ホームページのターゲットを決める方法

横浜デザインビューロ-ロゴ
ホームページのターゲットを決める方法

ーゲットとは、自社の商品やマーケティングメッセージを届けたい人たちのグループのことです。ターゲットユーザーは商品やサービスを購入する可能性が最も高い人々で、年齢や行動などのいくつかの共通の特徴によってグループ分けできます。

例えば、ネット広告を出す際などは基本的には100,000人を超えるユーザーにランダムに広告を出稿できますが、ほとんどが自社商品を探しているユーザーではなかったり、自社サービスには興味がないユーザーです。これが実際にサービスや商品を探しているユーザー500人に直接広告を出せれば効率よく広告からの成果が出せるはずです。ターゲットを絞ることで、自社の商品に近い潜在的な顧客のみをターゲットにすることができ、時間と労力を節約できます。 新商品を発売する際などは、すべてのユーザーに知ってもらいたいと思いがちですが、マーケティング戦略的には可能な限りターゲットユーザーを絞ったほうが、マーケティングのエネルギーが節約され、効率よくビジネスを行うことができます。ホームページのターゲットユーザーを事前に決めておけば、ビジネスの戦略をさまざまな方法で効率化することができ、自社商品にあまり興味のないユーザーにリーチするために使用される時間やコストが節約できます。

ホームページのターゲットユーザーを決める際に考慮すべきデータポイントは次のとおりです:

ユーザーにどのような優先順位を付けるか?

ユーザーはどのくらいの頻度でホームページにアクセスするか

他のどのホームページが競合となるか

ホームページで目標を達成するために最も重要なのはどのタイプのユーザーか

  • 年齢
  • 性別
  • 婚姻状況
  • 子どもの有無
  • 収入
  • 職業
  • 地理的な位置
  • 趣味
  • ユーザーが目標としているもの
  • ユーザーの課題や悩み
  • 商品やサービスがユーザーにとってどのように役立つか

すでに商品やサービスを提供している場合は、商品やサービスを購入してくれているユーザーを参考にします。

また、競合他社のホームページを見てみると、よりターゲットを絞るヒントが掴める場合はあります。競合他社は同じユーザーをターゲットにしているか、どんなユーザーをターゲットにしているか等を確認できます。

BtoCのビジネスであればFacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアから、競合他社の状況や参考になるターゲットユーザーの動向を確認できます。

すべての確認や調査が終わった段階で、3つ程度の指標を使い、ターゲットユーザーを決めます。たとえば、ベビー服のショップを経営している場合、25歳から40歳まで、妊娠中の既婚女性など。高級なベビー服の場合はターゲットユーザーの収入レベルを高くする等ができます。また、実店舗がある場合、地理的な場所は店舗から15-20km以内にある可能性があります。

ターゲットユーザーはホームページを制作する際のトーンやブランディング戦略に使えますし、Webマーケティングにも非常に有効です。事前にターゲットユーザーを決めることでホームページが伝えたいメッセージを明確にすることができます。

横浜デザインビューロのホームページ制作