ターゲットユーザーとは?決め方やターゲット層の設定方法や分類、目的、ターゲットユーザーとペルソナの違い、コンテンツマーケティングへの活用などを詳しく説明します。

横浜デザインビューロ
ターゲットユーザー

ターゲットユーザーとは、売り出したいサービスや作成予定のコンテンツの利用者層や読者層のことで、ターゲットユーザーを決めることで商品開発や新コンテンツ制作時にブレがなく一貫した方向性でプロジェクトをすすめることができます。

ターゲットユーザーと商品とのニーズの間にズレが生じると、商品が売れなくなる可能性やせっかく作ったコンテンツが読まれない可能性があるため、ターゲットユーザーはプロジェクトの初動段階で慎重に設定する必要があります。

今回は、ターゲットユーザーの設定の目的や決め方、重要性についてご紹介いたします。

ターゲットユーザーの決め方を知りたい方、ターゲットユーザーを商品開発やコンテンツSEO、コンテンツマーケティングに活用したい方はぜひ参考にしてみてください。

ターゲットユーザー – 目次

ターゲットユーザーとは?

ターゲットユーザーを設定する目的

ターゲットユーザーの設定は商品開発やコンテンツマーケティングを行う際になぜ重要?

ターゲットユーザーを設定するメリットは?

ターゲットユーザーの種類

ターゲットユーザーの決め方や設定方法・やり方と手順

ターゲットユーザーの具体例

ターゲットユーザーとペルソナの違い

ペルソナの具体例

ターゲットユーザーを商品開発やコンテンツ制作に使用する

ターゲットユーザーのまとめ

ターゲットユーザーとは?

ターゲットユーザーとは、サービスや商品を利用するユーザー像を具体的に定めることを意味します。
ターゲットユーザーを設定し想定されるユーザーを絞り込むことで、ニーズに合うユーザーに商品を届けやすくなり、コンテンツマーケティングをはじめとしたマーケティング戦略においても活用することができます。
大まかには「性別」「年齢」「職業」など、具体的な設定をおこないます。
場合によっては「趣味」や「家族構成」まで、考える場合もありますし商品やコンテンツ毎に細かくターゲットユーザーを定める場合もあります。
商品開発やコンテンツマーケティングをおこなう上で、ターゲットユーザーを設定することでユーザーが求める商品やコンテンツを制作することができます。

ターゲットユーザーとは

ターゲットユーザーを設定することで商品やコンテンツの方向性をしっかりと定めることができます。

ターゲットユーザーを設定する目的

ターゲットユーザーを設定する目的は、商品やサービス・制作するコンテンツとユーザーとのニーズのズレが生じてしまうことを防ぐことです。

ターゲットユーザーを明確に設定することで、新規コンテンツを制作する際にコンテンツの内容にずれがなくなります。例えば、複数のライターさんがコンテンツを書く場合は特にターゲットユーザーをコンテンツ毎に設定しておけばコンテンツにずれがでませんし、それぞれのコンテンツで想定される読者にむけて記事を書くことができます。

コンテンツマーケティングであれば、ターゲットユーザーに響くコンテンツを提供し、ユーザーの満足度が高められると、継続してコンテンツを閲覧してくれる可能性が高まり、検索エンジンでのインプレッションも高まります。

ターゲットユーザーを設定する目的

ターゲットユーザーを設定することで商品・サービス・コンテンツとユーザーとのズレを防ぐことができます。

ターゲットユーザーの設定は商品開発やコンテンツマーケティングを行う際になぜ重要?

ターゲットユーザーの設定は、ユーザーのニーズにあった高品質な商品やコンテンツを提供する上で、重要な役割があります。自社商品・サービスも単体だけでは光ることがなく、利用者がいて、はじめてビジネスが成り立つものです。

コンテンツ制作の際にありがちなのが、商品・サービス提供者の主観的すぎる意見が多すぎで、ユーザーに伝えたいメッセージが伝わらなくなるケースです。

ターゲットユーザーを設定することで、客観的に自社商品・サービスを見直すことができ、コンテンツもユーザーに響く内容で制作することができます。

ターゲットユーザーを設定し良質なコンテンツを提供していくことで、自社や商品のファン獲得にもつながりやすいです。
そのため、コンテンツマーケティングをおこなう場合は具体的なターゲットユーザーの設定が欠かせません。

ターゲットユーザーはなぜ重要?

ターゲットユーザーを設定することで主観的な内容のコンテンツになりすぎず、ユーザーの心に響くコンテンツを制作できます。

ターゲットユーザーを設定するメリットは?

