コンテンツマーケティングとは?注目のマーケティング手法を解説!

横浜デザインビューロ
コンテンツマーケティングとは

浜で中小企業のウェブマーケティングサポートをしている横浜デザインビューロの盛田です。

今回は私も大好きなマーケティング手法であるコンテンツマーケティングについて説明したいと思いますが、「コンテンツマーケティング」という言葉を聞いたことがありますか?

コンテンツマーケティングを導入する会社も増えてきていますが、イマイチその定義がわからないという人も多いと思います。
コンテンツマーケティングとは、ユーザーの役に立つコンテンツを継続的に発信することで、ユーザーに企業のファンになってもらい、商品・サービスの購入に結びつけるマーケティング手法です。

では、その他の広告やマーケティング手法とはどこが違うのでしょうか。

これまでの企業のマーケティング手法といえば、有料広告などを展開することによって企業側から潜在顧客にアプローチするアウトバウンドマーケティングが一般的でした。

アウトバウンドマーケティングとは、企業主体のプッシュ型で、広告やイベント、テレマーケティングなどの方法を使い強制的に情報を届ける手法です。

従来の広告は、テレビCMも雑誌広告も、メディアが企画したテーマに興味を持って訪れた、視聴者、読者に対して、時間的、空間的に割り込んでメッセージを伝達するという手法がとられました。

情報ソースが少ない時代であれば、このマーケティング手法は強力でした。

アウトバウンドマーケティングは、広告などを通じて企業がユーザーをコントロールすることができた時代の主流の手法であったことは間違いありません。

しかし、インターネットやモバイルが普及した現代社会では、ユーザーは多くの課題を解決するために自らの手で欲しい情報を検索し、評価し、決断するようになりました。

84%のユーザーがテレビCMをスキップし、ほとんどのDMは開封されずにそのままゴミ箱に入れられてしまいます。電話を利用して顧客に直接営業・販売する手法であるテレマーケティングには仕事の時間をさえぎられ、顧客は嫌気がさしています。

このようなアウトバウンドマーケティングに対して、ホームページへの情報掲載、検索エンジンからの検索やSNSでの露出等ユーザーが主体となって企業の商品を見つけ出すマーケティング手法がインバウンドマーケティングと呼ばれます。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの一番の違いはアウトバウンドマーケティングは企業が主体となっているのに対し、インバウンドマーケティングは”ユーザー”が主体となっている点です。

インターネットやスマホが日常に浸透するにつれて、ユーザーが自ら商品やサービスを探せるようになりました。情報を探しているユーザーに対して企業の商品を発見してもらう方法を用意するのがインバウンドマーケティングと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングもインバウンドマーケティングに含まれ、注目度は上がっていますが、コンテンツマーケティングという言葉は知っているけれど、そもそもコンテンツって何?コンテンツマーケティングに取り組みたい!という中小企業の方のために、コンテンツとは何か、マーケティングとは何か、コンテンツマーケティングとは何か、どのようなコンテンツのパターンがあるのか、どのような場所で使われるのか、またその成功事例などについても紹介していきます。これからコンテンツマーケティングを取り入れようと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

目次

コンテンツとは?

マーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングを実施する目的

コンテンツマーケティングのターゲットユーザーは?

コンテンツマーケティングを実施することで得られる効果は?

コンテンツマーケティングを実施するメリットは?

コンテンツマーケティングの注意点やデメリットは?

コンテンツマーケティングの実施手順ややり方は?

コンテンツマーケティングの事例

コンテンツマーケティング実施時のコンテンツ制作アイディアリストと各コンテンツの特徴

コンテンツマーケティングの費用はどのくらいかかる?

コンテンツマーケティングを取り入れる

コンテンツとは?

「コンテンツ」というとインターネット上のコラムや動画、テレビ番組などのことをイメージされると思います。

「コンテンツ」という言葉の意味を正しく理解するために、まずは言葉の本来の意味を見てみましょう。

コンテンツは英語の”content”から来ていますが、その意味は「(容器などの)内容物」という意味です。

ここから本・雑誌などの内容もcontentと呼ぶようになり、インターネット上に掲載されている情報もcontentという言葉に含まれるようになりました。

つまり、「コンテンツ」とは、企業が一般消費者に対して発信する自社の商品やサービスに関連する情報のことです。

ホームページに載せるコンテンツであれば、商品情報のテキストや画像・動画、商品記事、ブログ記事などが基本となります。

コンテンツとは

コンテンツマーケティングにおけるコンテンツ=商品情報のテキストや画像・動画、商品を紹介する記事、ブログ記事など

マーケティングとは?

では、「マーケティング」とは一言で言うとどのようなものなのでしょうか。

日本マーケティング協会が1990年に定めた定義によると、 マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。 とされています。

簡単にまとめると、マーケティングとは「商品が売れる仕組みを作っていくこと」といえるでしょう。

マーケティングとは

マーケティング=商品やサービスが売れる仕組みを作っていくこと

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーや読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成し、商品やサービスの購買を経て、最終的には自社のファンとして定着させることを目指す一連のマーケティング手法です。ユーザーに価値のあるコンテンツを提供することで、ユーザーを惹きつけ、ユーザーに気に入ってもらうことで利益を生み出しやすくなり、リピーターとして定着してくれるようになります。

いきなり自社の商品やサービスをアピールしたり売り込んだりするのではなく、見込み客の購買支援を行うことにより段階的に関係性を深め、最終的に購買してもらうことを目的としています。

言葉自体はアメリカで生まれ10年以上も前から存在しているもので、日本では2015年頃から注目され始めました。

つまり、コンテンツマーケティングは、「ユーザーが見たい、見てよかった」と思えるコンテンツを公開し続けることで、ユーザーにファンになってもらい、そこから物を買ってもらうというイメージです。

ユーザーにとって価値あるコンテンツは、ユーザーを魅了し納得を生み出します。

そのようなコンテンツを提供し続けることがコンテンツマーケティングの大前提となります。

コンテンツマーケティングでは、様々なコンテンツが活用されます。それぞれのコンテンツの例や特徴、メリットなども解説していきます。コンテンツには定番のブログコンテンツや動画を使ったもの、商品紹介サイト、FAQサイトや、著名人を起用しての大規模なプロモーションコンテンツ、クイズ形式でサイトに誘導するものなどもあります。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供し続け、新規顧客を獲得し、自社のファンになってもらうことを目指すマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングを実施する目的

コンテンツマーケティングは、なぜ多くの場面で取り入れられているのでしょうか。そこには明確な目的があります。

新規ユーザーの獲得

優良なコンテンツは検索エンジンの評価も高くなります。検索エンジンの評価が高まることでユーザーが検索した際に自社ホームページが上位に表示されるようになります。上位に表示されてくると自社のことや商品を知らないユーザーが検索エンジン経由で訪問しれくれます。コンテンツマーケティングを行うことで新規ユーザーを獲得することができます。しかも、コンテンツ経由で自社のことを知ってくれたユーザーはコンテンツをすでに読んでいるので、問い合わせや購入というコンバージョンへ結びつきやすくなっています。新規ユーザーの獲得と同時にユーザーへ情報を提供し、ユーザーの知識を高めることが同時にできます。

ユーザーのファン化

コンテンツマーケティングを使うことで、顧客の心をぐっと掴むことができます。普通の広告ではこちらから発信する情報を一方的に提示するだけなので、顧客のニーズと合わない場合にはどうしても敬遠されがちですし、不要な広告費もかかりがちです。しかしコンテンツマーケティングの場合は、ユーザーのニーズに合うようにコンテンツ=広告を運用することができるのです。

ユーザーの役に立つ有益で優良なコンテンツをどんどん投入していくことで新規ユーザーを獲得し、最終的により多くのユーザーをサイトに誘導することができ、コンテンツを通じてユーザーの満足度を得ることができるので、優良なユーザーを獲得しながらファン化することができます。

コンテンツマーケティングの目的

コンテンツマーケティングの目的=新規ユーザーを獲得し、自社のファンになってもらう。

コンテンツマーケティングのターゲットユーザーは?

