ホームページの種類:どんな種類のホームページを作ればよいか

横浜デザインビューロ-ロゴ
ホームページの種類:どんな種類のホームページを作ればよいか

ームページは単なるカタログではありません。コーポレートサイトやEコマースサイト、商品のストーリーや業界ガイドなど、複数の目的からなるページの組み合わせから構成されています。ビジネスで使用されるホームページは、見込み客の獲得から、製品やサービスの購入に至るまで、ビジネスで望むあらゆることを行うことができます。
下記では一般的に使用される種類のビジネスホームページについて説明します。ホームページの種類を理解することで、ビジネスの目的に応じてどんな種類のホームページを制作すれば良いか簡単に判断できます。
ビジネスの目指すべき場所があり、良いビジネスアイディアがあれば、その目的に合った最適な種類のホームページを見つけることができます。

コーポレートサイト

会社情報を中心に紹介するホームページです。会社概要や会社の歴史、社長メッセージ、会社のビジョン、ミッション、プレス情報、IR情報、会社へのアクセス情報や関連会社情報、組織図、会社からのメッセージを中心に構成されます。

商品サイト

商品情報を中心に構成されるホームページです。商品の販促目的や商品の詳細な情報を余すことなく伝えるために制作されることが多いです。商品のコピーに始まり商品の特徴、商品写真やイメージ写真、発売情報、詳細な仕様、商品ラインナップ、商品動画や商品の購入可能な場所情報、キャンペーン情報などから構成されます。

ブランドサイト

会社のブランドや商品のブランディングのために制作されるホームページです。ブランドの認知度アップやブランドや商品の理解度を高めるためのホームページ、ブランドが届けたいメッセージを訴求したりブランドの安心感や信頼度を高めるためのホームページ、ブランドとの密接度を高めるためのホームページなど、求める目的に応じてデザインされます。

キャンペーンサイト

商品のキャンペーンやイベントに合わせて制作されるホームページです。各商品やイベントに合わせてデザインするので、初期のブランド設定が重要です。また、コーポレートサイト、ブランドサイトや定番商品のサイトとは別のデザインで制作されることが多く、ホームページデザインの柔軟性は高い傾向にあります。印刷物やイベントも同時に行う場合やデザインやキャンペーン設定に一貫性があると、ユーザーの認知度がより高まります。

ランディングページ

インターネット広告のクリックした先のホームページとして制作されます。コンバージョンを高めるために単一のページで構成されることが多く、資料請求やユーザー登録、、商品購入、サンプル購入など、一つの目的を達成することに絞って制作されます。

採用ページ

採用をメインに訴求するホームページです。新卒採用や中途採用、パート採用など、会社が採用したい人に向けたメッセージを中心にデザインされます。募集要項や会社情報、人材育成について、会社が未来の人材に伝えたいメッセージを掲載します。用をメインに訴求するホームページです。新卒採用や中途採用、パート採用など、会社が採用したい人材を中心にデザインされます。

Eコマースサイト

Eコマースサイトは、商品を販売し、販売をビジネスの中心にしたいビジネスオーナーに最適です。Amazon.comは世界で最も成功しているEコマースサイトです。Eコマースサイトでは多くの商品を販売し、販売を通じて収益の大部分を稼ぐ必要があります。

Eコマースサイトの設定は複雑な場合が多く、ホームページの立ち上げ時点でそれなりのコストを費やす必要があります。また、ホームページの制作だけでなく、在庫管理や商品撮影、カスタマーサービス、配送、支払い設定など、考慮しなければならないポイントが多く、初期の設定が非常に重要です。

ブログ

ブログはもともと、個人ユーザーが自分の生活や興味についてオンラインで公開する方法として始まりましたが企業サイトでも会社の情報や社員情報などを発信するページとして定着しています。

ブログでは、コンテンツの質が収益をあげられるかどうかの重要なポイントとなります。Eコマースサイトなど、メインとなるホームページにブログ機能を付け加える方法も一般的です。

ホームページの効果を最大限に発揮するためには、ホームページの目的をしっかりと定め、目的に沿った種類のホームページを制作することが重要です。

横浜デザインビューロのホームページ制作