スモールビジネスにホームページが必要な理由

横浜デザインビューロ
スモールビジネスにホームページが必要な理由

ンターネット技術の発展のおかげで、一昔前と比較し、スモールビジネスの注目度が上がってきています。堅実に小さなところからビジネスを始めていくというスタイルが容易になり、定番になってきています。ただ、ビジネスを立ち上げたのはいいものの、まだホームページを作っていないという会社も意外と多いのではないでしょうか?なんとなく面倒で手間もコストもかかるイメージの強いホームページですが、スモールビジネスこそホームページが重要なキーポイントとなるので、早めに制作しておいた方がよいでしょう。
そこで今回は、スモールビジネスにはどうしてホームページが必要なのか、その理由をご紹介していきます。

スモールビジネスでもホームページを使えば十分勝ち抜ける!

昔に比べるとビジネスが多様化され、さまざまなサービスを多くの人が提供できるようになった今、スモールビジネスが勝ち抜くためのカギを握っているのはホームページです。その理由としては、現在ほとんどの人がインターネットで商品を探しているということが挙げられます。

総務省の平成27年の情報通信白書によると、何かを調べるときには7割以上の人がインターネットの検索エンジンを利用しているという結果が出ています。それほど今は何かわからないことや困ったことがあると、インターネットで検索するという手段が当たり前になっているということです。

スモールビジネスの場合、まずは自分が何をしているのか、どんなサービスを提供しているのかをしっカリとホームページ上でアピールしていかないと発見されることすらままならないでしょう。

そしてインターネットの世界は規模の大きさは関係なく同じレベルで戦えるという点が挙げられます。企業規模が小さくてもホームページを駆使し、大企業のサービスと平等に戦えている例をいままでいくつも見てきました。スモールビジネスだからこそ、ネットの力を使って低いコストでより情報を拡散する必要があります。

スモールビジネスである中小企業が生き残り、大企業と戦っていくためには、インターネットを主戦場として戦うことが求められています。

スモールビジネスでホームページが必要な理由

では、インターネット上で戦っていく上でどうしてホームページが必要なのでしょうか?その理由を具体的にみていきましょう。

ホームページで企業の信頼性をアップできる

スモールビジネスを行っている中小企業にとって、ホームページが重要な1番の理由として信頼性の観点が挙げられるでしょう。今はこれだけ情報化社会となり、たくさんの情報があふれています。また、これだけ多くの人がビジネスを行っているので、完全に独自性の高いサービスを提供することは難しく、競合他社も存在してきます。そうすると、サービスを頼む際にその会社が信頼度が高いかどうかが検討されます。その材料としてホームページはよく活用されます。ホームページの内容を見て信用できるかどうかが受注を左右するカギとなっているのです。

常にサービスを提供できる

ホームページとは、会社にとっての営業マンに値します。24時間365日休みなく会社のサービスや情報を消費者や見込み顧客に提供してくれるのです。営業マンを一人雇うとかかってくる人件費や経費を考えると、ホームページを制作して運用する費用の方がコストパフォーマンスは高くなります。スモールビジネスを行う中小企業にとって、経費を抑えることは売上を上げることと同じくらい重要なことです。ホームページを存分に活用することができると、費用を抑えながら最大限の集客を行うことができるのです。

リアルタイムで最新の情報が発信できる

ホームページがあると、リアルタイムで顧客や見込み顧客にむけての情報発信ができます。例えば、新しいサービスを開始した時にその情報を伝えるとなると、ホームページがないと労力も時間もかかります。また、そのサービスが変更になったり終了になった場合もその連絡ができないと、顧客からの信頼を失ってしまうことにもなりかねません。また、新たなキャンペーンを始めたとしても、それが多くの人に告知できなければ、まとまった売上を作るのは大変でしょう。新しい情報をいかに早く多くの人に伝達するかもこの情報化社会で生き残っていくためには重要なポイントなのです。

大きなマーケットで勝負できる

ホームページを使うことでより、広いマーケットで勝負できるようになります。ホームページを持っていれば世界中の人があなたのホームページにアクセスできます。これまで問い合わせもなかったような場所や人から問い合わせが来ることもあります。ホームページを持つことでローカルなマーケットからより大きなマーケットで勝負できるようになります。

より多くの顧客を獲得するチャンス

人々は常にオンラインで新しい情報や新しい製品・サービスを探していますし、インターネットを使用して問題の解決策を探しています。そういった何かを探している人々に適切に情報を提供できるようにデザインされたホームページがあれば、スモールビジネスであっても最高の商品・最高のソリューションを提供できます。潜在的な顧客が次の製品やサービスをどこで購入したいかを決めるときにホームページは大きな意味を持ちます。

多くの時間を節約できる

ホームページ上で顧客からの多くの質問に答えることができます。

スモールビジネスは一人でやらなければならない作業が多いです。問い合わせの返信もそのうちに一つでしょう。電話またはメールなどで問い合わせに返信していると多くの時間を割く必要があります。しかし、ホームページ上で情報を公開していれば顧客はホームページを見てサービスや商品を理解できるので問い合わせの数を減らすことができます。そして、ホームページは潜在的な顧客との最初の接触となります。ホームページで潜在顧客に事前に質問に答えることができれば事前に信頼を得ることができます。

オンラインで商品を購入できる

ホームページにネットショップ機能をつければオンラインで商品を販売できるようになります。ホームページで商品を販売できるようにすると、消費者は24時間いつでも購入することができます。消費者がオンラインで商品を簡単に閲覧、購入できるようにすることで、消費者も便利になり、見込み客が顧客に変わるのを促進してくれます。

ホームページのコストに関する考え方

ホームページが重要なのは分かっているけれども、費用がかかってしまうから尻込みしてしまっていたという方もいると思います。しかし、ホームページから得られる売上やプロモーション効果を考えると、実際にはコストパフォーマンスが高い場合が多いです。中小のホームページ制作会社に依頼すると30万円から100万円が制作費用の目安となっていますが、例えば制作費用が30万円と仮定しても、ランニングコストは月に5000円~1万円前後くらいで済むので、ホームページがもたらす効果を考えるとコスパは高いでしょう。

また、横浜デザインビューロでは初期費用をおさえ、長期に渡って制作するという方式でも制作しているので、コストを抑え、品質の高いものを一緒に制作していく、という手段もあります。そうすることによって初期費用を抑えてホームページを制作できるます。さまざまな制作方式をご提案できるので、費用対効果を検討しながら制作することも可能です。

スモールビジネスだからこそホームページを作ろう

ホームページは企業の顔であり、名刺であり、営業マンです。作成しておくことによって、信頼を勝ち取りつつ自社のサービスを紹介してくれます。スモールビジネスだからこそ、ネットの力を使って低いコストでより情報を拡散し、今以上の安定した売り上げを狙いましょう!

横浜デザインビューロのホームページ制作