では、コンテンツマーケティングはどのようなユーザーをターゲットにするのでしょうか。コンテンツマーケティングを使ってつかめる客層というのは、ある程度決まっています。以下にまとめているので、チェックしてみてください。

商品を知らないユーザー

自社の商品をまったく知らないユーザーにアプローチをかけることができます。多くのコンテンツを作成すると、検索エンジンに表示される確率が上がります。商品に関連するキーワードで検索された際に、自社のホームページが表示されるので、商品を知らないユーザーにアプローチをかけることができます。商品を知らなかったとしても、ユーザーの役に立つコンテンツ、面白いコンテンツを作ることができれば、ユーザーの興味を引くことができ商品に興味をもってもらうことができます。

通常の広告では商品の内容を売り込むだけなので、製品を知らないユーザーや興味を持たないユーザーは取り込みにくいという難点があります。しかしコンテンツマーケティングを使えば、面白いコンテンツを提供することによって、無関心だったユーザーの興味を引くことができ、より深く自社商品を知ってもらうことができるのです。

こうしてつかんだユーザーがヘビーユーザーになることもあり、ここがコンテンツマーケティングの面白いところでもあります。

広告を嫌がるユーザー

ユーザーの中には、コンテンツを嫌がる人もいます。自分の興味がある製品なら見ることはできても、全く興味のない製品をただただアピールされても、ユーザーとしては迷惑に感じてしまうことが多いのです。

コンテンツマーケティングの場合には、そのような広告を嫌う人を取り込むことも可能です。製品をコンテンツとしてアプローチすることで、いつもと違った視点で製品の魅力を知ることができ、興味を持たない人でも関心を持ってもらうきっかけになります。

このように、どちらかというと広告を嫌うようなユーザーにアプローチできるのも、コンテンツマーケティングの魅力なのです。

何かを検索しているユーザー

コンテンツマーケティングはSEOや検索エンジンとの相性も非常に良いマーケティング手法です。新しいコンテンツをどんどん投入していくことで、検索エンジンに表示される回数や表示順位が上がっていき、検索エンジン経由の獲得ユーザーは増えていきます。ユーザーが何かを検索している際に自社のホームページが表示されれば、コンテンツに触れてもらえると同時に商品のアピールにも繋がります。

また、ユーザーのためになるコンテンツを提供しつづけることで、ユーザーは商品に関連する知識も楽しみながら勉強できます。コンテンツマーケティングに取り組むことで、ユーザー獲得だけでなく、ユーザーの不安を解消する・ユーザーからの問い合わせに自動でコンテンツが回答してくれるメリットもあります。

コンテンツマーケティングのターゲットユーザー

コンテンツマーケティングのターゲットユーザー=商品を知らないユーザー、広告が好きではないユーザー、何かを検索しているユーザー

コンテンツマーケティングを実施することで得られる効果は?

コンテンツマーケティングを行うことで得られる効果というのは、いくつかあります。いずれもマーケティングをする上で重要なポイントなので、チェックしてみてください。

信頼度が上がる

コンテンツマーケティングではブログや動画、ホームページコンテンツなどを継続して制作していきます。コンテンツを継続的に更新し続けていくことで、次第に読者がついてきて、人気も上がりやすくなります。その結果、ホームページ全体の信頼度が上がりやすくなるのです。

例えばブログの記事作成を継続して、特定の分野で有名になることができれば、新規ユーザーも付いてきやすくなり、リピーターも増えてきます。その結果、自社のブランディング力もさらに上がり、固定ファンを獲得しやすくなるのです。

コンテンツ制作を継続することで、新たなユーザーを獲得でき、リピーターにも多くの情報を提供し続けることができます。

ターゲットに合うユーザーを獲得できる

広告が失敗する一番の原因は、製品に興味のないユーザーに情報をごり押ししてしまうことです。全く興味のない情報を押し付けられてもユーザーとしては迷惑に感じるだけですので、そのような広告は成果も悪くなりがちです。

コンテンツマーケティングでは、基本的にはコンテンツをユーザー自らが検索してたどり着いてくれます。ユーザー自身が興味のあるキーワードで検索をかけてくるので、ターゲットに合うユーザーと自然とマッチします。これがコンテンツマーケティングの一番の強みと言えるでしょう。

興味のあるワードで検索をかけてくるわけですから、新規のユーザーでも定着しやすく、将来的に利益をもたらす優良な顧客を自然な流れで獲得することができるのです。

拡散してもらえる

コンテンツマーケティングの強みとしては、「拡散してもらえる」という部分にもあります。興味を持つワードでコンテンツにたどり着いたユーザーは、それが気にいる物であればSNSやクチコミを通して拡散してくれます。

ユーザーがシェアをすることによって、同じような好みを持つユーザーの目に留まりやすくなり、さらなる顧客獲得につながるのです。ユーザー自らがSNSを通じて拡散することで、広告費をかけなくても幅広い人の目に届かせることができます。

結果的に優良顧客やリピーターの獲得に繋がるので、この部分もコンテンツマーケティングの大きな魅力です。

コンテンツマーケティングの効果

コンテンツマーケティングの効果=会社や商品の信頼度が上がる、ターゲットに合ったユーザーを集客できる、拡散してもらえるなど、色々な効果があります。

コンテンツマーケティングを実施するメリットは?

コンテンツマーケティングを行うことで得られるメリットは、非常にたくさんあります。中でも重要なポイントをピックアップし、以下に紹介していきます。

コストがかからない

商品の宣伝に広告を使う場合は必ず広告費がかかります。広告代理店など外部に依頼をする場合には、莫大な金額がかかってしまう可能性もあります。大企業ならまだしも、中小企業ではこの広告費の面がネックになってしまうこともあるでしょう。

コンテンツマーケティングは、インターネット広告などと比較しても予算を大幅に抑えることができます。そのため、予算が少ない状態でもためらわずに実行に移しやすいのが大きな利点です。

コンテンツマーケティングの場合は、コンテンツを発信できるプラットフォームさえあれば自社でコンテンツを作成するだけで無料で始めることができます。ホームページがない場合も、SNSを活用すれば無料でコンテンツマーケティングに取り組むことができます。

コンテンツが資産として蓄積していく

コンテンツマーケティングでは、コンテンツを使って集客を狙うマーケティング方法です。通常の広告はその場限りで使うものが多いので、ヒットすれば爆発的な売上につながりますが、1回使い終わったものはその後も使うことはできません。

一方コンテンツマーケティングで作り出したコンテンツというのは、半永久的に使うことができるのが大きなメリットです。一度コンテンツを作ってしまえばずっと残るので、同じコンテンツでずっとユーザーに働きかけることができます。

SNSとの相性がいい

コンテンツマーケティングはSNSとの相性も良いです。コンテンツマーケティングでは、いかに多くの人にコンテンツを見てもらうかも重要なポイントですが、そのための集客にSNSはもってこいなのです。

SNSは基本的に不特定多数の人がチェックしているので、1回の投稿やつぶやきでも多くの人の目に止まります。見るユーザーの分母が大きければその分、製品やコンテンツに興味を持ってくれる人も当然多くなります。

また、SNSにはシェアなどの拡散機能も付いているので、気に入った人が拡散することで、さらに多くの人の目に留まりやすくなります。ユーザーとのコミュニケーションを取りやすいのも、SNSの特徴です。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリット=内製化であればコストがかからない・コンテンツが資産として残っていく・SNSどの相性が良い

コンテンツマーケティングの注意点やデメリットは?

