ブランドとは?

横浜デザインビューロ
ブランドとは

ブランドは企業や個人にサービスを提供する上で重要な価値を持ちます。
信頼を高めることで、消費者の購入意欲の促進に役立てられます。
念入りなブランディングをおこなうと、長期的に支えるブランドを作りやすいです。
今回は、ブランドの定義や必要性、注意点についてご紹介いたします。
ぜひ、自社商品・サービスのブランディングをおこないたい方は参考にしてみてください。

ブランドとは何か?

ブランドは、同カテゴリーの商品・サービスなどを区別する概念です。
特定の生産者が提供していることに意味を持たせ、消費者の中で作り上げられるイメージにまとめられます。

メディアの伝え方、情報、ユーザーの好みなどを加味してできあがるイメージとしても例えられます。

ロゴマーク、デザインして捉えられることも多いですが、抽象的な言葉としてもちいられることも多く意味の捉え方が人によって異なります。
ブランドの印象は、一人一人異なることがあるので、はっきりと形や図にして表現することは難しいです。

ブランドは商品・サービスに定義されることが多く、最終的にはユーザーの中で作り上げられるイメージ総体となります。

ブランドのビジネス価値とは?

ブランドのビジネス価値は、商品・サービスを視認化し、ファン化を促進できることです。
信頼が持てるイメージが身につくと、同カテゴリーの商品は、特定の会社で買う流れが作り上げられます。

それなりの対価を払ってでも得たい価値が消費者の中で根付きます。

会社の認知度向上、商品・サービスのロングセラーを狙いたいなら、ブランドのビジネス価値を重視することが大切です。

ブランドを構成する要素とは?

ブランドを構成するには、消費者に共感されることが大切です。
ターゲットを絞った、特定のユーザーに受け入れられる内容を考えていきましょう。
大多数の方に向けて発信すると、提供者と消費者の間でズレが生じます。

ここでは、ブランドを構成する要素についてご紹介いたします。

※参考:https://blog.btrax.com/jp/branding-pt1/
https://www.google.co.jp/amp/s/www.bd-lab.jp/about_brand/amp/

位置

1つ目の位置は、ブランドは誰のために、何を目的で提供しているか考えることです。
土台となる部分がしっかりしていないと、ブレが生じやすいです。

コスメアイテムの場合「女性」「20〜30代」「肌悩みを抱えている方」に向けて「肌トラブルをカバーすることを目的にしたコスメアイテムを提供する」例が挙げられます。
「理想の肌に近づける」など、顧客メリットを提示することで、ターゲットユーザーにささる商品・サービスが提供できます。

ブランドを構成する上で位置を決めると、しっかりした軸を持つことができるので、信頼を高めやすいです。

属性

2つ目の属性は、ブランドの個性を作り上げることです。
普遍的な印象を受ける場合、ユーザーに強い関心を持ってもらうことはできません。

まったく同じ見た目・性格の人はいないように、ブランドの属性を生み出していきましょう。

近年、どのカテゴリーの商品・サービスも類似品は多く見られるため、他社との違いを見出すことが大切です。

オレンジジュースを販売する場合「酸味が強いテイスト」「パッケージは黄色に近いカラー」で仕上げるなどの手を加えます。
マスコットキャラクターを提示しても、親しみやすさを覚えます。

個性が出るほど、消費者に強烈な印象を残しやすいです。
ブランドの属性を考えると、他社との差別化を図りやすいです。

連想

3つ目の連想は、ブランド名を見たり聞いたりしたときのイメージを定義することです。
消費者に届けたい「雰囲気」を考えることで、商品・サービスのセールスポイントもわかります。

例として「スタイリッシュ」「キレイ」「可愛い」「独特」「新しい」「コミカル」「かっこいい」「自由」「カラフル」「レトロ」「シンプル」などのイメージが挙げられるでしょう。

