SEOライティングとは

横浜デザインビューロ
SEOライティング

SEOライティングとは、SEOを意識し検索エンジンで上位に表示されるように考慮した記事執筆をおこなうことです。
コンテンツの質を高めると上位に表示されやすくなるため、SEOを意識したライティングを行うことで自社メディアのアクセス数アップにも一役買います。

今回は、SEOライティングの特徴、役割、得られる効果、目的、メリット、実施手順などについてご紹介いたします。
ぜひ、SEOライティングの基礎的な知識を知りたい方は参考にしてみてください。

SEOライティング – 目次

SEOとは

SEOライティングとは

なぜSEOライティングが必要か

SEOライティングの役割

SEOライティングで得られる効果は?

SEOライティングの目的

SEOライティングのメリットは?

SEOライティングをおこなう上での注意点

SEOライティングの実施手順ややり方は?

SEOライティングのコツ・押さえたいポイント

SEOライティングの成功事例

SEOラィティングのまとめ

SEOとは

SEOとはGoogleなどの検索エンジンを用いたWebマーケティング方法の一つです。
良質なコンテンツを制作して、検索結果の上位表示やインプレッション増加を狙っていきます。

SEOは「Search Engine Optimization」の頭文字を取った略称で、「検索エンジン最適化」を意味します。

自社メディアを検索結果の上位に表示させたい場合は、SEOを意識したSEOライティングを取り入れる必要があります。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、検索エンジン最適化を考慮した記事作成をおこなうことです。
選定キーワードから読み取れるユーザーのニーズ、検索意図を意識した上で、良質なコンテンツを制作することで検索エンジンに評価される記事となります。

また、広告出稿用に制作するランディングページなど、商品購入を促す通販ページなどは広告経由のアクセスを対象としているので、SEOライティングからは除いて考えます。

なぜSEOライティングが必要か

SEOライティングが必要な理由は、主な検索エンジンが良質なコンテンツを求めているからです。
中でもGoogleは、ユーザーに有益になる記事を、検索上位に上げることを公表しています。ユーザーに有益な情報を上位に上げることでユーザーの満足度があがり、結果としてGoogleを使うユーザーが増え、Googleに広告を掲載したい広告主も増えるからです。

SEOを意識したライティングを行うことで検索エンジンからの集客が行え、集客したユーザーから売上や問い合わせが発生します。もし、SEOを意識せずに自身の好きなように記事執筆をおこなっても、誰にも読んでもらえないなら元も子もありません。

Webサイトからの集客やコンテンツマーケティングに取り掛かりたい方はぜひSEOライティングの基本とコツをしっかり押さえていきましょう。

SEOライティングの役割

SEOライティングの役割は、検索エンジンとユーザーが読みやすく、有益だと思える記事作成をおこない、検索エンジンからの集客を実現させることです。
例えば、疑問を解決する内容に仕上げて、老若男女問わず読みやすい記事にするなど、良質なコンテンツを制作することが大切です。

今日あった出来事を書く日記のような記事は、自己完結することが多く、幅広いユーザーにとっては必要ではないと感じられます。

選定キーワードから、検索意図やユーザーのニーズを読み取ることが大切です。
読んだ後に「面白かった」「タメになった」と満足感が高い記事執筆をおこなっていきましょう。

SEOライティングで得られる効果は?

SEOライティングで得られる効果は、自社メディアのアクセス数アップに貢献できることです。
自社の商品やサービスに関連したキーワードで検索結果の上位に表示されるなら、ターゲットとするユーザーからの認知度も高まり購買意欲を促進させられます。

そして、良質なコンテンツを展開していけば企業そのものにも注目が集まります。

SEOライティングの目的

SEOライティングの目的は、検索エンジンを意識したライティングを行い自社企業に対する信頼度を高めターゲットとなるユーザーに情報を届けることです。
検索エンジンの上位に表示されているコンテンツはユーザーとしても安心して読めます。

良質な記事を複数作成したあとは、相乗効果で順位も上がりやすくなります。
競合他社とも差別化したサイト制作がおこなえるでしょう。

SEOライティングを通じて、最終的には自社企業全体に対する信頼につながります。

SEOライティングのメリットは?