コンテンツマーケティングには嬉しいメリットもたくさんありますが、反面、実施する際には気をつけなければならないこともあります。

短期的な効果は薄い

中長期的に見れば、コンテンツマーケティングは非常に魅力的な戦略です。しかし短期的に成果を出したいという場合には、残念ながら不向きと言わざるをえません。例えばブログを展開していくとしても、サイトの立ち上げには時間がかかりますし、記事がGoogleに認識されてから上位に表示されるまでにはどんなに上手に構成をして素晴らしい記事を作成しても数週間から数ヶ月はかかります。

また、SNSを利用して広告を展開するにしても、ユーザーに見つけてもらうまでには時間がかかりますし、そのユーザーが定着するまでにも一定の期間が必要です。すぐに成果を出したいという場合には、やはり広告を打つ方がコストはかかりますが有利です。

新しいコンテンツの制作に時間・手間がかかる

コンテンツマーケティングは、人の目に止まれば拡散されるスピードも早くなりますが、コンテンツを制作し公開するまでにそれなりの時間と手間がかかる点には注意しなければなりません。質の良いコンテンツの制作にはそれなりの準備期間や調査が必要となります。

また、いざコンテンツができたとしても、その効果を見込むまでには時間がかかってしまうので、長期的に見てコンテンツ制作を継続していくことが大切です。この過程でなかなか成果を出せず、残念ながら諦めてしまう人も多いものです。

コンテンツの継続的な発信が必要

コンテンツマーケティングは、1度公開して終わりではありません。動画やブログなどを使って集客を見込む場合には、1つのコンテンツだけではユーザーを繋ぎ止めるのには不十分だからです。

ユーザーは複数の記事や動画を見て、コンテンツの価値を見定めることも多いです。そのため、コンスタントにコンテンツの制作をしていかなければなりません。制作の間が空いてしまうと、ユーザーは「つまらない」と感じて離れてしまうので、継続してコンテンツを発信していく必要があります。

コンテンツマーケティングを成功させるためには、序盤で成果が出なくても継続して作り続けるモチベーションと、コンテンツの制作体制を整える必要があります。

コンテンツマーケティングの実施手順ややり方は?

コンテンツマーケティングを始めてみようと考えた時に、どのような手法を取ればいいのかわからないということもあるでしょう。ここからは、コンテンツマーケティングの手順についてまとめてみました。

キーワードリサーチ

キーワードリサーチとは、web上で検索されるキーワードを探すことです。よく検索されるキーワードをもとにコンテンツを作ることで、検索エンジンからの流入を増やすコンテンツを作ることができます。

キーワードリサーチはキーワードリサーチのツールを使って行い、自社の商品やサービスに関連するキーワードで検索回数の多いものをリストアップしていきます。リストアップしたキーワードから新規に制作するコンテンツなどを決定していきます。

キーワードリサーチ関してはこちらの「キーワードリサーチとは?キーワードリサーチの基本ややり方、用語、手順など」の記事で詳しく説明しています。

コンテンツのペルソナを設定する

まずコンテンツマーケティングで重要なのが、ペルソナの設定です。ペルソナというのはターゲットとなる具体的な人物像のことで、これを決めることによって、アプローチ方法を明確に定めることができるようになります。

仮名や年齢、性別、住んでいるところや趣味思考などを細かく定めることによって、近いターゲットにヒットするコンテンツを作ることができるようになります。この辺りが曖昧だと、誰にも引っかからない内容の薄いコンテンツになってしまうので、ペルソナ設定はコンテンツマーケティングの要とも言えます。

コンテンツで「何を伝えるのか」を明確にする

コンテンツマーケティングで使うコンテンツは、ユーザーの心に響かなければ意味がありません。ペルソナを設定したらまず、コンテンツの核となる内容を決めましょう。どんなことをユーザーに伝えたいのかということを明確にすることで、ブレのないコンテンツを作ることができます。

面白いコンテンツ、ユーザーに刺さるコンテンツを作るためには、市場調査が重要です。ペルソナと同じような特徴を持つユーザーがどのようなことに興味を抱いているのか、どのようなキーワードで検索をしているのかということを知ることで、よりターゲットにヒットしやすいコンテンツを作ることができるようになります。

コンテンツで伝える情報の優先順位を決める

コンテンツの内容が決まったら、次にどんな順番でコンテンツを作ろうかということを考えましょう。例えば飲食店の情報を探しているユーザーがいたとして、店内の雰囲気にこだわっているのであれば、雰囲気重視の情報を提供するのが賢明です。

一方で早く予約を取りたい、手間をかけずに手続きをしたいと考えているユーザーには、スムーズな予約方法を採用しているお店を優先的にコンテンツに落とし込むと良いでしょう。ターゲットのニーズと合致することで、コンテンツの魅力はさらに倍増します。

コンテンツを伝えるための媒体を決める

コンテンツの内容が決まったら、最後に公開する媒体を定めましょう。継続した投稿が可能なのであれば、ブログを使って発信していけば良いですし、メールで配信するのもアリです。動画を作ってYouTubeなどの動画サイトにアップするのも良いでしょう。

また、できる限り予算をかけたくないという場合には、SNSを使ってコンテンツを広めていきましょう。予算などで決めることも大切ですし、ペルソナのニーズに合う媒体を選ぶことも、ヒットするコンテンツ作りには欠かせません。

コンテンツマーケティングの事例

コンテンツマーケティングを実際に取り入れている会社は、たくさんあります。中でも素敵なコンテンツを提供することで新規ユーザーの獲得やユーザーのファン化に成功している会社の事例を、以下に紹介していきます。

Shopify

Shopify(ショッピファイ)は、ネットショップの開設・運営がおこなえるECプラットフォームを展開している企業です。
2004年にカナダで創業してから、現在175ヵ国100万店舗以上で導入されている実績を持ちます。

Shopifyブログでは「ビジネスを始める方法」「サクセスストーリー」「アイデア」などの項目に振り分けた、クイックスタートガイドが提供されています。
ネットショップの開設・運営のハードルが初心者の方でも低く感じられる読み物と言えるでしょう。

その中でも「サクセスストーリー」の項目は、ビジネスで成功した人に焦点を当てているため、ネットショップを運営する上で非常に参考になります。
成功者の事例を参考にすることで、自社のビジネスや商品開発の参考にでき、Shopifyを実際に使ってどのように成功するかをイメージしやすくなります。

「アイデア」の項目では「モチベーションを上げる方法」「ネタの生み出し方」など、ネットショップの運営をする上で役立てられる内容が掲載されています。
事業の売上が低迷したときこそ、物事を新たな目線から見る、良いヒントを与えやすいです。

Shopifyでは、ネットショップ運営を長期的におこなうための、魅力的なコンテンツが提供されています。

Shopifyのコンテンツ

ブログ記事

サクセスストーリー

ECサイトに関するアイディア集

Money Forward

Money Forward(マネーフォワード)は、家計簿作成、資産管理がおこなえるサービスを展開している企業です。
2012年に設立してから、家計簿アプリ利用率No. 1の実績を残しています。

Money Forwardは、くらしの経済メディア「MONEY PLUS(マネープラス)」を展開しています。
難しいものと受け取られやすいお金のことを、わかりやすく解説しているのが特徴的です。

「公的年金」「転職」「退職」「老後資金」など、みんなが知りたいお金に関するワードも集中しています。
プロのファイナンシャルプランナーに悩みを相談することも可能です。
将来設計をおこなうために必要なお金のノウハウが学べます。

不動産投資など、イベント・セミナーもPRとして提供しているため、人生のリスクに備えてお金の悩みと向き合うことが可能です。

Money Forwardは、お金に関する読み物コンテンツを提供することでアプリの新規ユーザーを増やし、アプリを利用しているユーザーの離脱を防いでいます。

Money Forwardのコンテンツ

MONEY PLUS

Johnson & Johnson

Johnson & Johnson(ジョンソン・エンド・ジョンソン)は、製薬、医療機器をはじめとした、ヘルスケアアイテムを取り扱う企業です。
1886年に設立しており、本社はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューブランズウィックに置いています。