ターゲットユーザーを決めると、商品提供者、使用者どちらに対しても利点があります。
ここでは、ターゲットユーザーを設定するメリットについてご紹介いたします。

商品のアピールポイントがわかる

1つ目は、ターゲットユーザーを設定すると、サービスのアピールポイントがわかることです。
ターゲットユーザーを設定することでコンテンツ制作の際に商品の特徴を掘り下げやすくなり、商品の魅力やアピールポイントもわかりやすくなります。
例えば、ファッション系アイテムで男性女性とも使用できる商品の場合、コンテンツ制作の際のターゲットユーザーを女性向けとし設定した場合は、コンテンツは女性向けにおすすめできるポイントや特徴を訴求し、女性向けに合わせた内容でコンテンツを制作できます。逆に男性をターゲットユーザーにした場合は逆に男性に向けた特徴やポイントをアピールできます。

ターゲットユーザーを設定し、商品のアピールポイントを絞ることで、ユーザーにピンポイントに届くコンテンツが制作できます。

社内の考えのズレを防げる

2つ目は、ターゲットユーザーを設定すると、社内で情報が共有できるため、訴求ポイントのズレを防ぎやすくなることです。
サービスを複数人で展開している場合、人数が多くなるほど、意思疎通が円滑にとりにくくなります。
ものの捉え方は人それぞれとなるため、一つのサービスに向き合う中でも、多種多様な考えを思いつきやすいです。
「チョコレート」こそ「女性は甘いものが好き」の先入観から、無意識のうちに男性向けの可能性を打ち消す場合があります。
言葉として明確に表すと、社内で情報共有もおこないやすいです。
ターゲットユーザーを設定することで、社内で認識のズレをなくすことができます。

客観的な意見が持てる

3つ目は、商品に対して客観的な意見が持てることです。
より良いサービスを提供しようと考えるほど、利用者目線から離れる傾向があります。
例えば、利用者としては「シンプルさ」を求めているのにサービス提供者は便利な機能を搭載して「詰め込み」すぎている状態が例として挙げられます。
視野が狭いと、サービス展開も失敗に終わることが多いです。
客観的な目線を持つと、落ち着いて物事を考えられます。
「今すぐサービスを使いたい」ユーザー向けか「潜在的に利用したいと感じている」ユーザー向けかなどを考えることで客観的に商品・サービスを眺めることができます。
コンテンツマーケティングをおこなう場合、ターゲットユーザーを設定すると、サービスに対して視野が広く持て、商品開発にも活かすことができます。

ファン獲得につながる

4つ目は、継続的に利用してくれるファンが獲得できることです。
利用者のことを第一に考えているサービスは、満足度も高いです。
ユーザーが他の製品に目移りすることも防いでくれます。
継続してファン獲得を目指すなら一過性のユーザーから支持を得るより、長期的なファンを獲得する方が効率的に良いと言えます。
例えば「プリクラ」は「女性 10代〜20代 学生」をターゲットユーザーに設定し、「綺麗に撮りたい」「仲良くなるためのツールとして使いたい」などのユーザーの気持ちを掴み、美肌に見える機能を搭載したり、通学で目につく場所に機械を設置したりする手法でロングセラーの商品となっています。

ターゲットユーザーを明確に定めることで、継続的に利用してくれるファン獲得につながります。

ニーズに合う機能の追加がおこなえる

5つ目は、サービスをアップデートする上で役立つことです。
今以上にサービスの魅力を高めていきたいなら、コンテンツや商品をバージョンアップしていくことが必須です。
ターゲットユーザーが定まっていないと、ユーザーが求めていない余計な機能を追加してしまったり必要な機能の開発が遅れたりなどしてしまう可能性があります。
また、ニーズとずれた商品開発を行うことでもともとのファンの反感を買い、結果的にサービスの満足度が低下する可能性もあります。
例えば、ラーメンの美味しい店を紹介していたサイトが、急に美味しいイタリアンのお店を紹介し始めたらユーザーは「え?」とした気持ちになります。別なサイトを利用しようという気も起こるでしょう。良かれと思ったアップデートが、無駄に終わることがあります。
ターゲットユーザーが「20代〜30代 男性 サラリーマン 美味しいラーメン屋さんを探している人」の場合「ラーメン」のトピックは変えずに「駅から通いやすい、スタミナがつくラーメン」のカテゴリを追加するなどのアップデートの方がターゲットユーザーの役に立ちます。
ターゲットユーザーに沿った、サービスの追加をおこなうことで、利用者の満足度も高まりやすいです。