SEOライティングのメリットは、記事執筆が初心者の方でも学びやすいことです。
書籍、WEBサイトなどを通じて、必要なスキルを身につけられます。

やる気があるならすぐに始められます。
取得必須の資格もありません。

また、記事代行サービスを利用するなら、手間をかけることなくSEOライティングがおこなえます。
1位表示の記事も、定期的な見直しをおこなうことで上位をキープできます。

敷居が低く感じられる点もSEOライティングのメリットと言えるでしょう。

SEOライティングをおこなう上での注意点

SEOライティングをおこなう上での注意点は、検索エンジンのアップデートにより評価基準が変わる場合があることです。
上位表示を狙えると思った記事も、伸び悩むことがあります。

判定ポイントが明確にされないと、目指す方向性が定まりません。

SEOライティングに取り組んでいる方の記事を読むことでヒントは得られます。
しかし、最終的には何を信じるかは自分次第と言えるでしょう。

SEOライティングに取り組みはじめた方こそ、苦手意識を覚えやすいです。

SEOライティングの実施手順ややり方は?

ここでは、SEOライティングの実施手順ややり方についてご紹介いたします。
組み立てをしっかりおこなうことが大切です。

キーワードを設定する

SEOライティングに取り掛かるなら、まずはじめにキーワードを設定しましょう。
執筆記事のテーマをきちんと絞ると、構成が組み立てやすくなります。

「本」関連の記事を作成したいなら「20代 おすすめ」「読みやすい」などの候補が浮かんできます。
「選び方」「処分 方法」「表紙 オシャレ」「自作」「早く読むコツ」などのキーワードも設定可能です。

今回は「本 読みやすい」を例にキーワードを設定します。

希望するキーワードが見つかったあとは、一度検索してください。
ボリュームや上位表示の記事がわかります。

「司書がおすすめ!」「年間100冊読む本好きが解説」など、専門的な記事が目立つ場合、キーワードを変更するのがおすすめです。
「勝てそうにない」「敵わない」と感じた場合、直感を信じて撤退するのも一つの方法です。

SEOライティングこそ、まだ誰も手をつけていない隙間を狙った記事作成をおこなうと上位表示が目指せます。

また、もともと出版社が「本 読みやすい」のキーワードを狙うなら、勝算があります。
自社企業・メディアの特徴を振り返った上で「詳しく書ける」「上位表示が狙える」キーワード設定をおこないましょう。

ターゲットユーザーを明確にする

次に、SEOライティングのターゲットユーザーを明確にしていきましょう。

SEOライティングは、ターゲットユーザーの検索意図、ニーズを満たす内容に仕上げることが大切です。

例として「本 読みやすい」のキーワードを設定した場合、ユーザーターゲットは「本を読み慣れていない方」が考えられます。
「読書感想文を書きたい 学生」なども候補に挙げられるでしょう。
家でできる趣味探しをしている「20代 女性 OL カフェ巡りが好き」とも設定できます。

ターゲットユーザーを設定すると、SEOライティングに取り組む上で軸がしっかりします。
客観的な意見を持ち、想定する読者に寄り添いましょう。

他サイトを参考にする

次に、SEOライティングに取り組む上で他サイトを参考にしていきましょう。
自分で一から考えるなら、良いアイデアも浮かびにくいです。

あえて、選定キーワードからかけ離れているサイトを参考にする方法も、良いインスピレーションを受けやすいです。

読みやすいサイトほどキーワードとは関係ない項目は省いていることが多いと気づきます。

他サイトを丸々真似すると、SEOライティングとしても評価が下がるので気をつけていきましょう。
複数のサイトを参考にすることで、良質なコンテンツを制作しやすくなります。

コンテンツの構成を組み立てる

次に、SEOライティングの構成を組み立てていきましょう。

記事内で触れるコンテンツを大まかに考えていきます。

「本 読みやすい」がキーワードの場合「ベストセラーの読みやすい本を紹介」「レビューが高い読みやすい本を紹介」など、項目ごとにおすすめの本を紹介する内容が浮かびやすいです。

本を取り扱う企業の場合「出版社ごとの読みやすい本を紹介」の項目を候補に入れるのもおすすめです。

逆に「読みにくい本を紹介」の項目はミスマッチとなることもわかります。

最終的にどのような終わり方にするかまで、ざっくりとコンテンツの構成を組み立てていきましょう。

共起語を調べる

次に、SEOライティングの共起語を調べましょう。

共起語は、検索キーワードと共に出ることが多い語句です。
「本」の場合「文庫」「コミック」などの単語が挙げられます。

SEOライティングを通して記事内に共起語を盛り込むと、検索エンジンの上位表示を目指せます。
ユーザーにとって有益となる記事を作成していると高評価を受けやすいです。