Johnson & Johnsonのホームページでは、健康管理、医療についてのトピックスが掲載されています。
時代に沿った読み物が展開されているため、有益な情報が得やすいです。
「健康のヒント」の項目では、体の部位ごとに分かれた病気・症状、治療方法などがわかります。
「赤ちゃん・子供」「女性」「介護・高齢者」「禁煙」など、タイプ別にわかれた項目も充実しています。
生活の中で気になる症状に気がつかせてくれる期待が持てるでしょう。

Johnson & Johnsonは、健康についての意識を高めるコンテンツ制作に力を入れている特徴があります。

Johnson & Johnsonのコンテンツ

Johnson & Johnson

ホンダ

ホンダは、正式名称は「本田技研工業株式会社」となる大手輸送機器メーカーの企業です。
東京都港区に本社を置き、売上高は世界首位に位置している有名企業です。

ホンダが提供する「Hondd Topics」では「ライフスタイル」「モビリティ」「テクノロジー」「スポーツ」「カルチャー」のジャンルにわかれた読み物を展開しています。
「車」関連が多く「車についた鳥のフンの上手な取り方」など、身になる記事が目立ちます。

車に関した記事も、世界的に有名な企業であるからこそ、信憑性が高いとユーザーは受け取りやすいです。

有益な情報を読み終わる位置に「Honda公式メールマガジン」のコンテンツが配置されている部分も特徴的です。

コンテンツをメールマガジンのコンバージョン獲得の手段として利用していることが伺えます。

メールマガジンは無料で登録できるのはもちろん、いつでも配信を停止することが可能です。
コンテンツマーケティングとして、製品についての購買意欲も高めることもできます。

ホンダは、車をはじめとした、さまざまなジャンルのお役立ち情報メディアサイトを展開しているほか、商品ページにアクセスを促すコンテンツ制作事例をおこなっています。

ホンダのコンテンツ

Honda Topics

キャノン

キャノンは、カメラをはじめ、ビデオ、映像機器などを製造する、日本の大手精密機器メーカーです。
1937年に設立して、カメラ業界では世界的に名を馳せている実績を持ちます。

キャノンは「カメラ初心者教室」のメディアを展開しています。
その名の通り、カメラの初歩的な使い方から、魅力的な写真を撮るコツまで詳しく解説している部分が特徴的です。
「写真映えする朝ごはんの撮り方」「自撮りのコツ」「夜景の撮影テクニック」などの記事が掲載されています。
「スマホと一眼の写真の違い」についても解説しているため、カメラを購入する意識を持たせやすいです。

SNS映えする写真のテクニックが身につきやすいです。
わかりやすく身になるカメラ関連の記事が堪能できます。
読み終わったあとは、いろいろな被写体を撮りたくなるでしょう。

サイトをスクロールすると、初心者におすすめのカメラ商品も掲載されています。

キャノンは、カメラのコラムを掲載して、ファン化の促進をおこなっています。

キャノンのコンテンツ

カメラ初心者教室

サントリー

サントリーは、日本の洋酒・ビール、清涼飲料水の製造、販売をおこなう企業です。
1899年に設立して、大阪市北区に本社を置いています。

サントリーは、料理に関する「レシピ・飲食店」のコンテンツを展開している部分が特徴的です。
「お料理レシピ」「お酒レシピ」「飲食店を探す」の項目に分かれています。

「お料理レシピ」では、日付ごとのおすすめレシピを閲覧することが可能です。
「フィンランド風ミートボール」「鮭のカルトッチョ」など、お酒に合う簡単レシピが掲載されています。
調理時間、カロリーも明確に記載されているほか、作り方も写真と共にわかりやすく掲載されています。
初心者の方でも、おすすめ料理を簡単に作ることが可能です。

「お酒レシピ」では、お酒を美味しく飲めるレシピを紹介しています。
「好みの味」「アルコール度数」「色」などから検索することが可能です。
例として「ビーフィータージン」と「オレンジジュース」を混ぜて「オレンジ・ブロッサム」として飲む方法が挙げられます。
おうちで楽しむお酒時間が充実すること間違い無いでしょう。
まだ見ぬ、美味しいお酒レシピと出会える期待があります。

「飲食店を探す」では、サントリー認定のおすすめ店を紹介しています。
「ザ・プレミアム・モルツ」「頂店ハイボール」が飲めるお店を検索することが可能です。
「日本最大級のバー検索サイト」も展開しています。
お酒好きな方にぴったりなメディア展開です。

サントリーはお酒に合うお料理レシピなど、自社製品に注目が集まる、お役立ちコンテンツを提供している特徴があります。

サントリーのコンテンツ

お料理・お酒レシピ

絵本navi

絵本naviは、絵本情報サイトを展開している企業です。
2001年に設立しており、サイトには年間1900万人の利用者数が訪れています。

ホームページに訪れると「出版社イチオシ&おすすめ絵本」が表示される部分が特徴的です。
数多くある絵本の中から、とっておきの1冊をピックアップしてくれます。

また「全ページためしよみ」に登録されている絵本は1回だけ無料で試し読みすることが可能です。
実際に購入しようか迷っている絵本の内容をしっかり確認することが可能です。

ランキング機能も搭載されているため、ためしよみ回数が上位の絵本もすぐにわかります。
「ベストセラー」項目は、長年親しまれてきた絵本を見つけられる特徴があります。

絵本を探す中で「年齢別」「テーマ別」「作家別」の検索機能があるため、お目当てのアイテムも見つけやすいです。

「インタビュー」項目では、絵本制作に携わる方たちの生の声が聞けます。
作品に対する熱い思いが伝わるため、絵本に関しても興味を持ちやすいです。

「連載」では絵本にまつわるコラム・エッセイを読むことが可能です。

絵本naviは、大人の目線から見た、絵本に対する興味を惹きつける、コンテンツマーケティング事例をおこなっています。

絵本naviのコンテンツ

スペシャルコンテンツ

土屋鞄

土屋鞄は、鞄、ランドセルの企画・製造・販売をおこなう企業です。
1965年に設立しており、直営店で販売をおこなうことにこだわりを持ち、海外にも店舗を出店する功績を残しています。

ホームページ上の「読み物」では、鞄についてのコラムや商品コンテンツを展開している部分が特徴的です。
アイテムごとの歴史・豆知識を得られたり、商品の魅力を知れたりします。
写真・イラストを多く取り入れているため、記事も読みやすい印象を感じることでしょう。

商品を紹介する記事では、無駄がなく、全体図がわかりやすいアイテムの画像を掲載しています。
オシャレな印象を感じるため、商品の購買意欲を刺激します。

「読み物」の下部には「メールマガジン登録」の欄が設けられているため、ファン獲得の促進につなげることが可能です。

土屋鞄は、鞄についての読み物を掲載するなど、自社製品の商品購入につなげるコンテンツ制作に力を入れている特徴があります。

土屋鞄のコンテンツ

土屋鞄の読み物コンテンツ

楽天証券

楽天証券は、投資がおこなえる、インターネット専業の証券会社です。
1999年に設立しており、2020年新規口座開設数業界No. 1を獲得しています。

楽天証券は、お金と投資の知識が身につく「トウシル」のメディアを展開しています。
投資がはじめての方でも「初心者」の項目を見ることで、基礎からしっかり知識を身につけることが可能です。
「確定申告」「投資信託」「米国株」「NISA」などのタグから、任意の記事を探し出すことも可能です。

人気記事ランキングを通して、今一番読まれている記事を確認することができます。
人気の著者ごとに記事を探し出すことも可能です。
図やグラフを用いて解説している記事も多く、わかりやすい印象があります。

難しいテーマに関しては、楽天証券経済研究所のアナリストが動画で解説している部分も特徴的です。
投資に興味を持った段階で「メールマガジン」申し込みの欄が目に入る仕組みになっています。

