業界別おすすめコンテンツ

横浜デザインビューロ
業界別おすすめコンテンツ

コンテンツ制作をおこなう場合、提供している商品やサービスに紐付いたコンセプトの主軸をしっかりとさせることが大切です。
限られた予算や時間のなかで会社・商品の魅力を高めるためにはどんなコンテンツが中心となってくるのか、コンテンツ設計が重要になります。
今回は、業界別に中心となるコンテンツやおすすめコンテンツ例についてご紹介します。

BtoB企業

BtoB企業は、自社のセールスポイントを論理的に伝えるコンテンツを中心に制作をおこなうことで、顧客の信頼感を高めることができます。

ソリューション毎のケーススタディや論文を引用したホワイトペーパー、サービスや業界特有のノウハウ、商品の活用例、導入事例などのコンテンツで、自社製品を使用したイメージを持ちやすくなります。
BtoB企業向けのWebサイトの閲覧ユーザーは基本的にはBtoB企業に限られるので、閲覧ユーザー数は比較的少ない傾向があります。リード発生からサービス導入までも時間がかかる傾向があるので、納得を得られる内容に仕上げる必要があります。

サービスや商品を導入することでどんなメリットがあるか、どんな悩みを解決できるのかを数字や事例をもとに分かりやすく提示することが大切です。

BtoB企業のコンテンツ制作は、ターゲットユーザーである「企業の担当者」を意識してコンテンツを作り上げていきます。

BtoC企業

BtoC企業は、ターゲットとなる層を明確にした上で、商品の購買意欲を促進させるコンテンツ制作をおこなうことが大切です。
良質なコンテンツに触れれば触れるほど、ユーザーは商品に対して興味を抱きやすくなります。

例えば、食品を提供している企業なら、コンセプトに沿って食品に関する情報を提供していきます。レシピ情報や商品情報、食品に関する歴史、コラム、使用例、購入できるお店などを記載していきましょう。

BtoC企業は、商品に興味を抱いてから購入を検討するまでの期間が早い傾向があります。
一つのアイテムの単価が低く抑えられている理由もあり、多くの人に興味を抱いてもらう必要があります。

BtoC企業のコンテンツ制作は、ターゲットを明確にした上で、商品の魅力を伝える内容に仕上げるとともにいかに多くの人に見てもらうかを意識することも大切になってきます。

食品業界

食品に関するコンテンツは、ユーザーに「美味しそう」「食べてみたい」と感じてもらうことがコンテンツの中心となってきます。

商品の美味しさが伝わる写真やレシピ集、食べるとどのような良いことがあるかなど、魅力がビジュアルで伝わる内容に仕上げていきましょう。

食品に関する基礎情報、食品ができるまでの製造工程をイラストや写真付きで紹介、商品を使ったおすすめレシピを掲載、購入できるお店などがコンテンツとして一般的です。

他にも、食に関するコラム・WEBマガジンを掲載すると、ユーザーがサイト内に留まりやすくなるメリットがあります。

また、食品はコラボレーションもしやすい業界です。スポーツや料理研究家、飲食店など、様々なコラボレーション記事を制作することで認知度をアップできます。

食品のコンテンツ制作は、商品の魅力を伝えながら、親しみやすさを感じられる内容に仕上げることが大切です。

飲料メーカー

飲料メーカーは、清潔感や商品の安全性を伝えるコンテンツなどが中心となってきます。
写真を使用するときも、ターゲットを明確にした上で良い印象を抱いてもらえるか、見栄えを意識しましょう。

商品情報、原材料、成分・特性、アレルギーなどの基礎情報は必須のコンテンツです。
商品の基礎情報をわかりやすく、しっかり記載すると、消費者に安心感を与えられます。

新商品情報は、魅力的なセールスポイントとともに、目につきやすい場所に掲載すると購買意欲を高めることができます。
商品使ったレシピを掲載すれば、多様な使用方法があることをユーザーに伝えられます。

