キーワードリサーチとは?キーワードリサーチの基本ややり方、用語、手順など

良いホームページとは
良いホームページとは

SEO対策をする上で欠かせないポイントとなるのが、「キーワードリサーチ」です。読者がどんなことを考えて検索をしているのか、しっかりと熟知して予想を立て、キーワードを盛り込むことで、ユーザーに見つけてもらいやすいサイトを作ることができるのです。

とはいえキーワードリサーチと言われてもどんなことをしたらいいのかわからない、という人もいるでしょう。そこでここからは、キーワードリサーチを行う上でのポイントについて紹介していきます。キーワードリサーチを行う際に知っておいた方が良い用語についても触れていきます。

目次

キーワードリサーチとは?

キーワードリサーチの3つの基本方法

キーワードリサーチに使用できるツール

キーワードリサーチは何のために行う?

キーワードリサーチがコンテンツマーケティングを行う際に重要である理由

キーワードリサーチに使われる用語

キーワードリサーチ後のコンテンツ戦略

まとめ

キーワードリサーチとは?

キーワードリサーチというのは、web上で検索されるキーワードを探すことです。よく検索されるキーワードをたくさん盛り込んだサイトを作ると、そのキーワードにおいて役に立つサイトということで、上位表示されやすくなるのが大きなメリットです。

キーワードリサーチには便利なツールもあるので、そのようなものを使って、よく検索されるワードをリストアップすることもできます。そしてリストアップしたキーワードをたくさん盛り込んで記事を作ることが、SEO対策につながるのです。

キーワードリサーチの3つの基本方法

キーワードリサーチを行うにあたっては、いくつか方法があります。3つの順番に分けて紹介していくので、チェックしてみてください。

発見をする

まず、どんなキーワードがヒットしやすいのか、そこを探っていくことが大切です。キーワードは大枠のものと具体的なもの、それぞれステップを踏んでリストアップしていきましょう。

大枠のキーワードのリストアップ

大枠のキーワードというのは、どんなサイトなのかということがわかるような、サイトのテーマに関わるキーワードです。コスメを検索している人であれば「化粧品」などということがこの際のキーワードに該当します。

ユーザーが求めているようなトピックを明確にして、そこに合わせてサイトや記事内容を考えていくことで、その記事に興味を持つユーザーにターゲットを絞って記事を作成することができるようになります。

具体的なキーワードのリストアップ

大枠のキーワードの選定ができたら、今度はより具体的なキーワードのリストアップをしていきましょう。具体的なキーワードは、メインのキーワードと一緒に検索されるような内容のことを指します。

例えばリーズナブルなコスメを探している人がいたとして、「コスメ」が大枠の検索キーワードとしたら、「プチプラ」「安い」というようなものが具体的な内容のキーワードとなります。より具体性のキーワードをリサーチすることで、サイトの方針や記事の目的も明確にしやすくなるでしょう。

リストを選ぶ

検索キーワードをある程度リストアップしたら、今度は作成したリストから、使用する言葉を選定していく段階です。リスト選定の段階でも3つのポイントがあるので、チェックしてみてください。

検索ボリュームを探る

検索ボリュームというのは、そのキーワードがどれくらいの人に検索されているのか、ということです。サイトや記事をリストアップしたキーワードに合わせて構成したとしても、そのキーワード自体があまり検索されないものであれば、集客の見込みはありません。

リストアップしたキーワードの中で、どんなものがたくさん検索されているのか、ということを探ることが、検索ボリュームを知るということなのです。検索ボリュームも、特定のツールを使って簡単に探ることができるので、利用してみると良いでしょう。

検索意図を明確にする

記事を検索するからには、ユーザーはそれなりに悩みを抱えているということです。まずは読者がどんな理由で、どんな背景からそのキーワードで検索をかけているのか、ということを探りましょう。この工程も、キーワードリサーチにおいて重要なポイントです。

どんなユーザーが検索をしているのかということは、メインのキーワードと一緒に検索されるキーワードを見てみると、わかりやすいです。例えば先ほどの例でも、「コスメ プチプラ」というキーワードで検索をしている人は、高いものだと手が出ないので、安いコスメを探しているのだろうな、という背景を理解することができます。