ターゲットユーザーを設定するメリット

ターゲットユーザーを設定することでユーザーと商品の間のズレを無くし、社内外の方向性もまとめることができます。

ターゲットユーザーの種類

ターゲットユーザーの種類はたくさんの項目で仕分けることができ、適切に使い分けることでより細かく絞り込めます。
主に「年齢」「性別」を含めた「地域」「学歴」「所得レベル」「企業or一般ユーザー」などでくくることができます。

年齢、性別でおおまかなターゲットユーザーが絞れます。
地域ごとに、特色、交通の利便性は異なるため、商品・サービスに合わせてしっかり設定することが大切です。
物を売るサービスは特に、学歴、所得レベルも抑えておく必要があります。
サービスにかけるお金も企業or一般ユーザーでは、大きく異なります。

また、ターゲットユーザーの心理状態を明確に表すことも大切です。
人は「年齢」「性別」などの項目のみで、分類されるものではなく、多種多様な価値観を持ちます。

「スイーツ」を購入する場合「自分で食べたい」「贈り物をしたい」「レシピが知りたい」など、向き合う気持ちは一人一人違うでしょう。
もともと「甘いものが好きな方」「甘さ控えめなスイーツが好きな方」にもわけられます。

また、ターゲットユーザーを設定する商品やコンテンツによってもターゲットユーザーの種類は変わってきます。

例えば、商品の魅力を伝える商品ページ的なコンテンツや商品の使い方を説明するコンテンツなどは商品をまったく知らない非認知層向けのコンテンツとなるのでターゲットユーザーも商品をまったく知らないユーザー、自社のことを知らないユーザーとなります。そして、コンテンツの内容や書き方も商品を知らないユーザーに向けて平易な文章でライティングする必要があります。

逆に、すでに商品を持っているユーザー向けに、商品のより詳しい使い方や隠れた機能などを説明するコンテンツは、より商品を知っている認知層へ読んでもらいたいコンテンツなので、ターゲットユーザーも商品を知っておりかなり使い込んでいる、そしてさらに新しい使い方を知りたいと思っているユーザーになります。

ターゲットユーザーの種類

ターゲットユーザーの種類はたくさんありますが、明確に絞るほど、売り出したい利用者像がわかりますし、作るべきコンテンツも明確になってきます。

ターゲットユーザーの決め方や設定方法・やり方と手順

ターゲットユーザーは、最初はおおまかな設定を決めることが大切です。
ここでは、ターゲットユーザーの決め方や設定方法、やり方と手順についてご紹介いたします。

商品やコンテンツを設定する

まずは、ターゲットユーザーを設定する必要がある商品やコンテンツを設定します。理想的には一つの商品に一つのターゲットユーザーを設定すればブレがなく商品開発が行え、コンテンツマーケティングを行う際も、1コンテンツに対して一つのターゲットユーザーを設定できるのでライティングのブレを防ぐことができます。

「性別」「年代」から設定する

商品やコンテンツが決まったら、まずは「性別」「年代」をおおまかに設定します。
おおまかな項目から、詳細の設定を導き出した方がスムーズです。
「男性 20代」「女性 30代」など、ざっくりとで良いのでサービスを利用するターゲットユーザーを考えていきましょう。
場合によっては「男女 20代〜30代」と設定することもありますが、なるべく性別、年代はわけるなど、絞った考え方をおこなうことが大切です。
みんなに受け入れられる形を目指しすぎると、考え方もまとまりにくくなりますし、結局誰にも響かなかったといったことはよくあります。
例として「ゲーム」なら「男性 10代」「バッグ」なら「女性 20代」などと考えることができます。
念入りに考えるより、パッと頭に浮かんだ情報を記載した方が、ニーズのズレを防げる場合があります。
ターゲットユーザーは「性別」「年代」を考えるところから始めていきましょう。

「職業」を設定する

「性別」「年代」のあとは「職業」を設定していきましょう。
「サラリーマン」と「学生」の場合、生活環境はまったく異なります。
職業を設定したあとは、1日のスケジュールを整理した上で、サービスとの関わり方について考えていきましょう。

仮想ユーザーモデルを設定する

ターゲットユーザーのイメージを深めるために、仮想ユーザーモデルを設定していきましょう。
設定内容に、根拠が出てきます。
「ペルソナ」とも記載されることがあります。

プロフィールを作成するイメージを持つと、情報を整理しやすいです。
「男性 17歳 学生 横浜在住で塾に通っている スポーツ観戦が趣味で YouTube好き」の仮想ユーザーモデルの場合「短時間で楽しめる、スポーツ系のゲーム」の商品設計が浮かびやすいです。