楽天証券は、お金や投資に関して興味を惹きつけるコンテンツマーケティングを展開している特徴があります。

楽天証券のコンテンツ

トウシル

SmartHR

SmartHR(スマートHR)は、クラウド人事労務ソフトを開発・展開している企業です。
2013年に設立しており、多くの人事労務分野の非合理を解消してきた実績を持ちます。

SmartHRでは「お役立ち資料」を配布している部分が特徴的です。
ダウンロードすることで、サービスを利用する中での基本機能、活用シーン、事例、入門、トレンドがわかります。

基本機能は「1分でわかる!SmartHR」「マンガでわかる!SmartHR」などの資料を配布しています。

トレンドは「知らなかったでは済まされない、働き方改革関連法」「電気化が激変させる労務の世界」などの資料をダウンロードすることが可能です。

SmartHRは、人事・労務についての知識を深めながら、サービス利用を促すコンテンツ制作に力を入れている特徴があります。

SmartHRのコンテンツ

SmartHRのお役立ち資料

キーエンス

キーエンスは、自動制御機器、情報機器などの開発・製造・販売をおこなう企業です。
1974年に設立しており、大阪府大阪市東淀川区東中島に本社を置いています。

キーエンスは、ホームページ上で「改善事例・学ぶ・調べる」のメディアを展開している部分が特徴的です。

「アプリケーションから商品を見つける」では「印字事例から選ぶIJP」など、さまざまな用途に応じたおすすめ商品を紹介しています。

「ものづくりお役立ち情報」では「lot関連」「汎用センサ/安全/通信」などの、基礎知識、実用的なノウハウが学べる専門サイトを紹介している部分も特徴的です。

また、語学学習に適した「FA英会話講座」「FA中国語講座」「FA用語 翻訳辞典」の項目も充実しています。
海外に拠点を広げたい方に向けた、教育に役立つ単語、フレーズを勉強することが可能です。

キーエンスは、ものづくりに携わる方を応援する、コンテンツ制作事例をおこなっています。

キーエンスのコンテンツ

キーエンスの改善事例・用途例・お役立ち情報コンテンツ

Sony

Sony(ソニー)は、音楽・映画などのソフトウェア、家庭用ゲームのハード・ソフト・サービを提供する企業です。
1946年に設立しており、2018年度のグループ会社数は1,733社となります。

「Feature」のメディア展開では、Sony製品のおすすめポイントを紹介している部分が特徴的です。

「NEW ARTICLE」は「音楽」「映像」「カメラ」「テクノロジー」などに分かれています。
写真を魅力的に見せる工夫をしているため、購買意欲を刺激します。

キーワードは「RXシリーズ」「α(アルファ)」「ヘッドホン」「ウォークマン」などから、目当ての記事にたどり着くことが可能です。

また、Sonyの製品に触れるきっかけを作る「イベント」を定期的に開いています。

魅力的なコンテンツを紹介後「Official Account」の表示が目に入りやすいです。
Sonyの最新情報を受けるため、製品登録・フォローを促します。

Sonyは音楽・映像に関したコンテンツを通して、自社製品の購入につなげるコンテンツマーケティングに力を入れています。

Sonyのコンテンツ

SonyのFeatureページ

大和ハウス

大和ハウスは、住宅総合メーカーとして活動する企業です。
1947年に設立しており、大阪府大阪市北区梅田三丁目に本社を置いています。

大和ハウスは「TRY 家コラム」のメディアを通して、家づくりに役立つ情報を提供しています。

カテゴリ別に、家の悩みに関するコラムを探すことが可能です。
「お金のこと」「土地について」「家作りのスケジュール」「間取りと暮らし方」などに振り分けられています。

「お住まい訪問」では、実際に住んでいる方の家を写真や見取り図を通じて知ることが可能です。
こだわりがある家が紹介されるため、家づくりをおこなう中でヒントがもらえます。

家づくりに対する悩みを、コラムとして回答している部分も特徴的です。
詳しい内容は会員限定となるため、ファンを獲得することにつなげています。

家づくりに役立つカタログも会員登録することで、見ることが可能です。

大和ハウスは、家づくりに関するコラムを展開しながら、会員登録をするとお得な特典を提供するコンテンツ制作事例をおこなっています。

大和ハウスのコンテンツ

TRY家コラム

Salesforce

BtoB向けソリューションを提供するSalesforceのサイトでは、ビジネスに関するトレンド記事を紹介しています。記事を使ったマーケティングをしているのがポイントで、CMなどもホームページ上で公開しています。また、CMの舞台裏についても公開しているので、CMを見た人を流入させることもできます。

また、ホームページにはメルマガへの登録フォームもあり、コンテンツを見た人のニーズに合わせたメルマガを定期的に配信しています。自分の知りたい情報を効率的に仕入れることができるという点では、大きなメリットと言えるでしょう。

サイトのコンテンツをチェックして、もっと情報を仕入れたいと思っている人のためにメルマガを取り入れるのは、コンテンツマーケティングの有効な手法の一つです。

Salesforceのコンテンツ

Salesforceのブログ記事

Salesforce Hub

ユニクロ

言わずと知れたファッションブランド「ユニクロ」も、ホームページでコンテンツマーケティングを取り入れています。ユニクロでは、「きれリラパンツ」「ブラトップ」「ジーンズ」「感動パンツ」などの様々なカテゴリに分けて特集を組んでいます。

ユニクロのアイテムを購入しても、それをどのように役立てたらいいのかわからず悩んでしまう人も多いもの。特にユニクロ初心者にとっては、コーディネートのポイントがわからない、ということはあるあるです。ホームページでは各アイテムごとにコーディネートのポイントを紹介しているので、読者の購買意欲を掻き立てることができるのです。

ユニクロのコンテンツ

ユニクロの特集一覧コンテンツ

Hubspot

企業向けデジタルマーケティングソリューションを提供しているHubspotでは、マーケティングのための記事を紹介しています。ビジネスに役立つ情報を知ることができるのが大きなポイントです。基本的には様々な記事のトピックが並んでいますが、ソフトウェアへのダウンロードページを差し込むことで、記事を見て気になった人をコンテンツのダウンロードへ誘導することができます。

また、メルマガの登録フォームも差し込まれているので、記事をベースのコンテンツとして、メルマガ登録を促す、というコンテンツマーケティングを行っています。

Hubspotのコンテンツ

リネット

リネットは、宅配クリーニングを中心にサービスを提供しており、リネットのお洗濯アンバサダーによってコンテンツが運営されています。洗濯に関する豆知識や洗濯のポイントなどついて丁寧に説明されています。洗濯のポイントはもちろん、洋服をどのように扱ったらいいのかという点についても触れられています。

服との出会い方や出掛け方についても紹介されており、洋服を大切にして丁寧に扱いたいという人のためのコンテンツとなっています。著名人へのインタビューなども掲載されており、よりためになるコンテンツを楽しむことができます。

リネットのコンテンツ

リネットマガジン

Adobe

デザインソフトウェアやマーケティングソリューションを提供しているAdobeのサイトでは、自社のサービスに繋げるべく、おもしろフォントの記事や、フォントサイズの記事などに特化してコンテンツを提供しています。また、デザイン関連の記事なども豊富で、これからデザインを始めようとしている人をうまく取り込むことができる仕様となっています。

ソフトウェアをいざダウンロードしても、まずは何から始めたらいいのかわからないというユーザーもいます。そのような初心者ユーザーの視点に立ってサービスを展開しているのは、うまいコンテンツマーケティングといえるでしょう。

Adobeのコンテンツ

Adobeのブログコンテンツ

サイボウズ

サイボウズでは、「働く」ということに関する記事を多数展開しています。働き方に関する記事が多く、働くことに対して希望を持ち、もっと上にに向かってと願うユーザーにとってはとても魅力的なサイトと言えるでしょう。