ユーザーの検索意図については、下記のようなタイプのキーワードがあげられます。

ブランドキーワード

特定の商品・サービス・Webサイトにアクセスしたいと思っているユーザーのキーワード。化粧品であれば、「資生堂」や「資生堂 化粧水」、「マキアージュ」「マキアージュ 使い方」などブランドや会社名、商品名そのものや商品名+使い方 などのキーワード。

情報検索のキーワード

疑問の答えやトピックに関する情報を探しているユーザーが使用するキーワードです。「化粧水 使い方」や「化粧水 ブランド」「化粧水とは」など、一般的なキーワード+使い方やブランド・メーカー、「とは」などの単語で構成されることが多いです。検索ボリュームが高く、新規ユーザーが検索している可能性も高いため、上位表示が難しく上位表示されるとかなり嬉しいキーワードです。

比較目的のキーワード

なにかを購入したいと思っており、購入前に色々調べているユーザーのキーワード。「化粧水 ランキング」や「化粧水 おすすめ」「化粧水 比較」などのキーワードがあげられます。

購入目的のキーワード

「化粧水 通販」「化粧水 購入」など、にかを購入したいと思っており、検索後すぐに購入に移りたいユーザーのキーワードです。

より具体性のあるキーワードを盛り込むことで、コアな悩みを持つユーザーにヒットしやすくなります。

競争率を精査する

キーワードリサーチをする上では、検索ボリュームを探ることも重要であると紹介してきました。誰も検索をしないようなキーワードをたくさん盛り込んだところで、ヒットする可能性は少ないのですが、検索ボリュームが大きければいいというものでもありません。

たくさんの人が検索するようなキーワードに記事やサイトを合わせたとしても、競争率が高くなりすぎて大手のサイト以外は上位表示されるのが難しくなってしまう場合が多いのです。全然需要がないようなキーワードでもよくないので難しいところではあるのですが、比較的検索ボリュームが少なくて、かつ需要がありそうなものを選ぶことが大切です。

競合サイトの調査をする

競争率を探ることも重要であると紹介しましたが、キーワードの選定ができたら今度は、同じキーワードを盛り込んで作られている他のサイトもチェックしてみましょう。どんな記事が上位表示されているのかということを知ることで、上位に表示されるためのポイントを知ることができます。

どんなサイトというだけではなく、どのようにキーワードが盛り込まれているのか、文字数はどの程度のサイトなのかということを研究していくことも、キーワードリサーチを行う上での重要なポイントとなります。

キーワードリサーチに使用できるツール

Googleキーワードプランナー

Google広告内で使用できるキーワードリサーチツールです。Google広告アカウントをもっていれば使用できます。キーワードを入力すると検索ボリュームや関連キーワードの候補が見られます。検索ボリュームはGoogle広告を出稿していれば正確な数が確認できます。

Google Search Console

Google Search ConsoleはGoogle検索で自社のホームページがどのように見られているか、サイトマップは登録されているか、などを確認できるツールですが、Google Search Console内の検索パフォーマンスタブは自社に流入が多いキーワードや上位表示できそうなキーワードを発見できる便利なツールです。ページやクエリでフィルターもかけられ、平均順位や表示回数をもとに、リライトすべきページや既存ページのブラッシュアップに使えそうなキーワードを確認できます。

Googleサジェスト

Google検索の検索窓にキーワードを入れた際に表示されるサジェストも関連キーワードを拾える便利なツールです。ユーザーが検索しているキーワードをもとにサジェスト候補を表示しているのでユーザーに確実に検索されており、検索意図の分かりやすいキーワードを拾える傾向があります。

下記は有料ツールですが、キーワードリサーチに使われることが多いツールです。

SEMrush

Ahref

Mangools

キーワードリサーチは何のために行う?