工場見学もおこなっている場合は工場見学のポイントなどを掲載するのも良いでしょう。

飲料メーカーのコンテンツ制作は、クリーンなイメージを与えながら、商品の魅力を伝える内容に仕上げることが大切です。

アプリ

アプリは、まずは、ユーザーにダウンロードしてもらう必要があるため、使用するメリット、活用例を連想させることを目的にしたコンテンツが中心となってきます。

サイトの分かりやすい場所に、アプリのダウンロードリンクを貼っておきましょう。
使用方法、どんなシーンで使えるか、アプリの題材に関するコラム、良くある質問、ユーザの使用例などがコンテンツとしておすすめです。
アプリの使用画面などの動画を載せると、使用時のイメージを簡単に持つことができ、ダイレクトに魅力を伝えられます。

アプリのコンテンツ制作は、ダウンロードするメリットを伝える内容に仕上げることが大切です。

消費財メーカー

消費財メーカーのコンテンツは、ユーザーの購買意欲を促進させることを目的にしたコンテンツが中心となってきます。
購入頻度が高い商品が多くなるため、セールスポイントを漏らすことなく伝えていきましょう。

商品情報・特徴、魅力ポイント、使用するメリット、使い方をわかりやすく解説する動画、おすすめの使い方、コラム、商品の歴史、実績などを掲載していきます。
商品ラインナップ、オンラインショップ、新商品のニュース情報、人気ランキング、などを設ける方法もおすすめです。

消費材のコンテンツ制作は、商品を使用したイメージやユーザーの悩みを解決に導びく内容に仕上げることが大切です。

ソフトウェア会社

ソフトウェアは、機能の信頼性を提示することや使用シーン、ソフトウェアを導入することで解決できる内容を提示するコンテンツが中心となってきます。
ソフトウェアを導入することでメリットがあることをユーザーに納得させる必要があります。

機能の説明、使い方、おすすめポイント、使用したユーザーの口コミ、ソフトウェアに関するコラム、Q&A、事例、セキュリティ情報などがおすすめのコンテンツです。

また、ダウンロードリンクやお問い合わせボタンはユーザーがページのどこを見ていても目に留まる位置に設置しておきます。

ソフトウェア会社のコンテンツ制作は、ユーザーの疑問を解決する内容に仕上げることが大切です。

SaaS

SaaSは、機能の信頼性や導入時のメリットを提示することを目的としたコンテンツ制作が中心となってきます。
どのダーゲット層に向けたサービスであるかを明確に、便利さを提供する内容に仕上げていきましょう。

こちらもダウンロードリンクやお問い合わせボタンはユーザーがページのどこを見ていても目に留まる位置に設置しておきます。

説明資料、数字を使った実績、使用するメリット、課題に対する解決を促す内容、セキュリティ、導入事例、お役立ち資料などを掲載していきます。

SaaSのコンテンツ制作は、信頼度を感じられる内容に仕上げることが大切です。

ファッション業界

ファッションは、実際にユーザーが着用したイメージが持てる内容を意識したコンテンツ制作が中心となってきます。
モデルを起用したり、写真を角度を変えて複数枚用意したりするなど、自社商品を魅力的に伝えていきましょう。

新着アイテム、再入荷アイテム、カテゴリー別の項目、おすすめコーデ一覧、チラシ、店舗検索、ユーザーによるSNS上にアップしたコーデのリンク、ファッションに関するコラムなどが挙げられます。
「家でも快適に過ごせるアイテム」「2wayタイプのおすすめアイテム」などタイプ別にまとめた、商品を紹介する記事を展開するのも良いでしょう。

ファッションのコンテンツ制作は、実物が目の前になくても、ユーザーに欲しいと思ってもらえる、魅力あふれる内容に仕上げることが大切です。

自動車メーカー

自動車メーカーは、製品のラインナップの情報・魅力を伝えた上で、購買意欲を促進させることを目的としたコンテンツが中心となってきます。
サイトに訪れるユーザーは他社と比較しながら、購入を検討している方が多いため、力強くセールスポイントを伝える必要があります。

