初期のホームページ制作で必要な制作ページ数は、公開したい情報の量で決まってきます。ホームページのページ数に決まりはありませんが、公開できる情報が多くあるならば、ホームページのページ数は多ければ多いほど検索エンジンからの流入は増えやすいですし、訪問ユーザーも多くの情報を得ることができます。

ホームページ公開後も継続してホームページにページを追加することもできます。初期の制作でトップページや会社概要、お問い合わせフォームなど、屋台骨となるページを制作し、商品ページやサービスページ、それぞれの商品の特徴やFAQページなど、ホームページに枝葉をつけていき、ホームページを育てていくイメージで制作することも可能です。

初期のホームページで必要なページ数