特定の芸能人を起用して、商品・サービスどのイメージに結びつける方法もあります。

「〇〇(ブランド名)と言ったらこれ!」とピンポイントで浮かぶ連想を考えていきましょう。
「ユニクロ」なら「シンプル・安い」「レクサス」なら「高級・高機能・ステイタス」などです。

同カテゴリーの商品・サービスを購入する中で、検討の余地を残します。

消費者が連想するブランドのイメージ図を考えると、ビジネス戦略がおこないやすくなります。

物語

4つ目の物語は、消費者の心にささるストーリーを考えることです。
感情を揺れ動かすことも、商品・サービスのファン化を促進させる上で重要なポイントです。

商品・サービスが誕生したきっかけ、なぜ消費者に届けたいと感じたか、紆余曲折の出来事など、ブランドごとのストーリーを振り返っていきましょう。
物語がしっかりしていると、信頼も高まりやすいです。

サイトに載せるのはもちろん、SNSや動画にアップするのもおすすめと言えます。

ブランドを魅力的に見せたいなら、生い立ちとも捉えられる物語を振り返ることも大切です。

共感

5つ目の共感は、消費者をワクワクさせる、寄り添う力を持つことです。
大きな夢を語っても絵空事に聞こえる場合、ユーザーは興味を持つことができません。
ブランドは身近に感じながら「その通り」「いいね!」「わかるわかる」と共感を得る内容に仕上げることが大切です。

生産者は消費者から最も遠い場所に位置するため、認識にズレが生じやすいです。
売ることに力を注ぎすぎると、すぐに見抜かれてしまいます。

また、商品・サービスも先が見通せる説明・展開をしていると面白味がありません。
「そういう手があったか!」とあえて、予想を嬉しい方向に裏切るストーリーも必要です。

共感できるブランドの内容を考えると、ユーザーに親近感を持ってもらえます。

約束

6つ目の約束は、商品・サービスの安定した価値を提供することです。
魅力的なコンテンツを提供しても、最後まで希望通りになるかわからない不安はブランドの価値を高められません。

ユーザーは「信頼できる」印象を抱くと、リピートして購入しつづけます。

ロングセラーのお菓子も、味が変わらぬ美味しさを提供しているからこそ、売り上げも安定しています。
「昔食べた味と違う」「理由もなしに容量が大幅に減っている」場合、落胆の度合いも大きいものになるでしょう。

時代とともに変化するビジネス戦略も「約束」の部分はしっかり守ることが大切です。

ブランドは、ユーザーの目的が叶うことを保証すると価値を高められます。

企業にとってブランドはなぜ重要なのか?

企業にとってブランドが重要な理由は、長期的な価値を生み出すためです。
同カテゴリーの類似品はたくさんあるので、差別化を図り、ユーザーにファンになってもらうと、安定した売り上げにつながります。

無個性、目的がない製品・サービスは、同カテゴリーの類似品にすぐに埋れやすいです。
長期的に見ると低迷する時期が必ず出てきます。

ブランドにつくイメージにより、時代が進んでも消費者からの信頼性は高いです。
「〇〇(カテゴリー名)と言ったら〇〇!(ブランド名)」の立ち位置を獲得するなら、厚い支持が得られている証でもあります。

消費者は高価な商品・サービスこそ、ブランド力が強いものに目を奪われやすいです。
同カテゴリーのものと比較する上で、軸になる対象として見てもらえます。

優れたブランド力を生み出すことは、長寿企業になる可能性を秘めています。

ブランディングとは?

ブランディングとは、ブランドを作り、独自の価値を生み出すマーケティング戦略です。
企業の知名度を伸ばしながら、自社商品・サービスの売上アップに貢献できます。

ブランドに愛着を持たせて、世の中に浸透させる試みがあります。

なぜブランディングに力を入れる必要があるのか?