また「女性 24歳 OL 大阪在住 コスメ好き トレンドに敏感 猫を飼っている」の仮想ユーザーモデルの場合「傷がつきにくい、オシャレなのに他に類を見ないバック」の商品設計が浮かびます。

具体的な仮想ユーザーモデルを設定することで、ニーズに合うサービスを提供しやすくなります。

「状況」「心理状態」を設定する

明確なターゲットユーザーを設定したい場合「状況」「心理状態」の項目も重要です。
現状に満足している方は、新たなサービスには手を伸ばしにくい特徴があります。
「要望」がある方こそ、サービス利用に適したユーザーです。

例えば「ゲーム」を購入したい方は、状況として「初めてゲームをする方」「他社と比較して面白いゲームを買いたい方」「ゲーム会社〇〇のファンの方」などにわけられます。
心理状態としては「暇つぶしのアイテムが欲しい」「友人と楽しめるゲームが欲しい」「出来が良いゲームをプレイして感動したい」などがあるでしょう。

状況、心理状態の数だけターゲットユーザー像が定められます。
商品の価値の提供の仕方でユーザーの満足度も変わります。
心の隙間を埋めることを目的とした上で「サービスを利用したいと考える人」の「状況」と「心理状態」を設定してください。

ターゲットユーザーの決め方

まずは、ターゲットユーザーを決めるべき商品やコンテンツを想定し、逆算してニーズをもっているユーザーを絞り込んでいきます。ターゲットユーザーを絞り込むことで長期の商品開発時のブレをふせぎ、コンテンツの内容や書き方も一貫性を持ったものになります。

ターゲットユーザーの具体例

ここでは、ターゲットユーザーの具体例についてご紹介いたします。

コスメサイト

コスメサイトを制作する上での、ターゲットユーザーを設定します。

「女性 40代 専業主婦 関東 短大卒 夫の年収は400万円台 一般ユーザー」と分類をおこないます。

状況は「コスメサイトは複数使い分けている」です。
心理状態は「40代に合う化粧品が知りたい」「アンチエイジング対策に役立つコスメが知りたい」となります。

他サイトと差別化を図りながら、わかりやすく年齢や用途に合わせた、コスメサイト制作に取り掛かれます。

恋愛サイト

恋愛サイトを制作する上での、ターゲットユーザーを設定します。

「男性 20代 サラリーマン 関西 大卒 年収は300万円台 一般ユーザー」と分類をおこないます。

状況は「恋愛サイトはあまり利用したことがない」です。
心理状態は「恋人が欲しい」とします。

男性向けの恋愛ノウハウを伝えながら「恋人ができる」明るい印象を伝える、恋愛サイト制作に取り掛かれます。

ターゲットユーザーとペルソナの違い

ターゲットユーザーとペルソナの違いは、設定内容の深さです。
ターゲットユーザーはサービスを利用する属性を考えることを指します。
ペルソナは、特定のユーザー像を設定することです。

抽象的となるのがターゲットユーザー、具体的となるのがペルソナです。
コンテンツマーケティングをおこなうときは、どちらの項目も重視します。
ターゲットユーザーとペルソナの違いを覚えた上で、使い分けをおこなうことが大切です。

ペルソナの具体例

ここでは、ペルソナの具体例についてご紹介いたします。
場合によっては、名前まで設定して具体的な人物像を描いていきます。

男性のペルソナの具体例

男性のペルソナの具体例は以下となります。

竹本真司
男性
35歳
サラリーマン
建築関係の仕事
地方都市に住む
妻(32歳)と長男(4歳)長女(2歳)の4人家族

車の運転をするのが好き
新しい車が欲しいと思っている
周りの友人も車好きの人が多い

妻は車を買うことにあまり乗り気ではない(自身の趣味・見た目重視の車を選んでいるから)
ファミリーカーなら意義はない

妻とは仲が良い方だと思っているけど、喧嘩をすることもある(内容は車関連が多い)

情報収集は主にスマホから
SNSで気になる車種をよく検索している

新車のCMが流れると目が釘付けになる

車を買うなら、妻が後押ししてくれるものを買いたい
でも、自分の趣味も譲れない気持ちがある

具体的な人物像を描いていきます。

上記の例は「車」のコンテンツマーケティングをおこなう上で設定したいペルソナとなります。

女性のペルソナの具体例

女性のペルソナの具体例は以下となります。

高橋唯香
女性
20歳
大学生
飲食店でアルバイトをしている
都内に住む
父(55歳)母(50歳)妹(18歳)の4人家族

大学生になったらキラキラした毎日が待っていると思ったけど、そうでもなかったことに絶望中
妹には彼氏がいる(休日のたびにどこかに遊びに行っているのを羨ましいなと感じている)

