SEOとは?わかりやすくSEOの必要性・重要性について解説します!

横浜デザインビューロ
SEO

Webマーケティングを実施している中小企業の担当者の方であれば「SEO」という言葉を聞いたことがあると思います。

また、「SEO対策をして検索エンジンから集客を増やしてくれ」

と言われたことはありませんか?

しかし、「SEO対策」と検索しても、様々なサイトやブログなどでSEO対策の方法を紹介しているけど、「どのSEO対策がいいのかわからない」「何から手を付ければいいのかわからない」という中小企業の方も多いのではないでしょうか。

また、ウェブマーケティングを成功させるためにSEO対策は必須と言われていますが、「SEOとは何なのか」「SEO対策に取り組むことによって何が変わるのか」と思っていませんか。

そこで、今回は、SEOとは、なぜSEOが必要なのか、なぜSEOが重要なのかを解説していきます。

SEO – 目次

SEOとは

SEOはなぜ重要なのか?

SEOの目的

SEOの手順とやり方

SEOに取り組む!

SEOとは?

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称で、「検索エンジン最適化」という意味です。自社のホームページをGoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に表示させ、検索エンジンから訪問してくれるユーザーを増やし、売上アップや新規の問い合わせにつなげるウェブマーケティング施策のことです。

つまり、ホームページ上でユーザーに価値あるコンテンツを提供し、検索エンジンにページの内容を理解・評価されるようホームページを最適化していくことで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで自社のサービスや商品に関連するキーワードが検索された場合に、自社サイトが上位に表示されるようにすることを意味します。

検索エンジンの検索結果は上位の方ほどよくクリックされるので、検索結果の上位に表示されれば、ホームページのアクセス数(訪問してくれるお客さんの数)が多くなります。

結果として、Google、Yahoo!などを通じて自社のビジネスや商品、サービスを探しているユーザーに自社のホームページを見つけてもらいやすくなります。

ですから、検索結果の少しでも上位に表示させるSEOが大切になってくるのです。

では、なぜSEOが必要なのか、なぜSEOが重要なのかを説明していきます。

SEOとは

SEOを意識的に実施することで、検索エンジン経由でWebサイトを見てくれるユーザーが増え、その結果新規の問い合わせや売上の増加につながってきます。

なぜSEOが必要なのか、なぜSEOが重要なのか?

そもそもなぜSEOが必要なのかについて考えてみましょう。

もしあなたが実店舗を出すなら、どこに出店しますか?

きっと人通りが多い場所に出店すると思います。

なぜなら、お店の前をたくさんの人が通るからです。

人通りがあるなら、あとは目立つ看板やおしゃれなショーウィンドウを用意することで、お客さんはお店の存在に気がついて、たくさんのお客さんが入って来てくれます。

一方でホームページというのは、「インターネット」上ポツンと建っている一軒家のようなものです。

誰も周りを歩いていないので、当然、あなたのホームページにお客さんは気づいてはくれません。

ですから、ホームページを作っても、その存在をアピールしなければ、永遠にあなたのホームページの存在をお客さんが知ることはありません。

そのため、いつまでたってもホームページにお客さんが来てくれないという状況になってしまいます。

実店舗で集客をする場合は「店の前を通っているお客さんを、いかに店の中に入ってくれるようにするか」がポイントとなります。

一方、ホームページで集客をする場合は「あなたのホームページの存在を知らないユーザー」に、「どうすればホームページを知ってもらえるか」がポイントとなります。

そのためホームページでは、実店舗の店に比べて「集客」が非常に重要です。

そして、この「集客」のために必要なのが「SEO」なのです。

質の高いホームページを作っても誰にも見てもらえなければ全く意味がありません。

通常ホームページの訪問者はGoogleなどの検索エンジンにキーワードを入力して自分の求める情報を探します。

その際、ユーザーは検索結果の1ページ目に掲載されているホームページをクリックします。

そのため、自社のビジネスや商品、サービスに関連があるキーワードでユーザーが検索を行った時に、検索結果の1ページ目に自社のホームページが掲載されるかどうかが非常に重要なのです。

検索結果はランダムに表示されているわけではなく、Googleが「ユーザーにとって価値のあるサイト」、つまりユーザーが求めている情報が掲載されていると判断されたサイトが優先して表示される仕組みになっています。

特に、中小企業のウェブマーケティング担当者は適切なSEO対策を行い、まずはユーザーにホームページを見つけてもらえるようにしなければなりません。

SEOを実施する目的は?

SEOは小さな努力の積み重ねであり、競合他社の先を行くためには定期的に多くの努力をしなければなりません。ここではSEOの目的を紹介します。

1.検索エンジンに特定の情報を提供していることを示す

Googleなどの検索エンジンが目的としているのは、検索ユーザーに求める情報を提供することです。ユーザーが検索キーワードに最も関連するウェブサイトにたどり着くようにする目的のために、Googleはアルゴリズムを定期的に更新し、上位に表示される結果を最適化しています。そのため、検索エンジンで上位に表示されるためには、ウェブサイトがユーザーの視点に立ち、ユーザーの時間を無駄にすることなく、探しているものにたどり着くことができるものでなければなりません。ユーザーに有益な情報を提供することがSEOの第一歩となります。

2.オーガニックトラフィックの増加

PPC広告などのネット広告を出稿すれば、ウェブサイトにトラフィックを誘導することができますが、広告コストもかかります。ネット広告と比較するとSEOは無料でトラフィックを誘導することができ、また一度上位に表示されると継続してトラフィックを増やしてくれる傾向があります。オーガニックトラフィックが増えれば、有料広告と比較して、効率よく投資収益をあげることができ、その収益はより長く持続します。SEOに取り組むことでオーガニックトラフィックを増やすことができます。

