ウェブマーケティングとは?ウェブマーケティングの必要性・重要性とは!

横浜デザインビューロ-ロゴ
ウェブマーケティングとは?ウェブマーケティングの必要性・重要性とは!

ェブマーケティングとは、インターネットを使って集客をし、インターネット上で商品・サービスを購入してもらうようにマーケティングすることです。

「集客を増やして売上げをアップさせたいけど解決策が見つからない」

「ホームページはすでに持っているけど、アクセス数もほとんどない」

こんなお悩みや疑問をお持ちの中小企業の経営者の方も多いのではないでしょうか?

IT化が進む現代、日本にインターネットが登場してから20年あまりが経ちました。ウェブはいまや購買活動やマーケティング活動に欠かせない存在で、ウェブを用いたマーケティングも盛んに行われています。

しかし、中小企業がウェブマーケティングに本格的に取り組み始めたのは比較的最近のことですので、ウェブマーケティングについてよくわからないという中小企業の経営者の方々も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、マーケティングとは、ウェブマーケティングとは何か、ウェブマーケティングの目的と必要性、ウェブマーケティングの重要性などについて、ご紹介します。

マーケティングとは?

そもそもマーケティングとは何でしょうか?

有名な経営学者のピーター・F・ドラッカーの言葉によると「マーケティングの理想は販売を不要にすることである」と言っています。

つまり、販売活動をしなくても商品が売れる状態になるのがマーケティングの理想です。

言い換えれば、マーケティングとは、「モノが売れる仕組みを作る」ことです。

ウェブマーケティングとは?

「ウェブマーケティング」は、数ある「マーケティング」手法のひとつです。

「ウェブマーケティング」とは、ウェブサイトやウェブサービスを用いて行われるマーケティングのことです。

簡単に言うと、ウェブ上でインターネットを使って集客をし、インターネットで商品・サービスを購入してもらうようにマーケティングすることです。

つまり、ウェブマーケティングとは、ウェブを使って、売り込みをしなくても物が売れる状態(仕組み)をつくり出すことです。

また、ウェブマーケティングの強みは、施策の結果を全て数値で管理出来るという点です。

紙媒体であれば、どこで購入して、どのページをどのくらい読まれたかというのは計測するのは非常に難しいですが、ウェブマーケティングであれば、どこから来て、誰が・どのページを・何回・何秒滞在したか、などの情報を計測することが出来ます。

ウェブサイトを作っただけでは集客できません。

ウェブサイトを作り、広く認知させ、常にウェブサイトを改善してくことが大切です。

ウェブマーケティングの目的とは?

なぜウェブマーケティングをやるのか。

それは、ウェブマーケティングを行うことで、日本国内だけでも1億人以上が利用してる莫大な数のインターネットユーザーの中から、新しい見込み客を獲得できる可能性があるからです。

紙(新聞・雑誌)やテレビ、ラジオなどの媒体で獲得できない、増え続けるインターネットユーザーを新たな見込み客として取り込むことがウェブマーケティングの目的です。

なぜウェブマーケティングが必要なのか?

スマートフォンの爆発的な普及により、いつでもどこでもインターネットへのアクセスが可能となりました。企業の様々なプロモーション活動により認知を獲得し、商品に興味・関心を抱いた消費者は、消費者自らの手で、その後必ずウェブサイトへとアクセスします。

また、現在では、ウェブサイトから発信された情報が、SNSを経由し拡散され、消費者の購買意思決定プロセスにおいて大変大きな影響を与える様になってきました。

検索行動が生活の一部となったことにより、情報は消費者自らの手で検索される時代となったのです。

こうした環境を踏まえ、よりしっかりとウェブマーケティングをマーケティング活動に活かそうといった取り組みが活発化しています。

自発的に訪問してくれた消費者に対して、リアルタイムで魅力的な情報を提供し、積極的かつ直接的なコミュニケーションを図っていくことが、特に中小企業のマーケティング活動には求められています。これこそがウェブマーケティングが必要な理由です。

ウェブマーケティングの重要性とは?

アドビシステムズ株式会社は、2014年10月に実施・2015年2月に発表した企業のウェブサイトなどのデジタルメディアが消費者の購買行動にどのような影響を与えているかに関する調査結果を発表しました。

その結果、テレビや新聞、雑誌を見て気になった商品情報をウェブサイトで調べる消費者が88.3%、店頭で気になった商品をパソコンやスマホで調べる消費者が52.3%、ウェブサイトが期待に応えていない場合に商品の購入や情報収集を中断してしまう消費者が62.6%であることが判明しました。

また、「ニュースサイト/ポータルサイト」が+29.1、「ソーシャルメディア」が+24.6、「企業のウェブサイト」が+17.0とそれぞれ増加しているのに対し、「テレビ」が-5.9、「新聞」が-20.8、「雑誌」が-22.8など、従来メディアはどれも減少傾向となりました。

参照元:Adobe

この調査結果からも分かるように、現代では消費者が何かのサービスを利用するときに、ウェブで情報を検索してそこで見つかった情報を元にサービスを利用をするというケースが多いのです。

つまり、ウェブマーケティングが不十分だとそのようなニーズを獲得することができずに競争に負けてしまうことになります。

一昔前のように良いものは自然と口コミで広まるという時代ではなく、どれだけ上手にウェブマーケティングをすることができるのかが重要視される時代になりました。

ですから、ネット戦略を軽視するとあっという間に取り残されてしまうことになります。

消費者の多くがウェブを参考にする時代、ネット戦略を軽視することは中小企業にとっては非常にリスクの高いものとなってしまいます。

これを考えるといかにウェブマーケティングが重要だということがわかると思います。

ウェブマーケティングについて考えてみよう

ここまで、マーケティングとは、ウェブマーケティングとは何か、ウェブマーケティングの目的、必要性、ウェブマーケティングの重要性などについて、ご紹介してきました。

商品やサービスに興味を持ってもらうことができても、ウェブ上の情報が少なかったからと言うだけで候補から外れてしまう時代です。

中小企業が売上アップを考えるのであればウェブマーケティングは絶対に欠かすことができないものです。

今一度、中小企業の経営者の方、ウェブマーケティングについて考えてみませんか。

横浜デザインビューロのウェブマーケティング