しかし、記事の内容と矛盾したり、無理やり入れたりすると、マイナス評価を受けやすくなるので気をつけましょう。

執筆の段階で共起語を盛り込んだり、読み返す段階で意識的に追加したりしましょう。

SEOライティングの見出しを作る

次に、SEOライティングの見出しを作りましょう。
記事内の組み立てをしっかりおこなえます。

設定したキーワードを使って、独自性のある見出しを作成してください。
長すぎると、読みにくい印象を受けるので、要点をまとめる形を意識しましょう。

見出しだけで、記事内容がわかる形が理想的です。
書き出しに迷ったら他サイトの記事を参考にしてください。

記事執筆に取り掛かる

次に、SEOライティングの記事執筆に取り掛かりましょう。
難しい単語は使わず、読みやすい内容を意識してください。

同じ語尾が3回以上続くと、テンポが悪い印象があります。
「です」「ます」「しょう」などを使い分けて、読みやすい記事内容を徹底してください。

見出しごとに「要点→理由→例示→要点」の順に書き上げると、読者を納得させる内容に仕上がります。

漢字などは、ひらがなに開くと読みやすいです。

要点を押さえた上で、楽に記事執筆に取り掛かってください。

タイトルを設定する

次に、SEOライティングのタイトル設定をおこないます。
最初に取り掛かるよりも、記事執筆を終えた後こそ考えやすいです。

選定したキーワードはタイトルのはじめの方に持ってきてください。
30文字を目安に考えると、検索結果の表示にも収まります。

良いタイトル案が思い浮かばない方は、設定キーワードをGoogleで検索する方法がおすすめです。
良いインスピレーションを受けられることでしょう。

また【】で囲ってあげたり、数字を使ったりすると目を引きます。
ターゲットユーザーが読みたくなる記事タイトルを設定してください。

見直しをおこなう

次に、SEOライティングの見直しをおこないます。
一度書き上げた記事も、日を置くと修正が必要な箇所がわかります。

誤字脱字にも気がつきやすくなるでしょう。
客観的な目線から記事と向き合いやすくなるので、見直しは必ずおこなってください。

画像選定をおこなう

SEOライティングを通して画像選定も重要な項目です。

アイキャッチをはじめ、見出し下に載せる画像を選んでください。
記事がより一層見やすくなります。

自分で写真を用意できない方は、フリー画像サイトを利用する方法がおすすめです。
そのまま画像を使用するより、加工をしてひと手間加えた方が独自性が出ます。
「加工OK」であるか、規約はしっかり読んだ上で利用しましょう。