3.今あるトラフィックの質を向上させる

SEOは、現在あるトラフィックの質をさらに向上させることもできます。ウェブサイトの統計情報を利用してオンラインユーザーの行動を把握し、コールトゥアクションのポイントを改善することで、コンバージョン率を上げることができます。例えば、SEOで上位に表示されているページにメーリングリストのフォームを追記したり、サービスへのサインアップリンクを追加してサインアップを促すことなどが考えられます。SEOを実施することで今あるトラフィックの質を上げることができます。

4.ウェブサイトをより機能的にする

ウェブサイトが魅力的であれば、コンバージョンも必然的に上がります。ウェブサイトはユーザーの心を捉える有益なものである必要があります。検索エンジンからウェブサイトにたどり着いたユーザーがそのまま何らかのコンバージョンをもたらしてくれることが理想的です。そのためには、いくつかのキーワードでウェブサイトへのトラフィックが常に流入するような、強力なSEO対策が必要です。強力なSEO施策が機能的なウェブサイトへつながります。

5.ユーザーの期待に応える

SEOではHow to記事やトピックを網羅した詳しい記事が多用されます。なぜ時間やコストをかけて記事を書くかというと、なにかの情報を探しているユーザーに有益な情報を提供し、ユーザーの期待に答え、販売やサインアップなどのコンバージョンに結びつけるためです。SEOを通じてユーザーの期待に答え、自社のファンになってもらうこともSEOの大切な目的です。

SEOの手順とやり方

1. 分析

まずは、既存サイトの分析から始めます。分析の段階で明らかにしたいのは、今あるページで結果のでているページはどのページなのか、どのページが高いセッションでコンバージョンを獲得しているのか、どんなキーワードで集客できているのかを一覧にします。分析を行うことでSEOを実施するページの優先順位をつけ、重要度が高いページから作業をすることができます。また、現状で集客できているキーワードをリストアップすることで、実際の改善作業段階で大切なキーワードを減らすことなくより多くのキーワードで集客できるような施策を実施できます。

分析段階ではGoogle AnalyticsやGoogle Search Consoleが使えます。

2. キーワードリサーチ

重要なページや現在集客できているキーワードを発見できたら、今度はキーワードリサーチをし、新しいキーワードや検索ボリュームの高いキーワードをピックアップしていきます。キーワードリサーチでリストアップできたキーワードは、新しいコンテンツの作成や既存コンテンツの最適化に利用します。

キーワードリサーチのステップでは、Google Keyword Planner やGoogle Search Consoleが使えます。

3. SEOの競合分析

キーワードリサーチが完了したら、それぞれのキーワードで実際に検索してみてSEOの競合となるページを確認します。最低上位3位程度まで、検索ボリュームの高いキーワードや自社にとって重要なキーワードに対しては上位10位までのページを実際に確認してみてどんな内容が書かれているか、どのくらいの関連コンテンツが書かれているか、内部リンクはどのように貼られているか、どのような構造か、などをチェックしていきます。

この段階では、自社のWebサイトに足りない内容やコンテンツ、構造などを確かめていきます。ここで確かめた競合と自社の差はのちの最適化やリライトに活用します。

4. 既存コンテンツや構造の最適化・リライト・追記・新規コンテンツ作成

分析やキーワードリサーチが終わったら、改善作業を始めます。まずは、既存サイトの分析で得られた重要なページから改善していきます。競合のページにあって自社のページにない情報を自分たちの言葉で追記・リライトしていきます。また、結果のでているページに対しては他のページからもアクセスしやすいように内部リンクを追加していきます。

競合ページのチェックで参考になるページ構造や画像、イラストなどがあれば、自社のサイトにも適用していきます。あくまでも競合のページは参考程度にとどめ、ユーザー目線でユーザーのためになるコンテンツを作成していくことが大切です。

5. SEOの結果のチェック

既存のコンテンツを最適化した場合は、早くて1~2週間程度、遅くて3ヶ月程度で結果が安定してくるので、改善の効果が出ているかどうかを確認します。最終的にはターゲットとなるキーワードで1位になることを目標に、常にWebサイトを改善をしていきます。もし結果が伴わない場合はまだまだコンテンツがユーザーにとって有益だと検索エンジンに判断されていないということなので、引き続き分析やページのリライト、コンテンツの追記を行っていきます。

継続してWebサイトの改善に取り組むことで長期的に優れたWebサイトを作成することができ、その結果上位に表示され始めたら競合が追いつけないほどの内容になっているはずです。

SEOへの取り組みは早ければ早いほど良い

ここまで、SEOとは、なぜSEOが必要なのか、なぜSEOが重要なのかを解説してきました。

実は、SEOは企業のためのものではなくユーザーのためのものです。

ユーザーが求める情報を分かりやすく整理して提供すればユーザーの検索利便性が向上します。

また、SEO対策は出発点を間違えないことが重要です。

「Googleのシステムを攻略するにはどうしたらいいのか」ではなく、「ユーザーに喜んでもらうためにはどうしたらいいのか」から始めることを意識しましょう。

その考え方をベースにホームページを改善していくことが効果的なSEO対策につながります。

SEOは小さな作業の積み重ねで、結果が出始めるのにも時間がかかります。

ウェブマーケティングに取り組みたいと考えている中小企業の皆さん、SEO対策を今すぐ始めてみましょう。

キーワードで探す

コンテンツマーケティング
コンテンツSEO
Webマーケティング
良いホームページ
ターゲットユーザー
SEO
SEOライティング
オウンドメディアマーケティング
SNSマーケティング
競合分析
ブランド
アフィリエイトマーケティング
ホームページ
業種別おすすめコンテンツ
コンテンツマーケティングの成功事例
インフルエンサーマーケティング
リスティング広告
SEO成功事例
コンバージョン