ブランディングが必要な理由は、他社との差別化を図り、ビジネスを成功させるためです。
同カテゴリーの商品・サービスはたくさんある世の中となるため、埋もれないためにも、企業の知名度・価値を高める必要があります。

「チョコレートと言ったら〇〇」「リップクリームと言ったら〇〇」とユーザーに連想してもらうことで、購買意欲を促進させます。
無意識のうちに、ある企業を思い浮かべるまでになるなら、他社と一歩進んだリードが取れるでしょう。

宣伝費のコストカットもおこなえます。
より良い商品・サービスを生み出すための開発費へ費用を回すことも可能です。

類似品が多く見られる今、ブランドを確立することが大切です。
オンリーワンの位置を獲得したいなら、ブランディングに力を入れる必要があります。

ブランドを定義することで得られる効果

ここでは、ブランドを定義することで得られる効果についてご紹介いたします。
ブランドを確立させたい方こそ、ブランディングのメリットを知ることが大切です。

売り上げアップにつながる

1つ目は、自社商品・サービスの売り上げアップにつながることです。
ブランドを定義すると、消費者のファン化を促進します。

「〇〇を買うなら〇〇(ブランド名)一択!」と思ってもらえることもあるでしょう。

ビジネスをおこなう上で重要視される、売上に良い影響を与えてくれます。

競合優位性を高められる

2つ目は、他社と差別化ができるため、競合優位性が高められることです。
製品・サービスを提供する上で、価格で差をつける必要がなくなりやすいです。

他社を意識すると、自由な行動が取れなくなります。
相手の動きを見た上で、行動を改める必要が出てくるためです。

ブランドを確立することで、余裕を持った行動が取りやすくなります。

社内の士気が上がる

3つ目は、ブランドに対して思い入れができるため、社内の士気が上がることです。
信頼・共感できるイメージが浸透するなら、従事している自身も誇らしい気持ちになります。

イメージを裏切ることのないように、普段の行動も、より一層慎みやすくなります。

より良い製品・サービスを提供しようと、さらなる飛躍を遂げたくなるので、仕事に対して今以上に熱が入りやすいです。

ブランドを定義すると、社内のモチベーションアップにつながります。

優秀な人材確保につながる

4つ目は、ブランドの良いイメージが浸透すると、優秀な人材確保につながることです。
高い志を持つ方を会社に引き寄せます。

選ぶ立場が選ばれる立場に変わりやすいです。
ブランドを定義すると、人材不足問題を乗り切りやすくなります。

あなたの会社のブランドを定義してみる

ここでは、会社のブランドを定義する方法についてご紹介いたします。
ぜひ、ブランドの強みや特徴、個性を定めたい方は参考にしてください。

ブランドの目的

はじめに、ブランドの目的を考えていきましょう。
誰に何を提供したいと感じているか、今一度振り返っていきましょう。

ファッションブランドを立ち上げるなら「性別」「年齢」「着る場面」などを考えてください。
「性別は男性・女性どちらも」「年齢は10代〜90代まで」「毎日着られる服」など、対象を広げすぎるほど、他社と差別化ができません。

ターゲットの層が広いほど、特定のユーザーにささるブランドは確立できません。

「女性」「20代向けの服」「一人で出かけるとき、友達と遊ぶとき、仕事などの場面で、カジュアルに着られる服」とこだわりを持ち、細部にかけて、考えた方が共感を寄せやすいです。

明確に定めると、ミスマッチなセールスポイントも省くことに成功します。
「男性向け」「パーティ・特別な日に着ていける服」は不釣り合いなイメージとなります。

自社商品・サービスの目的、立ち位置を知ることはブランドの定義をおこなう上で必要です。

ブランドのポジション

次に、ブランドのポジションを考えることが大切です。
他社の商品・サービスと差別化することで、自社ブランドの個性が磨かれます。

ブランドといえども、高級なイメージものばかりではありません。
お手頃価格のものこそ、ユーザーに愛されている商品・サービスはたくさんあります。
駄菓子の「うまい棒」は、人気を確立したブランドと言えるでしょう。
パッケージや商品名を見て「食べたい」「懐かしい」と、ユーザーの興味を惹きつけます。