自動車のラインナップ、製品情報、主要装備、価格・グレード一覧、WEB見積もり、カタログ閲覧、自動車に関連するコラム、会社の歴史などを掲載していきましょう。
販売店検索、試乗車検索の項目も設けると、ユーザーに行動を起こすきっかけを作ります。
中古車販売のコンテンツも制作すると、定価の製品と比較もしやすいです。

自動車メーカーのコンテンツ制作は、購入する価格帯も高いことから、製品の魅力をしっかり伝える必要があります。

住宅メーカー

住宅は、注文住宅・建替えに関心を抱かせることを目的としたコンテンツが中心となってきます。
多くの人にとって人生においてもっとも大きな買い物になるため、多くの施工事例をもとに信頼できる印象をユーザーに与え、建てる家をイメージできる必要があります。

住宅のデザイン例、カタログ請求、展示場検索、住宅見積もり、邸宅のデザインギャラリー、建築事例、会社の歴史、家づくりに関するコラムなどがコンテンツとして挙げられます。
写真、事例を掲載する場合、実際に住む人を連想させる内容に仕上げる方法もおすすめです。

住宅のコンテンツ制作は、注文住宅・建替をおこなうことに希望を持たせる内容に仕上げることが大切です。

インテリア

インテリアは、デザイン性を意識しつつ「あったら便利」の気持ちを抱かせることを目的とした、コンテンツが中心となってきます。
生活を豊かにする、明るいイメージをユーザーに与えていきましょう。

インテリアの製品情報、仕様、サイズ、素材、生産地、コーディネート一覧、商品レビューなどのコンテンツが挙げられます。
お部屋のタイプ別に、おすすめのインテリアが表示されるトピックスも、ユーザーにとって非常に便利なコンテンツです。

「新生活にオススメ」「リビングがおしゃれになる」など、テーマごと製品を紹介するコンテンツもアクセス数アップにつながりやすいです。
ライフスタイル・暮らしに関するコラムを掲載する方法も、ユーザーの関心を引けます。

インテリアのコンテンツ制作は、製品の魅力を伝えながら、他社製品と差別化を図る内容に仕上げることが大切です。

家電メーカー

家電メーカーは、製品の特徴・便利性をしっかり伝えることを目的としたコンテンツが中心となってきます。
今の暮らしが豊かになる、明るい印象をユーザーに抱かせる必要があります。

製品情報、サイズ・仕様、魅力ポイント、利用するのに向いている人、家電の使いこなし方法、家電を使ったレシピ、サポート情報、家電についてのレビュー、コラムなどが挙げられます。
製品の説明書を、Webで見られる仕様にすると、ユーザーの満足度も向上しやすいです。
チラシを添付して、お得情報が目に入れば、店舗に足を運ぼうとする行動にも結びつきます。

家電メーカーのコンテンツ制作は、製品の魅力を伝えながら、利用するイメージをユーザーに抱かせることが大切です。

金融

金融は、お金に対して良いイメージを持ってもらうこと、ユーザーに安心感を持ってもらうコンテンツなどが中心となってきます。

はじめての方のガイド、お借入れのルール、お申し込みから返済までの流れのトピックス、返済シミュレーション、ご融資可能か調べる診断項目、近くの店舗・ATM検索などが挙げられます。

よくある質問を設置して、利用者が気になる内容を丁寧に記載していきましょう。

金融のコンテンツ制作は、お金にまつわる信頼感の高い情報を提供しながら、安心・安全に利用できる内容を伝えることが大切です。

化粧品メーカー

化粧品メーカーは、使用時の安全性と伝えていくコンテンツとともに、ユーザーが憧れを抱けるコンテンツが中心となってきます。

化粧品の製品情報・配合成分・使用方法、美容の情報、製品を扱う店舗を紹介するコンテンツなどが基礎コンテンツとして挙げられます。
「母の日特集」「UVケア特集」「商品のおすすめの使用ポイント」など、季節やイベントに合わせたコラムを制作する方法もおすすめです。
研究開発の様子や、実際に利用した人のインタビュー記事を掲載すると、安心感を高めることができます。