働き方だけではなく、自分という人間として生きるための生き方についても触れているのが大きなポイント。サイト内には、自己啓発のビジネス本のリンクも差し込まれており、記事に魅力を感じた人の購買意欲を掻き立てる仕様となっており、良いコンテンツマーケティングを展開しています。

サイボウズのコンテンツ

サイボウズ式

DMM英会話

オンラインの英会話スクールとしてサービスを展開しているDMM英会話のサイトでは、英会話に役立つコンテンツを多数配信しています。例えば英語学習に関するコラムを紹介することで、読者の学習意欲を駆り立てることができます。また、英語の表現集など、英語に対する知識をさらに増やすためのサービスも人気です。

サイト内にはDMM英会話の無料レッスンの案内のリンクもあり、記事を見たユーザーをサービスの利用に誘導することができるのも大きなポイント。世界で活躍するアスリートへのインタビュー記事もあり、子供から大人まで楽しめる内容となっています。

DMM英会話のコンテンツ

DMM英会話ブログ

Tabio

Tabioでもファッションアイテムをメインに取り扱っています。基本的には自社のファッションアイテムを使ったコーディネートを紹介しており、どんな風に組み合わせたらいいのかわからない、というユーザーのニーズに合わせることができます。

コーデの記事というよりは、自社のアイテムを紹介する形で、その一環としてコーデ集を特集しています。そのため、「こんなアイテムが欲しい!でもどんなコーデがいいのかわからない!」という人のニーズにはまりやすいのです。

パーソナルカラーなどの記事もあり、読者をさらに引き込みやすい記事展開となっています。

Tabioのコンテンツ

Tabioの特集記事コンテンツ

BOXIL

ボクシルは、BtoB向けのシステムやソフトウェア、プラットフォームなどを比較できるビジネス向けのメディアサイトです。クラウドサービスや企業向けソフトウェアの比較などの記事を多数提供しており、ソフトウェア導入時の比較や資料請求が簡単にできます。ソフトウェアを扱うメディアなので、例えば、経理のやり方やマイクロソフトの使い方のポイントなど、比較記事だけでなくソフトウェアやソフトウェアに置き換えられる業務がわかりやすく記事になっているのがポイントです。

データの分析や社内でのコミュニケーションの取り方、データのセキュリティなど様々な記事が掲載されているので、ビジネスの面で役立てることができるのが大きな魅力と言えます。サービスをボクシルに掲載するための申し込みをすることもでき、BtoB向けのサービスとしても良いコンテンツマーケティングを展開しています。

BOXILのコンテンツ

ボクシルマガジン

JAL

航空会社として名の知られているJALも、ホームページでコンテンツを展開しています。内容としては国内観光や海外観光のための記事が多く、まさに旅行会社のコンテンツと言えるでしょう。また、中には各地のアンテナショップの紹介なども組み見込まれており、旅行に行ってみたいという読者の気持ちを駆り立てることができます。

旅行会社ならではのコンテンツを多数展開しているのが特徴ですが、旅占いなど読者が楽しめるようなコンテンツを展開しているのも大きな魅力です。どこに旅行に行こうか悩んでいる人は、この記事を参考に行き先を決めることもできます。

JALのコンテンツ

OnTrip JAL

Asana

企業向けのプロジェクトマネジメントプラットフォームを提供するAsanaでは、ワークマネジメントに関する記事コンテンツを主体に紹介しています。1つ1つの記事は短めで読みやすく、多数の記事をチェックすることができるのが大きな魅力と言えます。
著名人へのインタビューなども掲載されており、ビジネスユーザーが参考にすることができる記事がたくさんあります。

また、サイト内にはメルマガ登録のためのフォームが設置されており、登録することで、自分に合うコンテンツを受け取ることができます。動画のコンテンツもあるので、図解などでもわからないものをよりわかりやすく確認することができるのも大きなポイントです。

Asanaのコンテンツ

Asanaのリソースコンテンツ

SNSコンテンツマーケティングと読み物コンテンツ「無印良品」

シンプルな製品が揃い、老若男女様々な層から支持されている無印良品も、自社のサイトでコンテンツマーケティングを展開しています。SNSを使ったコンテンツマーケティングで大成功している無印良品では、ユーザーの希望に合わせたコンテンツの配信や、動画コンテンツを上手に利用しています。例えば自社の洋服を使ったコーディネートや自社の製品を使ったコーディネート特集などをコンテンツとして提供することで、ユーザーに購入後のイメージをつかませて購買意欲を高めることができます。

また、10〜15秒ほどの製品の使い方動画を上げることで、製品にさほど興味を持っていないユーザーも取り込むことができているのです。

また、ホームページ内の読み物コンテンツページでは食や暮らしに関する「良品」をテーマに記事を制作し、各地の生産者の生の声を届けています。

無印良品のコンテンツ

無印良品

無印良品の読み物一覧

ECサイト「北欧・暮らしの道具店」

ECサイトを運営する北欧・暮らしの道具店では、コンテンツありきで仕入れる商品を決めているという斬新な手法を取っています。生活のテーマに合わせてコンテンツを制作しており、そこに仕入れた製品を落とし込んでいるので、いい意味で広告らしさがないのです。そのため、ザ・広告のようなものを嫌うユーザーからも評価されており、多くの人から支持されています。

また、月に30ページ以上の記事を発信している点も大きな魅力。圧倒的な情報量があるので読者も離れにくく、人気のあるサイトへと成長しているのです。

北欧・暮らしの道具店のコンテンツ

北欧・暮らしの道具店のミニコラム

記事から顧客を掴む「Suumo」

住まい探しで有名なSuumoは、賃貸情報だけではなく、内部にリンクを貼ってお役立ち情報ページを公開しています。どんな部屋がいいのか明確に決まっていない読者でも、内部リンクの記事を閲覧することで、自分のニーズを再確認することができます。

その結果、本来のお部屋探しの契約へと流れやすくなっているのです。

Suumoのコンテンツ

Suumoの住まいのお役立ち記事

コンテンツマーケティング実施時のコンテンツ制作アイディアリストと各コンテンツの特徴

コンテンツマーケティングで新しくコンテンツを制作する時は、潜在顧客に向けた価値あるコンテンツや情報を提供することが大切です。
しかし、コンテンツ制作のアイディアが浮かばず制作が捗らないこともあるでしょう。
ここからは、コンテンツマーケティングをおこなうための制作アイディアリスト、各コンテンツの特徴・具体的にどんなコンテンツを制作すればよいかを説明します。

コンテンツのアイディアに困ったときは参考にしてみてください。

自社商品・サービスの紹介コンテンツ

自社商品・サービスの紹介コンテンツは、コンテンツマーケティングの主役として重要な役割を担っています。
自社商品・サービスの紹介コンテンツでは、自社の商品やサービスを利用することで、ユーザーにどんなメリットがあるかをわかりやすく訴求していくことが大切です。
ユーザーはネットで情報を調べてから購入の検討をすることが多いです。WebサイトやSNSなどから信頼できる商品であるかを確かめています。

ユーザーが知りたい情報をくまなくピックアップして伝えることで、有益な情報を提供できます。

自社商品・サービスの紹介コンテンツを作る際は、見込み客に向けた、解決法を伝える内容が理想的です。

アピールポイントを「3つ」など、少数に絞って考えていくと、本当に伝えたい部分も見えてきます。
しかし、長々と自社商品・サービスを語るような内容では、ユーザーも要点を理解できません。
簡潔にまとめて「もっと知りたい」「購入してみたい」とユーザーに自発的に思わせる必要があります。

競合製品との比較コンテンツ

競合製品との比較コンテンツは、ユーザーにわかりやすく特徴を伝えることができ、自社製品の魅力を高めてくれる可能性があります。
比較コンテンツではフラットな立場から、自社製品と他社製品の比較をおこない、メリット・デメリットを包み隠さずしっかり書くようにしましょう。

