母の日と父の日を日本ではどうやってお祝いするか?日本でのウェブマーケティングにどう活用するか?SEOページはいつ作るのが良いか?

横浜デザインビューロ
母の日

の日と父の日は母親や父親に普段言えない感謝を伝えられる大切な日です。

また、企業のマーケティングにとっても重要な日です。

この記事では母の日、父の日をどのように日本のWebマーケティングに活用できるか、どんなコンテンツを作ればよいか、いつコンテンツを作ればよいのかを説明していきます。

母の日を日本ではどうやってお祝いするか?

日本の母の日はアメリカと同じく5月の第2日曜日にお祝いします。母親に感謝を伝える日で、多くの人は仕事をせず、母親にギフトを送ったり特別な食事を家族でしたり、母親には家事を休んでもらい母親のためにみんなで食事を作ったりします。

日本で一般的な母の日のギフトは?

ギフトとして一般的なのはカーネーションやバラなどの花、ティー、コスメティックス、スイーツ、洋服、調理家電、ディナー、などです。
メッセージカードを母親に送る人も多いです。
メーカーやショップは母の日に特別な商品を販売します。

日本の母の日のマーケティング色は?

母の日はピンク色や赤色のイメージで、ショップのウィンドウは華やいだディスプレイになります。サブカラーとして白色や水色も使用されます。

参考リンク

母の日のメッセージカード (Mother’s Day Message Card)

母の日のメッセージカード (Mother’s Day Message Card)

母の日のポスター (Mother’s Day Poster)

母の日のポスター (Mother’s Day Poster)

母の日はどんなコンテンツを作れば良い?

Webマーケティングやコンテンツマーケティング、SEOを目的にコンテンツを作る場合は、他のサイトがどのようなコンテンツを作っているのかを見るのがおすすめです。

例えば、”母の日”で検索すると上位に表示されるのが下記のページです。

母の日におすすめのプレゼントを一言コメントとともに一覧にしてまとめたページ
https://www.yamada-heiando.jp/media/mothers-day-present/

楽天市場の母の日特集ページ
https://event.rakuten.co.jp/mother/

日比谷花壇の母の日の由来と歴史のページ
https://www.hibiyakadan.com/mother/column/about/

これらのページが上位に表示されています。

母の日におすすめのプレゼントを紹介しつつ自社商品も紹介する、母の日の由来や歴史などを紹介し、自社の商品に結びつける、などのコンテンツが候補として挙げられます。

父の日を日本ではどうやってお祝いするか?

父の日

日本の「父の日」はアメリカと同じく毎年6月の第3日曜日です。父親に感謝を伝え、父親が喜ぶギフトを送ります。

日本で一般的な父の日のギフトは?

一般的なギフトはビール、日本酒、マグカップ(日本酒用)、ネクタイ、仕事用のシャツ、ルームウェア、腕時計、ハンカチ、食べ物、スイーツなどです。

参考リンク

父の日のギフト (Father’s Day Gift)

https://event.rakuten.co.jp/father/day/

父の日のギフト (Father’s Day Gift)

日本の父の日のマーケティング色は?

父の日は青色や水色のイメージです。黄色や白色もサブカラーとして多く使われます。

参考リンク

父の日のメッセージカード (Father’s Day Message Card)

父の日のメッセージカード (Father’s Day Message Card)

父の日のポスター (Father’s Day Poster)

父の日のポスター (Father’s Day Poster)

父の日はどんなコンテンツを作れば良い?

こちらも母の日のコンテンツと同様に、Webマーケティングやコンテンツマーケティング、SEOを目的にコンテンツを作る場合は、他のサイトがどのようなコンテンツを作っているのかを見るのがおすすめです。

“父の日”で検索すると上位に表示されるのが下記のページです。

楽天市場の父の日特集ページ
https://event.rakuten.co.jp/father/day/

父の日の期限や父の日はいつか?などのコンテンツを中心に紹介するコンテンツ(カタログギフト)
https://www.e87.com/selection/father/column_09.html

花キューピット 父の日の由来などを紹介したコンテンツ
https://www.i879.com/father/column/01/

これらのページが上位に表示されています。

父の日におすすめのプレゼントを紹介しつつ自社商品も紹介する、父の日の由来や歴史などを紹介し、自社の商品に結びつける、などのコンテンツが候補として挙げられます。

日本の母の日や父の日におすすめのギフトアイデア

母の日も父の日も花やギフト商品がたくさん売れるので、デパートや花屋、ネットショップは特別な商品をたくさん用意します。
名前を入れたプレゼントや父の日用の面白いギフトも一般的になってきました。

名入れ商品

名入れ商品

面白いギフト

面白いギフト

母の日と父の日のSEOコンテンツはいつまでに作れば良い?

新規のページであればランクアップするまでに時間がかかるので3ヶ月前~6ヶ月前くらいには用意しておきたいです。
既存のページをリライトしたりコンテンツを追加する場合は遅くとも1~2ヶ月前にはコンテンツを追加する必要があります。
イベント系のページは毎年ページ内容をブラッシュアップしていくことをおすすめします。

まとめ

この記事では、企業のマーケティングにとっても重要な日である母の日、父の日をどのように日本のWebマーケティングに活用できるか、どんなコンテンツを作ればよいか、いつコンテンツを作ればよいのかを説明していきました。

早めの準備でWebマーケティングを成功させましょう!

横浜デザインビューロのコンテンツマーケティング