キーワードリサーチはSEO対策における重要なポイントであると紹介しましたが、具体的には何のために行うものなのでしょうか。

より多くのユーザーを獲得するため

キーワードリサーチがきちんとできているかどうかということは、獲得できるユーザーの数に現れます。ユーザーがどんなことを考えてそのキーワードで検索しているのかということを研究した上で記事を構成することで、ユーザーのニーズに合わせた記事を作ることができるからです。

検索ボリュームが大きいキーワードを使って記事を作成していくことで、より多くのユーザーの目に止まる記事に仕上げることができます。検索キーワードが明確な記事であれば上位表示もされやすくなるので、よりたくさんの読者を獲得できるのです。

読まれる記事を作ってリピーターを作るため

検索キーワードを上手に盛り込んで記事を作成することで、そのキーワードで検索してくるユーザーをうまくサイトに誘導することができます。検索キーワードをたくさん盛り込んで記事を作成していれば、そのワードに興味がある人を招くことができるだけではなく、より満足させられる記事を提供することができるのです。

その結果、「悩みが解消できた」とユーザーを満足させることができ、「また見に来よう」と思わせてリピーターにすることができるのです。定着率を上げることでサイト自体も盛り上がりますし、口コミなどで新規のユーザーを獲得することにもつながります。

ユーザーを満足させて定着率を上げるため

キーワードリサーチを十分に行ってサイトや記事を作り上げることができれば、ユーザーをより満足させることができます。そのキーワードで検索をしている人の悩みを解消できるような記事作りに持っていくことができるので、離脱率も少なくなるでしょう。

ただキーワードをたくさん盛り込めばいいというものでもなく、そのキーワードで検索をする人をいかに満足させられるか、ということが重要なポイントとなります。キーワードを元にどんな内容の記事を求めているのかを考慮して、記事を作成すればユーザーも定着しやすくなるでしょう。

キーワードリサーチがコンテンツマーケティングを行う際に重要である理由

キーワードリサーチは、コンテンツマーケティングの要とも言われています。そこにはどのような理由があるのでしょうか。

記事に興味を持つユーザーを獲得できる

基本的にユーザーは、興味のあるキーワードで検索をかけています。そのため、検索されるキーワードを明確にして記事を作成することで、悩みを持つユーザーにヒットしてたくさんの読者を獲得することができるのです。

検索キーワードごとにどのようなユーザーにヒットするのかということを予想しながら、記事を書くことでよりたくさんのユーザーの興味を引くことができます。読まれる記事を書くためには、この点が重要なポイントと言えるでしょう。

コンテンツの情報はキーワード検索で選ばれることが多い

コンテンツの情報というのは、キーワード検索をすることで選ばれるものです。やはり何にせよ、ユーザーに検索をしてもらってたどり着いてもらわなければ意味がないのです。どんなに有益な情報を提供できていると思っても、検索されなければ読まれないのですから。

そのため、上手にキーワードを盛り込んで、まずは検索結果に上位表示されることを目指さなければなりません。そこで初めてユーザーの目に止まり、クリックしてきてもらうことができます。キーワードはたくさん盛り込むことで上位表示されるので、うまく記事に入れていくと良いでしょう。

サイトの方向性が定まる

あまり検索されないようなキーワードを使って記事を作っても、コアなファンが来るのを待つことしかできません。たくさんの人に読まれて満足させることができる記事を作るためには、やはりキーワードリサーチが不可欠なのです。

人気のあるキーワードをリサーチすることで、そこに合わせてサイトや記事を作成していくことができるので、サイトの方向性を決める一つの指標にもなります。検索されやすいキーワードをメインに据えることで、より人気のあるサイトへと成長させることができるのです。

キーワードリサーチに使われる用語

キーワードリサーチをする上では、さまざまな専門用語が使われる場面も多いです。ここからは、キーワードリサーチにおける主要な用語をピックアップして紹介していくので、参考にしてみてください。

キーワード

キーワードとは、例えば「化粧品」関連のキーワードを例にあげると、「化粧品」単体のキーワードをはじめ「化粧品 ランキング」、「化粧品 通販」「化粧品 プレゼント」「化粧品 ファンデーション」などのキーワードがあり、それぞれが独立した一つのキーワードです。(「化粧品」と「化粧品 ランキング」は別のキーワードとして扱われます。)

このページのキーワード例は、「キーワードリサーチ」「キーワードリサーチ 手法」「キーワードリサーチ やり方」「キーワードリサーチ ツール」などが例として挙げられます。

また、「バッグ」「カバン」「鞄」なども意味は同じで読み方が違うキーワードも別のキーワードとして扱われます。
キーワード選択の際は、検索ボリュームや自社商品とのマッチングを考慮する必要があります。