ユーザー自身が比較しながら良いと感じる製品を見つけることができます。

特性の商品名を挙げたくない場合は「製品A」など、商品名をぼかして比較することもできます。
また、競合製品を必要以上に悪く言う必要はありません。ユーザーにとって役に立つという観点から比較すればユーザーにとっても自社にとってももっとも有益なコンテンツになります。

How toコンテンツ

How toコンテンツは、具体的な製品の使い方や手順、やり方を説明するコンテンツです。

結論を簡潔に記載して、読みやすいコンテンツにすることが大切です。

ユーザーは、すぐに求めている情報を知りたい傾向が高く、最後に結論を書くとそこに辿り着く前に離脱してしまう可能性もあります。
また、メーカー自身が発信したHow to記事は信憑性が高いコンテンツになり、ユーザに安心感を与えられます。

手順がたくさんある場合、箇条書きや表でまとめて「見やすさ」を意識することが大切です。

使い方コンテンツ

使い方記事は、製品の使用方法を記載するコンテンツです。

専門用語は使わず、小学生でもわかる内容を意識することが大切です。

写真や図、イラストや動画を用いると、使用したときのイメージがよりできます。

使い方記事は、すでに「購入したい」気持ちが固まりつつあるユーザーやもうすでに製品を購入したユーザーが見ることが多いです。

購入を後押しする内容や他の製品にも興味をもってもらえるような内容に仕上げていきましょう。

マニュアルコンテンツ

マニュアルコンテンツは使い方や注意点などを手引きとしてまとめたコンテンツです。

使い方や注意点をまだ知らない方に向けて、説明するのに役立つコンテンツです。

難解な手順を説明することも多く、好んで読む人は「少ない」ことをまず意識した上で、読み手のレベルに合わせて、できるだけ簡潔にまとめることが大切です。

特に読んでもらいたい部分は、フォントを変えたり、マーカーを引いたり、太字や色を使ったりすると、重要な箇所がすぐにわかるためユーザーのためになります。

商品・サービスのFAQコンテンツ

商品・サービスのFAQコンテンツは、ユーザーの疑問解決するためにもちいられるコンテンツです。
商品・サービスの魅力も遠まわしに伝えることができるため、最終的に購入・利用につなげるコンテンツマーケティングがおこなえます。

よくある質問は、見やすい場所や上位に表示させることが大切です。
カテゴリー別・キーワードごとにFAQをまとめると、検索もおこないやすいです。

商品・サービスのFAQ記事がしっかりしていると、お問い合わせメール・電話の対応の業務も軽減できる効果があります。

レシピコンテンツ

レシピ記事は、製品の調理方法例を伝えるコンテンツです。
見込み顧客に向けたレシピ記事を作成すると、製品の売り上げアップにもつながります。

チョコレートを扱う会社の場合、チョコレート製品を使った手作りケーキ・クッキーなどのレシピ記事は需要があります。
また、バレンタインなど、イベントに合わせたレシピ記事を公開すれば、バレンタインの時期にレシピを探しているユーザーも取り込めます。
10代のユーザー向け、30代のユーザー向け、など、ターゲット層にあわせたレシピを公開するのも面白いです。

完成例には、食べたくなるような華やかさがある写真を表示させていきましょう。

事例集コンテンツ

事例集は、商品やサービスの前例となる事実を記載していくコンテンツです。
自社製品・サービスの魅力を、説得性を持った内容とともに伝えていきます。

グラフや写真をもちいて、見やすい構造を意識してコンテンツを作っていきましょう。

事例集を読むことでプラスなイメージを持つ内容に仕上げることが大切です。
製品・サービスがどんなことに役立ったか、簡潔にまとめていきましょう。

もちろん、誇張した内容や嘘は記載する必要はありません。

ユーザー評価コンテンツ

ユーザー評価は、製品を利用した人の口コミやレビューをもとに構成されたコンテンツです。
リアルな感想、調査結果を載せ、ユーザーの購買選択をサポートします。

まずは、アンケートやレビューを実地して、ユーザー評価を集めることが大切です。
質問に対して、自由に回答する欄を設けるより、選択肢方式を取り入れた方が回答も集まりやすいです。
また、良い口コミだけを掲載するのではなく、すべての口コミやユーザー評価を掲載します。製品にマイナスな口コミも製品開発に活かせますし、悪い口コミが混じっていても、利用する側としてもリアリティが感じられるため、安心できる傾向があります。

ソリューション記事コンテンツ

ソリューション記事コンテンツは、実際のソリューションをもとにユーザーが製品を使った際のイメージをすることができるコンテンツです。
製品・サービスを利用すると、かかえている問題が解決するかもしれない、ニュアンスを伝えることができます。

1つのソリューション記事のみで、ユーザーが抱えていた問題→製品・サービスを使って解決した、という流れで記事を書いていきます。
先回りして、ユーザーがかかえている悩みを提示する方法もおすすめです。
「私が求めていたことだ」と感じることで、製品・サービスに対して、さらに注目を集められます。

また、過度に悩みを解消するアピールをおこなうと、実際に製品・サービスを利用したときに、顧客と提供者の間に認識のズレが生じやすいため気を付けましょう。

用語集コンテンツ

用語集は、製品・サービスを利用する上で必要となる専門用語をまとめたコンテンツです。
難解な単語や用語の説明を簡潔に提供します。

漢字やアルファベットの場合、読み方も表記してください。

また、使用する場面を予想して、例文なども併せて記載するとユーザーに喜ばれます。
用語がたくさんある場合、五十音順でまとめると検索時に便利です。

ブログコンテンツ

ブログコンテンツは、自社製品・サービスを紹介するための、補助的な役割として活用できます。

新商品が発売したときは、告知として利用できますし、コメント欄を通じて、ユーザーと交流することも可能です。

商品独自の特徴やメリットなどをHow to記事として伝えるのも良いでしょう。

ブログ記事は、開始する目的を明確にすることが大切です。

画像・写真コンテンツ

画像・写真は、使用時のイメージなど、具体的なイメージをふくらませるのに役立つコンテンツです。
視覚から得られる効果は、テキスト以上に多いです。

画像・写真コンテンツで視覚を通して、ユーザーに良い印象を与えることもできます。

自社製品を紹介する場合、複数枚角度をかえて使用しましょう。
多くの写真を利用することで、写真と実物のイメージのズレをなくすこともできます。

また、説明部分に対して、イメージの補助的な役割として活用する方法もおすすめです。

イラスト

イラストは、想像上のものでもわかりやすく表現できる特徴があります。
アプリやソフトウェアを提供している会社は特に多用できるコンテンツです。
ホームページを彩ったり、広告としても活用できます。

犬や猫、人間をモチーフにしたキャラクターのイラストは、万人受けしやすいイラストです。

対象ユーザーを見据えた上で、イラスト作成をおこなうことが大切です。

ホームページのマスコットキャラクターを作成する方法もおすすめです。
キャラクターの知名度が広がるごとに、自社製品・サービスにも注目が集まります。

動画コンテンツ

動画コンテンツは、映像と音声を通じて自社製品・サービスをアピールできる特徴があるコンテンツです。
テキストや写真のみで伝えるより、わかりやすい説明がおこなえます。