垢抜けたいと感じているけど、どうして良いかわからない
妹に服を借りたりするけど、いまいち格好がつかない

バイト先で気になる人がいるけど、恋かどうかわからない
自分を変えたいと感じている

妹に美容・恋愛の相談をしたい気持ちはあるものの、笑われそうでできない(姉としてのプライド)

具体的な人物像を描いていきます。

上記の例は「美容・恋愛」のコンテンツマーケティングをおこなう上で設定したいペルソナとなります。

ターゲットユーザーを商品開発やコンテンツ制作に使用する

ターゲットユーザーを設定したあとは、コンテンツ制作に取り入れることが大切です。
ユーザー目線を意識した、魅力的なサービス制作がおこなえる期待があります。
制作過程に迷ったときは、ターゲットユーザー像を思い返してください。
目指すべきものを見据えることで、コンテンツ制作でニーズのズレが生じることも防ぎます。

ターゲットユーザーのまとめ

ターゲットユーザーを設定することで、魅力的な商品やコンテンツの制作ができます。
利用者の定義が曖昧だと、何のために製作するサービスであるか、迷いが生じます。
ターゲットユーザーが明確であるほど、コンテンツマーケティングとしても、ファンの獲得につながりやすいです。
今回は、ターゲットユーザーの設定の目的や重要性、決め方についてご紹介いたしました。

横浜デザインビューロでは、Webマーケティングに関するHow toやコンテンツマーケティング、コンテンツSEOに関するお役立ち情報も発信しています。業界向けのBtoBコンテンツから消費者向けのBtoCコンテンツまで、コンテンツマーケティングの設計から分析、継続的なコンテンツの制作まで一括して行って得られた知識と幅広い業界のコンテンツ制作実績をもとに有益な情報を発信しています。

Webマーケティングを始めたいが何から手をつけたら良いかわからない、予算感やどのくらいの手間がかかるかわからない、どんなコンテンツを作ったらわからない、競合チェックのやり方がわからない、やコンテンツの改善を考えているがどこを改善したら良いかわからない、キーワードチェックのやり方がわからない、など、マーケティングに関するお悩みをお持ちの場合は是非チェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめです

コンテンツマーケティングとは

コンテンツSEOとは

キーワードリサーチとは

SEOとは

ウェブマーケティングとは

良いホームページとは

オウンドメディアマーケティングとは

SNSマーケティングとは

ブランドとは

競合分析とは

アフィリエイトマーケティングとは

ターゲットユーザーに関するFAQ

ターゲットユーザーとは?2021-07-01T17:01:47+09:00

ターゲットユーザーとは、サービスや商品を利用するユーザー像を具体的に定めることを意味します。
ターゲットユーザーを設定し想定されるユーザーを絞り込むことで、ニーズに合うユーザーに商品を届けやすくなり、コンテンツマーケティングをはじめとしたマーケティング戦略においても活用することができます。大まかには「性別」「年齢」「職業」など、具体的な設定をおこないます。

ターゲットユーザーの決め方は?2021-07-01T17:06:00+09:00

ターゲットユーザーの決め方は、まず、ターゲットユーザーを設定する商品やコンテンツを設定し、その商品に基づき「性別」や「年代」、どんな悩みを持っているか、ニーズなどを設定していき、必要に応じて「職業」や「地域」など、よりターゲットとなるカテゴリを狭めていきます。

ターゲットユーザーとペルソナの違いは?2021-07-01T17:07:52+09:00

ターゲットユーザーとペルソナの違いは、設定内容の深さに表れます。
ターゲットユーザーはサービスを利用する属性。
ペルソナは、特定のユーザー像を設定すること、と言い換えるを分かりやすいです。

抽象的となるのがターゲットユーザー、具体的となるのがペルソナです。

キーワードで探す

コンテンツマーケティング
コンテンツSEO
Webマーケティング
良いホームページ
ターゲットユーザー
SEO
オウンドメディアマーケティング
SNSマーケティング
競合分析
ブランド
アフィリエイトマーケティング
ホームページ
業種別おすすめコンテンツ
コンテンツマーケティングの成功事例
インフルエンサーマーケティング
リスティング広告
SEO成功事例
Go to Top