ロングテールキーワード

検索ボリュームはそれほど多くないが、検索単語数が多くニッチな分野を探す際に使用するキーワード。化粧品の例で言えば、「化粧品 ファンデーション 人気」「化粧品 ファンデーション 期限」「化粧品 ファンデーション 肌に優しい」などがロングテールキーワードで「化粧品」単体のキーワードがビッグキーワードとなります。ロングテールキーワードは検索ボリュームは少なめだがユーザーの意図が明確でコンバージョンにも繋がりやすく、上位表示の難易度も低い傾向があります。「化粧品」などのビッグキーワードは検索ボリュームが高いですが、ユーザーは化粧品の何を探しているのか、化粧品の通販サイトを探しているのか、化粧品メーカーを探しているのか、化粧品の中でもファンデーションを探しているのかわからないため、「化粧品」キーワードでのコンバージョンは低めになります。

ペルソナ

ペルソナというのは、架空の顧客像を表す言葉です。キーワードリサーチをする上では、どんな人が検索をしているのか、ある程度の像を設定することが大切です。

年齢はいくつなのか、男性なのか女性なのか、どんな会社で働いていてどんな性格を送っているのか…。また、どんな悩みを持っているのかということを細かく設定していくことで、ターゲットが明確になり、より具体性のある記事を作ることができるのです。

ふわふわとしてターゲットがわからない記事というのは、このペルソナ設定がうまくできていない可能性が高いです。ある程度読者を絞るためにも、ペルソナ設定は重要なポイントとなります。

共起語

共起語というのは、メインのキーワードが含まれるコンテンツに、たびたび登城する言葉のことを指します。共起語も読者の興味を引く重要なワードとなるので、キーワードリサーチをする際には一緒にピックアップしておくと良いでしょう。

共起語は、メインのキーワードで検索をする人は、どんなことに興味を持っているのかということを図る良い指標になります。共起語を検索するツールもあるので、こちらを活用してうまく記事に盛り込んでみると良いでしょう。

オーガニック検索

オーガニック検索というのは、Yahoo!やGoogleで検索をかけた時に、検索結果画面に表示される広告枠以外の検索結果のことです。広告枠はあまり見ない人が多いので、オーガニック検索で出た順位というのが重要なポイントとなります。

広告枠はある程度目立ちますが、キーワード対策ではどうにもならないもの。ユーザーも広告だと知っていれば飛ばして検索結果を確認するので、その中で上位に入ることが大切なのです。

キーワードプランナー

キーワードリサーチをしようと思っても、何から始めたらいいのかわからない、ということもあるでしょう。そもそもどんな言葉がよく検索されるのか、なんていうことは、自力で推し量るのは不可能です。

そんな時に役立つのが、キーワードプランナーです。こちらはGoogleの広告上で使用することができるキーワード調査・分析ツールであり、どんなキーワードがよく検索されるのか、ということをチェックすることができます。上手に使用すれば、キーワード対策も万全になるでしょう。

スニペット

スニペットというのは、検索結果画面に表示される、そのページを紹介する短い文章のことです。もともとは「断片」を表す言葉から来ており、そのサイトの内容を検索画面上で確認することができるので、ユーザーとしても良い判断材料になります。

スニペットも検索上位のサイトのものがやはり注目されるので、やはりキーワードリサーチをして上位を狙っていくことが大切です。スニペットは検索順位の1位よりも上のところに表示されるので、よりユーザーに注目されやすくなります。

(検索)クエリ

クエリというのはもともと「検索クエリ」という名称でしたが、今では短縮されてこのような名前で呼ばれることも多いです。検索クエリというのはいわゆる検索キーワードのことで、ユーザーはこれを使って自分の悩みを解消できるサイトを探します。

SEO対策用の情報サイトなどでは、検索キーワードではなく検索クエリという言葉を使っているサイトもあるので、あらかじめ頭に入れておきましょう。

権威性

権威性のあるサイトというのは、上位表示されやすい傾向にあります。検索ランキングの決定に大きく関わりのあるもので、権威が認められたサイトがこれに該当します。例えば医療系の情報を調べたい場合には、クリニックのサイトの記事などが上位表示されますが、これは権威性によるものです。