動画は、開始数秒以内で興味を惹きつける内容に仕上げることが大切です。
ダラダラと長い説明が続く場合、飽きられて、すぐに別な動画に移られてしまいます。

30分以上など、極端に長い動画を作成する際は目的をはっきりとさせることが必要です。

動画サムネイルも、思わずクリックしたくなる静止画を用意しましょう。
テロップを大きく置くなど、目を惹く工夫をおこなうことが大切です。

インフォグラフィック

インフォグラフィックは、データや情報を、図形や絵に表したコンテンツです。
難解な説明も、わかりやすく伝えられるという特徴があります。

製品の売り出したいアピールポイントを、数字や比較対象を用いて表すことが可能です。

テーマを明確にすると、インフォグラフィックをコンパクトにまとめることが可能です。
原色カラー+ホワイトカラーでまとめると視覚のインパクトもあります。

インフォグラフィックを見た後に、さらに製品を深く知りたくなる構造を目指してください。

Eブック、レポート

Eブック、レポートは、PDF方式で読めるオンライン書籍です。
高価な製品やBtoB向け場合のコンテンツマーケティングに役立ちやすいです。

住宅、金融などの大きな金額が動く製品は、ユーザーは、信頼できる情報・データを見た上で決め手にしたいと感じます。

オンライン書籍となるため、ボリュームは少ないより多いほうが読み応えはありますが、いらない情報を羅列する場合、不信感を与えます。
読みやすいように見出しをつけて、項目ごとに何を伝えたいか明確にしましょう。
イラスト・画像を活用しても、わかりやすい説明ができます。

流れとしては、ホームページ上で、ユーザーが必要とする製品の情報を提示して、満足度を高めることを目指してください。
次に、会員登録をおこなうとEブック、レポートが無料ダウンロードできると伝えていきます。
ユーザーにメリットがあるサイトと受け取られると、会員登録をおこなうハードルも低くなりやすいです。
登録したメールアドレスに、定期的に広告をかねたメッセージを送っていきます。

対価を与えて、ユーザーに登録を促す方法は、無理やり感がありません。
納得して登録をおこないやすいです。
Eブック、レポート作成は、特に力を入れていきたいコンテンツです。

ウェビナー・オンラインセミナー

ウェビナーは、Webとセミナーを組み合わせたワードで、ネット上で動画セミナーを閲覧できるコンテンツです。
見込み客に、ネットを通じて製品の魅力をアピールできます。

ウェビナーをおこなう場合、ユーザーには目標となるゴールを最初に提示することが大切です。
ワクワクする気持ちを芽生えさせると、最後まで聞こうとする意欲を生みます。

自社製品・サービスを利用した具体的なプラスエピソードを交えて、最終的には、ユーザーに決断を委ねる図を目指しましょう。

ウェビナーは、ユーザーとの関係もオンライン上で築きやすいため、長期的なファンを作ることに適しています。

Eメールニュースレター

Eメールニュースレターは、メールを通じて、製品の宣伝、告知をおこなうコンテンツです。
ホームページにアクセスを誘導する役目もあります。

半自動的に送れるコンテンツではあるものの、開封せず削除されることが多いので、ユーザーの目を惹くタイトル・件名で送ることが大切です。
ユーザーにとって有益な内容を記載すると、クリック率も上がります。

「1,000円クーポン配布」「全品50%オフ」など、数字を表記すると、説得力も増します。
「このメールを受け取った方限定」と記載しても、購買支援をおこなえるでしょう。

Eメールニュースレターは、配色やレイアウトにもこだわっていきましょう。
最終的には、定期的にメールを開封・ホームページ訪問を目指すことが大切です。

SNS投稿

SNS投稿は、リアルタイムでコンテンツ情報を届けやすい特徴があるコンテンツです。
費用をかけなくても、ユーザーの目に止まると、拡散力も強いです。

利用するサービスごとに、ユーザーの年齢層が異なるため、ペルソナを意識することが大切です。

SNS投稿は、知名度やエンゲージメントを上げるために、毎日の投稿が欠かせません。
トレンドタグと製品のアピールポイントを掛け合わせた投稿ができると、フォロワーも増える見込みがあります。
売り上げアップに必要な、ファンを集める役目としても効果があります。

SNSのライブ配信

SNSのライブ配信は、映像からセールスコンテンツの魅力を伝えることができるコンテンツです。

スマホのカメラなど使って撮影をおこなえば、距離が近い分、ユーザーに親しみを与えられます。

サービスにおいては、ユーザー層にも偏りがあるため、ペルソナを明確にした上で活用しましょう。
ファッション関係の製品なら実際に着たり、身に付けたりすると、宣伝効果があります。
インフルエンサーの方がおこなうことで、視聴者数もアップする期待が持てます。
視聴者からのコメントを受けて、ライブ配信中に返すと一体感が生まれやすいです。
製品・サービスの良い面をピックアップして伝えるより、純粋に使用して、楽しんでいる姿を見せるようにしましょう。

QandA形式のインタビュー記事コンテンツ

QandA形式のインタビュー記事は、ユーザーインタビューや専門家との対談をもとに作成されたコンテンツです。
専門性が強い内容などは、専門家へのインタビュー記事でユーザーへ深い情報を提供できるだけでなく、自社内の知識もアップデートすることができます。
また、インタビューをおこなった方が独自に宣伝してくれる場合もあります。その場合は多くのユーザーに見てもらえる効果が期待できます。

インタビューの形式を「対談形式」「一人称形式」「三人称形式」のどれかにまとめるようにしましょう。
項目ごとに文体が異なると、読み手に違和感を与える可能性があります。

対談形式は、会話形式ですすみます。
インタビュー時の快活とした雰囲気を伝えやすいです。
キャッチーな製品をアピールするのに適しています。

一人称形式は、インタビューをされる方自身が話を語る形式ですすみます。
人柄や個性を伝えやすいです。
自社製品・サービスを生み出した方におこなうのが良いでしょう。

三人称形式は、取材内容に取材者の気持ち・意見を反映する形式ですすみます。
製品の信頼性を高めるために適しています。

売り出したい製品ごとに、インタビュー方式を変えていきましょう。

コンテンツマーケティングの費用はどのくらいかかる?

コンテンツマーケティングにかかる費用というのは、どこのレベルから始めるかによって変わってきます。
自社ですべてを内製すればもちろん費用は無料です。

コンテンツ制作会社にいらいするばあいは月額の運用費10万~30万円程度+1コンテンツの制作費が2万円~10万円程度の相場感が多いかと思います。もちろんコンテンツの内容や運用内容(サイトの分析や新しいコンテンツの提案、動画撮影やインタビューがあるかどうか)などにかなり左右されますので、外部に依頼する場合は、どこまでを依頼するかをはっきりさせておく必要があります。

新規でメディアを立ち上げる場合には、サイトの構築の費用、運営も外部に任せる場合には、運営費もかかり、高額になる場合もあります。自社で行う余裕があればもっとコストは抑えられますので、自社の内情を踏まえた上で検討しましょう。

コンテンツマーケティングを取り入れる

従来のマーケティングはアウトバウンドマーケティングが一般的でしたが、アウトバウンドマーケティングでは新規顧客の獲得が徐々に難しくなってきています。

ユーザーは、購入前にほとんどの情報をインターネットから入手しており、ユーザーの89%が製品購入前にホームページで情報を検討しています。

コンテンツマーケティングはユーザーが知りたい情報を継続的に発信することで「ホームページへの入口を作り商品の購入につなげる」、注目のマーケティング手法の1つです。

中小規模の企業でも、コンテンツマーケティングを行う企業も増えてきています。

コンテンツマーケティングは優良なコンテンツが主役となるため、取り掛かりが早ければ早いほど他社に先駆けて優位なポジションを取れるという特徴があります。

より良いマーケティングを展開していきたいと考えるすべての企業が、コンテンツマーケティングを導入すべきだと、横浜デザインビューロは考えています。

コンテンツマーケティングを実践すると、ビジネスが飛躍的に発展します。

多くの中小企業がコンテンツマーケティングによって、以前よりも多くのトラフィックや見込み客を獲得しています。

コンテンツマーケティングに取り組むことで「画期的な集客システムを構築すること」が可能となります。

横浜デザインビューロはコンテンツマーケティングの設計から分析、継続的なコンテンツの制作まで一括してコンテンツマーケティングの代行が可能です。業界向けのBtoBコンテンツから消費者向けのBtoCコンテンツまで、幅広い業界のコンテンツ制作実績があります。コンテンツマーケティングに関するご相談やお困り事など、お気軽にお問い合わせください。

横浜デザインビューロのコンテンツマーケティング