対義語を並べてみた上で、ポジションを定める方法もおすすめです。
「特別、普通」「かっこいい、可愛い」「派手、シンプル」「カラフル、白黒」「大きい、小さい」などの例が挙げられます。
「可愛い」が売りのブランドも、急に「かっこいい」イメージを上塗りするならユーザーは戸惑います。
軸がブレないようにポジションを決めることも大切です。

ブランドのポジションを確立した上で、強みや特徴を決めていきましょう。

ブランドの強みや特徴

ブランドの強みや特徴は、商品・サービスの魅力を高める上で重要です。
セールスポイントがわかりやすくなるので、売り上げアップに貢献できます。

「掃除機」も従来の手動タイプのものから、ロボットが床を掃除する、自動タイプが生み出されました。
掃除に手間をかける必要がなくなり、便利な暮らしを送ることが実現できます。
強みや特徴がありながらも、同カテゴリーのアイテムが販売されるなら、印象が薄くなります。

バッテリーの持ちが良かったり、コンパクトサイズを売りにしたりするなど、差別化を図り、強みや特徴をさらに強調させることが大切です。

「ここが便利!」「使用するメリットはこれ!」など、消費者に「良い」「使ってみたい」と思われる強みや特徴を考えていきましょう。

ブランドの説明を3つだけするとき、パッと浮かぶ言葉こそ、アイテムのセールスポイントと言えます。

ブランドの強みや特徴を提示して、ターゲットのユーザーに注目してもらうことが大切です。

ブランドの個性を定める

ブランドの個性を定めると、ユーザーの心に残る商品・サービスを生み出せます。
類似品とも一歩差をつける戦略がおこなえます。

人に性格があるように、ブランドにも個性を彩っていきましょう。

イメージカラーを決めると、ブランドを頭の中に浮かべやすくなります。
赤は「熱血」青は「冷静」な印象があるので、ブランドの属性に近いカラーを選ぶのが良いでしょう。
あえてミスマッチなカラーを選択することにも、個性が見出せます。

ロゴデザインを決める上でも慎重におこなうことが大切です。
丸い形は「優しい・親しみやすい」印象があり、角ばったものは「堅い・スタイリッシュ」な印象があるでしょう。

SNSの選び方、運営方法によっても個性を作り出せます。
商品の画像のみを淡々と載せる、必要最低限の広告のみおこなう場合、厳粛な印象があります。
ブランドの信頼性を高めたい場合に効果があると言えるでしょう。
また、中の人の性格が透けて見える投稿内容は、親しみやすさが感じられるので、ユーザーと距離を縮めたい場合におこなうのが良いでしょう。

ブランドを一言で表すならどんなトーンになるか考えることも大切です。
「キレイ」「ノスタルジック」「ダーク」「ラブリー」「キラキラ」「エネルギッシュ」など、ブランドに性格をつけるイメージを持ちながら決めていきましょう。

ブランドの個性を定めると、ユーザーの感情を揺さぶる商品・サービスが提供しやすくなります。

ブランドを定義する際の注意点

ブランドを定義する際の注意点は、ユーザーに伝えたい内容を意識することです。
企業を優先した気持ちは、ファン化したユーザーを離脱させやすいので、いかなるときも消費者目線で考えることが大切です。

独りよがりになると、セールスポイントも複雑になります。
ユーザーの目線を意識した、ブランドを定義していきましょう。

まとめ

ブランドを定義することで、他社と差別化した商品・サービスが提供できます。
ユーザーに好印象を持たれると、特定のアイテムを購入する上で、検討の余地を残せます。
社内の士気も上がりやすく、優秀な人材を確保できるメリットがあるでしょう。
長期的なブランド展開を試みる場合、ブランディングは念入りにおこなうことが大切です。
今回は、ブランドの定義や必要性、注意点についてご紹介いたしました。