より有益な情報を提供しているという点で、やはりサイトの信頼性などもGoogleなどはチェックしています。読者が得たい情報をより説得力のある形で得られるように、権威性のあるサイトは優遇されるのです。

検索ボリューム

検索ボリュームというのは、すでに少し触れましたが、そのキーワードがどれくらい検索されているのかということを示す数字です。検索ボリュームはキーワードリサーチをする上で非常に重要なポイントとなります。

検索ボリュームは多すぎても少なすぎても良くないので、適度に検索されているものを選ぶのがポイントです。ほどほどに需要があるけれども他者があまり記事にしていないようなものを選ぶことで、検索上位に登りやすい記事を作成することができるのです。

サジェスト

サジェストというのは共起語と似ていますが、メインのキーワードと一緒に検索されることが多いキーワードのことです。検索窓にキーワードを入力すると予測変換として別のキーワードが候補に上がることがありますが、これがサジェストと呼ばれるものです。

サジェストはそのキーワードでの検索ワードを元に出されるので、興味を読者の興味につながりやすいワードです。「このワードも気になるな」と思ってサジェストを入れて検索する人も多いので、サジェストも含めてキーワード対策をしておくと、よりユーザーを集めやすくなります。

キーワードリサーチ後のコンテンツ戦略

キーワードリサーチが完了した後は、キーワードをもとに新たなコンテンツを作ったり、今あるコンテンツを最適化したりする段階に入ります。ここでは、キーワードリサーチ後の戦略についてご説明します。

キーワードリサーチ後は、どれくらいの数のキーワードに注力する必要がある?

会社や商品によって注力すべきキーワードの量はケース・バイ・ケースでかなり異なりますが、経験上規模の小さい会社だと数百くらいのキーワード、大企業は数百から1000~程度のキーワードがバランスの良い数字です。キーワードの優先順位をつけ、各キーワードに注力してコンテンツを制作していくと予算やかかる時間のバランスが保てます。

キーワードリサーチ後のコンテンツ戦略 – ビッグキーワードを狙う?それともニッチなキーワードを狙う?

キーワードリサーチが終わった後は、各キーワードに合わせてコンテンツを制作し、オーガニックトラフィックを獲得してく流れになりますが、ここで悩ましいのがビッグキーワードを先に狙うか、ニッチなキーワードを先に狙うか、ということです。もちろん両方同時に狙えれば効率が良いのですが、時間・コスト・ライターさんのリソースなどを考えるとすべてのコンテンツ制作作業を同時に進めるのは大企業であっても難しいです。

また、コンテンツマーケティングを通じたオーガニックトラフィック獲得は結果がでるまでに時間がかかり、はやめの結果を求められている場合はコンテンツ制作の前段階である程度の優先順位をつけておく必要があります。

ビッグキーワードはもちろん上位表示されるまでに時間も作業リソースもかなり必要です。現在の状況を判断しながら、キーワードの難易度や競合のコンテンツ量などを比較し、ビッグキーワードを狙ってインプレッションをあげるのか、ニッチなキーワードを狙ってまずはコンバージョンをとっていくのか、自社にとって最適な戦略をとる必要があります。

新規コンテンツを作る?それとも既存コンテンツの最適化やリライトをする?

キーワードからコンテンツを制作する方法は、大きく分けて2つあります。新規コンテンツ制作か既存コンテンツのリライト・最適化・アップデートです。

どちらの手法を選ぶか迷った時におすすめなのが、実際にキーワードで検索して上位1~3位までのページを確認する方法です。競合ページの内容に近い内容のページがすでにあるなら、該当の既存ページの最適化やリライトをした方が結果は早くでます。

また、新規コンテンツ制作よりも既存ページのリライトのほうが作業時間も短縮できます。

まとめ

今回は、キーワードリサーチについて、その方法やキーワードリサーチをすることの重要性について紹介してきました。これからサイトを立ち上げようと思っている人も、もっと人に見てもらええる記事を作りたいという人にもおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめです

コンテンツマーケティングとは

コンテンツSEOとは

SEOとは

ウェブマーケティングとは

コンテンツマーケティング