検索エンジン最適化としても、SEOライティングの評価が上がりやすいです。

SEOライティングのコツ・押さえたいポイント

ここでは、SEOライティングのコツ・押さえたいポイントについてご紹介いたします。
検索結果で上位を目指したい方は、参考にしてください。

設定キーワードの疑問に対する答えを記事内に書く

SEOライティングの押さえたいポイントとして、設定キーワードから読み取れる疑問の答えは必ず記事内に書くことです。

ターゲットユーザーは疑問を持っていることが前提です。

「本 読みやすい」が設定キーワードなら「読みやすい本のタイトル」は必ず記事内に盛り込みましょう。

ユーザーの役に立たない記事は、検索エンジンからマイナス評価を受けやすいので気をつけてください。

オリジナリティを意識する

SEOライティングの押さえたいポイントとして、オリジナリティがある記事を執筆することです。
独自性がないと、検索エンジンで上位表示が望めません。

もう既に似た内容がある記事と差別化を図りましょう。
検索エンジンにある1位から10位までの記事で足りない項目を見つけて、追記する執筆方法がおすすめです。

図や箇条書きを使う

SEOライティングの押さえたいポイントとして、記事内に図や箇条書きを使うことです。
見やすさを意識した上で、良質なコンテンツを制作しましょう。

図は視覚的に訴えかけたり文章に補足したりする際に便利です。
箇条書きは重要な点をわかりやすくまとめてくれます。

適宜、図や箇条書きを取り入れて、魅力的な記事内容に仕上げていきましょう。

見出し作成はわかりやすく

SEOライティングの押さえたいポイントとして、見出し作成は設定キーワードを使った上でわかりやすく表記することです。
ユーザーファーストを意識してください。

一度読んで、スッと頭の中に入ってくる見出しが理想的です。

時には、設定キーワードが文章の流れに合わず、使うと読みにくくなる場合があります。
共起語を使用したり、言葉を変えてみたりする方法がおすすめです。

「こそあど言葉」はなるべく使わない

SEOライティングの押さえたいポイントとして「あれ」「それ」「これ」「どれ」の「こそあど言葉」は極力使わないことです。

検索エンジン上位表示を目指すなら、なるべく避けた方が良いと言われています。

また、文章の流れとしても何を指しているかわからない場合があります。
「これは〜」と文章が続くなら、指している物の名前を入れてください。

SEOライティングのコツとして「こそあど言葉」の箇所に設定キーワードを積極的に入れる方法もおすすめです。

SEOライティングの成功事例

SEOライティングの成功事例は以下となります。

・ボーグル
・ホームセレクト

ボーグルは、株式会社ベネフィット・ワンが運営しています。
「働き方改革」などの設定キーワードをもとにSEOライティングに取り組みました。
継続したところ、数々の設定キーワードが検索エンジンで第一位を獲得しています。
定期的にコンテンツの見直しをおこなっているため、さらなる飛躍が期待できるでしょう。

ホームセレクトは株式会社ホームセレクトが運営しています。
SEOライティングに取り組んだところ、HPのアクセス数が9倍にも増加しました。
比例して問い合わせも右肩上がりとなっています。
SEOライティングを通してターゲットユーザーの認知度を高めることに成功しています。

SEOラィティングのまとめ

SEOライティングのコツやポイントを押さえることで、検索エンジン最適化の上位表示を目指せます。
自社企業で商品・サービスを販売しているなら、問い合わせが増えたり売上が伸びたりする場合があります。

ターゲットユーザーに対する認知度も高まりやすいです。

検索結果の上位に表示される企業と位置付けられるため信頼度も高くなります。
SEOライティングに取り組むと、長い目で見てメリットとなる部分が大きいです。

今回は、SEOライティングの特徴、役割、得られる効果、目的、メリット、実施手順などについてご紹介いたしました。
ぜひ、SEOライティングに興味がある方は、はじめてみませんか。

横浜デザインビューロでは、SEOを始めとするWebマーケティングに関するHow toやコンテンツマーケティング、SEOに関するお役立ち情報も発信しています。業界向けのBtoBコンテンツから消費者向けのBtoCコンテンツまで、コンテンツSEOの設計から分析、継続的なコンテンツの制作まで一括して行って得られた知識と幅広い業界のコンテンツ制作実績をもとに有益な情報を発信しています。

SEOを始めたいが何から手をつけたら良いかわからない、予算感やどのくらいの手間がかかるかわからない、どんなコンテンツを作ったらわからない、競合チェックのやり方がわからない、やコンテンツの改善を考えているがどこを改善したら良いかわからない、キーワードチェックのやり方がわからない、など、SEOに関するお悩みをお持ちの場合は是非チェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめです

SEOとは

コンテンツマーケティングとは

コンテンツSEOとは

キーワードリサーチとは

ウェブマーケティングとは

ターゲットユーザーとは

良いホームページとは

オウンドメディアマーケティングとは

SNSマーケティングとは

ブランドとは

競合分析とは

アフィリエイトマーケティングとは

コンバージョンとは

SEOライティングに関するFAQ

SEOライティングとは2021-09-15T06:14:40+09:00

SEOライティングとは、検索エンジン最適化を意識してWebサイトのテキストや記事作成をおこなうことです。
選定キーワードを決定し、キーワードから読み取れるユーザーのニーズ、検索意図を意識した上で、良質なコンテンツを制作することで検索エンジンに評価される記事となり集客を実現できます。

なぜSEOライティングが必要なのですか2021-09-15T06:16:44+09:00

SEOライティングが必要な理由は、主な検索エンジンが良質なコンテンツを求めているからです。
ユーザーに有益な情報を上位に上げることでユーザーの満足度があがり、検索エンジンからの集客が行え、集客したユーザーから売上や問い合わせが発生します。

SEOライティングの実施手順ややり方は?2021-09-15T06:21:42+09:00

SEOライティングは、まず検索ボリュームのあるキーワードの調査から始めます。
キーワードを決定したらそのキーワードで実際に検索してみてターゲットユーザーを明確にし、他サイトがどのような情報を提供しているか確認します。
他サイトは特に上位に表示されているサイトを参考にしてください。
その後は通常のライティングと同じく、コンテンツの構成を組み立て、タイトルやディスクリプションを考え見出しを作成し全体の記事を執筆していきます。

キーワードで探す

コンテンツマーケティング
コンテンツSEO
Webマーケティング
良いホームページ
ターゲットユーザー
SEO
SEOライティング
オウンドメディアマーケティング
SNSマーケティング
競合分析
ブランド
アフィリエイトマーケティング
ホームページ
業種別おすすめコンテンツ
コンテンツマーケティングの成功事例
インフルエンサーマーケティング
リスティング広告
SEO成功事例
コンバージョン
Go to Top