化粧品メーカーのコンテンツ制作は、安心感を高めながら美容に対して前向きなイメージを持つ内容に仕上げることが大切です。

スポーツブランド

スポーツブランドは、スタイリッシュな印象を持ってもらうことを意識しながら、製品の魅力を伝えていくコンテンツが中心となってきます。
商品を使用した際のイメージを持つことが大切なので、サイトのデザイン性にもこだわる必要があります。

スポーツ用品の製品情報、レビュー、トレンドアイテムを紹介、健康維持に役立つ運動、最寄りの店舗、ブランドの歴史、アイテムを使用したユーザーによるSNSの投稿などが挙げられます。

スポーツブランドのコンテンツ制作は、商品を使用した際のイメージをいかにユーザーに持ってもらえるかを想定した内容に仕上げることが大切です。

不動産

不動産は、希望する物件が簡単に見つかることを目的としたコンテンツが中心となってきます。
ユーザーの目的を叶える、理想の物件や物件にまつわる情報コンテンツを紹介していきます。

こだわりの条件から売買・賃貸物件を探せる項目、家賃・相場価格がわかるコンテンツ「敷金・礼金なしの物件」などの特集を組んだ賃貸情報を充実させます。
部屋探し・住まい探しのマニュアル記事、住まい・不動産に関するコラム、インテリア事例を掲載する方法もおすすめです。

不動産のコンテンツ制作は、理想の住まいを見つけるための情報を掲載し、新しい生活に良い印象を持てる内容に仕上げることが大切です。

人材サービス

人材サービスは、ユーザーが魅力的な仕事とマッチングできることをイメージできるコンテンツが中心となってきます。強みにしている業界や、サービスの使いやすさをアピールできる内容を意識します。

求人を検索する、詳細情報から検索する、職種・サービス別から探すなど、検索項目を充実させたいコンテンツです。
自己分析・選考対策に役立つコンテンツ、イベント・WEBセミナー情報も充実させていきましょう。
就活マナー、模擬面接シミュレーションなどの情報も、就活生や転職希望者のコンテンツ満足度も向上します。

人材サービスのコンテンツ制作は、仕事をする上で知識を高められる内容を掲載することが大切です。

旅行

旅行は、ユーザーが魅力的な旅行プランとマッチングすることを目的としたコンテンツ制作が中心となってきます。観光スポットの写真やおすすめの観光地などを見やすく配置してユーザーに「行ってみたい」気持ちを抱かせましょう。

目的の条件・エリアから宿を探す、泊まった人のレビュー投稿、観光スポットランキング、テーマに沿った宿の特集を組む、レンタカーのおすすめ情報、旅行ガイドのコンテンツを充実させます。

旅行のコンテンツ制作は、ユーザーを「旅行に行きたい」気持ちにさせた上で、旅行に行きたいとなるきっかけを与える内容を掲載することが大切です。

まとめ

コンテンツ制作の際は、業界ごとに商品やサービスに合うコンセプトを事前に考え、ユーザーのためになるコンテンツを提供していくことが大切です。
製品の魅力や会社がこだわっていることなど、魅力あるコンテンツを提供してユーザーにメッセージを伝えていくことで自然と集客ができ、ファンが増えていきます。
コンテンツを資産をして、ぜひ、活用していきましょう。
今回は、業界別におすすめするコンテンツ例をご紹介しました。

キーワードで探す

コンテンツマーケティング
コンテンツSEO
Webマーケティング
良いホームページ
ターゲットユーザー
SEO
SEOライティング
オウンドメディアマーケティング
SNSマーケティング
競合分析
ブランド
アフィリエイトマーケティング
ホームページ
業種別おすすめコンテンツ
コンテンツマーケティングの成功事例
インフルエンサーマーケティング
リスティング広告
SEO成功事例
コンバージョン