンツマーケティング
コンテンツSEO
Webマーケティング
良いホームページ
ターゲットユーザー
SEO
SEOライティング
オウンドメディアマーケティング
SNSマーケティング
競合分析
ブランド
アフィリエイトマーケティング
ホームページ
業種別おすすめコンテンツ
コンテンツマーケティングの成功事例
インフルエンサーマーケティング
リスティング広告
SEO成功事例
コンバージョン